ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「Windows Live OneCare」最新記事一覧

Tech TIPS:
オフラインでWindowsをウイルスチェック可能な無料ツール「Microsoft Safety Scanner」を使う
ウイルス対策ソフトウェアをインストールしていないPCがウイルスに感染しても、それを知るのは難しい。マイクロソフトが提供している無料ツール「Microsoft Safety Scanner」でウイルスの検出や削除ができる可能性がある。これはオフライン形のウイルス・スキャン・ソフトウェアであり、インターネットに接続されていない状態でも実行できる。(2011/5/27)

せかにゅ:
Microsoftの無料セキュリティソフトは「お粗末」とSymantec幹部
Microsoftの無料セキュリティソフト「Microsoft Security Essentials」に対し、Trend MicroやSymantecは厳しいコメントを述べている。(2009/10/1)

上限7万5000本:
Microsoftの無料セキュリティ「Security Essentials」β、限定公開
Microsoftが予告通り無料のPCセキュリティサービスのβ版ダウンロードを開始したが、入手できるのは米国、イスラエル、中国、ブラジルのユーザーのみで、7万5000本限定という制限がついた。(2009/6/24)

注目の無料セキュリティサービス:
Microsoftの「Security Essentials」は企業ユーザーを悩ませるか?
このサービスを提供することで、Microsoftは自社のOSのセキュリティを実用レベルに高めるには追加ソフトウェアが必要であると認めたことになる。(2009/6/23)

Windows 7のXPモードは「セキュリティより互換性」重視?
「Windows 7のXPモードはセキュリティ上問題があるのでは」という意見もあるが、ほとんどの企業はセキュリティよりもアプリケーションの互換性を気にしているようだ。(2009/5/1)

Windows 7のβ1をインストール、その第一印象は?
どんな製品であれ第一印象は大切だが、Windows 7に関しては今のところあらゆる点で好印象を抱いている。(2009/1/13)

Microsoft、無料のマルウェア対策製品「Morro」を計画
Morroは2009年後半にリリースされ、Windows Live OneCareの販売は終了する。(2008/11/19)

MSが臨時のセキュリティパッチ公開、Windows狙いのワーム出現の恐れ
この脆弱性を突いた攻撃が既に発生し、ワーム作成に利用される恐れもあるため、Microsoftは臨時パッチ公開に踏み切った。(2008/10/24)

オンラインゲームに潜む影――あなたのキャラクターは大丈夫?(後編)
最近、オンラインゲームの世界でも話題になっている「アカウントハック」。セキュリティソフトの導入や、こまめなWindowsアップデートで多くは回避できるのだが、今回は“もしも”アカウントハックされてしまった際の対処方法について。前編とあわせてどうぞ。(2008/9/19)

忙しい月:
Microsoftが7月に行った10の良いこと
わたしはMicrosoftに対して寛容になってきたのかもしれないが、Vistaのマーケティングが青息吐息の状態だからといって、Microsoftがいつもヘマをしているわけではない。事実、7月は同社にとって素晴らしい1カ月だった。(2008/8/2)

海外ダイジェスト(7月11日)
Microsoftの「Windows Live OneCare 2.5」正式リリース、Web標準を学ぶためのオンライリソース「Opera Web Standards Curriculum」立ち上げ、ほか。(2008/7/11)

MS、Google Docs対抗サービス「Microsoft Equipt」を発表
コードネーム「Albany」として開発された、Microsoft Officeとセキュリティソフトやメールサービスがセットになったコンシューマー向けサブスクリプション制サービスが、Circuit City経由で販売される。(2008/7/3)

ツクモ、Vista Ultimateのオリジナルパッケージ2製品を発売
九十九電機は、Windows Vista Ultimate sp1 DSP版にさまざまなグッズを加えたオリジナルパッケージ2種類「ウインドウズ ビスタ Box」「Windows Vista Ultimate SP1Ζ」を発売する。(2008/6/20)

MS月例アップデート公開 Wordを使った.mdbの悪用を防止
Microsoftは「緊急」レベル3件、「警告」レベル1件のセキュリティ情報を公開。Wordファイルを使った新手の攻撃手段にも対処した。 (2008/5/14)

5月のMS月例パッチ、緊急レベルは3件
日本時間14日に公開予定の月例更新プログラムでは、Jet Database Engine、Word、Publisherの深刻な脆弱性と、セキュリティソフトの脆弱性に対処する。(2008/5/9)

MS、Google Docs対抗の新サービス「Albany」をβ公開
Microsoftが、ExcelやWordなどのOfficeアプリケーションと、セキュリティソフトやメール、チャットをまとめたサービスを限定βプログラムで公開した。(2008/4/19)

「Windows Live OneCare 2.5」β版リリース
「Windows Live OneCare 2.5」のβ版でのアップデートは調整が中心で、特に大きな機能変更はないようだ。(2008/4/9)

MSの「Albany」プロジェクトのターゲットはGoogle Docs
情報筋によると、Microsoftでは「Albany」と呼ばれるエントリーレベルのオンラインプロダクティビティアプリケーションセットを開発中だ。これはGoogle Docsへの反撃を狙ったものだ。(2008/4/1)

MS、rootkit対策企業Komokuを買収
MicrosoftはForefrontやLive OneCareにKomokuのrootkit検出技術を組み込む。(2008/3/21)

マウスコンピューター、法人向けPC「GSX」シリーズにVista SP1を搭載
マウスコンピューターは、同社製法人向けPC「GSX」シリーズにVista SP1を搭載すると発表した。(2008/3/13)

MSのOneCare、誤ってMcAfeeツールの削除を勧告
MicrosoftのOneCareで、危険なサイトを検知するMcAfeeツールの削除を促すメッセージが表示されるという。(2008/3/7)

MS、中小企業向けサーバ製品ライン「Windows Essential Server Solutions」発表
「Windows Server 2008」を基に新技術をまとめたもので、今年後半の提供開始を予定している。(2008/2/22)

マウスコンピューター、Windows Vista搭載PCに「Windows Live OneCare」を付属
マウスコンピューターは、Windows Vista搭載の同社製PCにマイクロソフトが提供するセキュリティサービス「Windows Live OneCare」の1年分ライセンスを同梱すると発表した。(2008/2/1)

「ソフトウェア+サービスの第1歩」――「Windows Live OneCare」新版パッケージ発売
MSのセキュリティソフト「Windows Live OneCare」の担当が、「Windows Live」を運営するオンライン事業部から、OS担当のWindows本部に。MSが掲げる「ソフト+サービス」実現への第1歩と位置づける。(2007/11/29)

小企業のニーズに応えたWindows Live OneCare
ベンダーがPCが10台以下の企業のニーズに本格的に応えるのは、Windows Live OneCareが初めてだとアナリストは言う。(2007/11/21)

Windows Live OneCareの新版リリース
新版OneCareには起動を高速化する機能や、問題を事前に解決する機能などが追加されている。(2007/11/15)

「Windows Live mail」など6サービス、正式版公開
メールクライアントや写真編集ソフトなど、「Windows Live」シリーズ6サービスの正式版が公開された。(2007/11/8)

MS、「Windows Live」の新サービスを立ち上げ
メールソフトやIMソフトなど、新たなWindows Liveサービスが立ち上げられた。(2007/11/7)

「メンテに煩わされたくない人向け」、OneCareの設定変更問題でMSが釈明
そもそもOneCareは、PCの保護とメンテナンスに煩わされたくないユーザーのための製品だとMicrosoft。(2007/10/29)

これもケア!?:
MS OneCareが自動更新設定をこっそり変更?
Windows情報サイトによれば、「Windows Live OneCare」をインストールすると、ユーザーの許可なく自動更新の設定が変えられてしまうという。(2007/10/26)

現代のウイルス対策ソフト、過去のウイルスに対処できず
Sunbelt Softwareの実験では、MedionのノートPCに感染していた1994年のウイルスを適切に処理できないウイルス対策ソフトが多数あった。(2007/9/19)

MS、新Windows Liveスイートのβ版をリリース
Windows Live MailやPhoto Galleryなど、複数のソフトウェアを含むWindows Liveスイートを、一括してインストールできるようになった。(2007/9/6)

MS、Forefrontセキュリティ製品ラインを5000万ドルでテコ入れ
MicrosoftはForefrontの販売、サポート強化のために5000万ドルを投入する。パートナーシップの強化も図っていくという。(2007/7/13)

MS、OneCare次期バージョンのβ公開
Windows Live OneCare 2.0ではネットワークPCの管理強化、バックアップ機能強化などが図られる。(2007/7/12)

MS OneCare、未知のマルウェア検出機能では最下位脱出
前回調査でランク落ちしたOneCareだが、未知のマルウェアをどの程度検出できるかを調べた調査では「Standard」の認定を獲得した。(2007/6/2)

過剰ケア? Windows Live OneCareが誤ってメールをフォルダごと削除
セキュリティ製品のOneCareがOutlookで感染メールを見つけると、フォルダを丸ごと消してしまうことがあるという。(2007/3/9)

2月のMS月例パッチを総括――ゼロデイ攻撃の脆弱性に対応
2007年2月のMicrosoftの月例セキュリティアップデートでは、それぞれ6件の「緊急」および「重要」レベルの修正プログラムがリリースされたほか、米国サマータイムの変更に伴う重要な更新プログラムが公開された。(2007/3/7)

MS OneCareのウイルス対策、独立組織の検証でも最下位に
OneCareは「テストの成績が非常に低く、参加のための最低要件に到達しなかった」とAV-Comparatives.org。(2007/3/6)

Vistaのカーネル変更を許可するAPI、サービスパック1で実装へ
Windowsカーネルを拡張するAPIのドラフト仕様がリリースされた。このAPIはVistaの最初のサービスパックで提供されるが、そのリリース時期はまだ発表されていない。(2007/2/20)

2月の月例パッチは12件、WindowsやOfficeの脆弱性に対処
2月13日の月例セキュリティアップデートはWindowsやOfficeの緊急パッチを含む12件。(2007/2/9)

Vistaのウイルス対策テスト、OneCareは「不合格」
Virus Bulletinが主要ウイルス対策ソフトを検証した結果、MicrosoftのOneCareが不合格となった。またMcAfeeのソフトはVistaのUACに干渉されて問題が起きた。(2007/2/7)

Microsoft、Wordの脆弱性狙うゼロデイ攻撃を確認
Word 2000の新たな脆弱性についてMicrosoftがアドバイザリーを公開。「非常に限定的なターゲット型攻撃」について調査を開始した。(2007/1/27)

「Windows Vistaのマルウェア対策は不十分」とWebroot
Microsoftの「Windows Defender」をWebrootで検証したところ、スパイウェア/マルウェアの84%が遮断できなかったという。(2007/1/26)

大手セキュリティ企業、Vista支援を宣言
CA、McAfee、Symantec、Trend Microら大手セキュリティ企業が、1月30日のWindows Vista一般発売までに、セキュリティソリューションを完全なVista対応にすると宣言した。(2007/1/18)

Forefrontで着々とセキュリティ分野への進出をたくらむMS
Microsoftの企業向けマルウェア検出・削除ソフトウェア「Forefront Client Security」のパブリックβ版が公開され、遂にその姿を一般の前に現した。第一世代製品となるため、一元管理機能やライセンス体系などを十分に検証し、総合的に価値を見極める必要がある。(2006/12/26)

「あれこれ心配するのはわれわれの役割」――Windows Live OneCare担当者
米MicrosoftのWindows Live OneCare担当者が来日。ユーザーがあれこれ心配することなく、安心して使える環境を提供していきたいと述べた。(2006/12/25)

Vistaのマルウェア感染はメーラーの実装による――Microsoftが検証結果公表
Microsoftで検証したところ、Outlookなどのメールクライアントを使うとBagleやMydoomなどのマルウェアを実行できてしまう可能性があると判明した。(2006/12/25)

Windows Vistaでセキュリティソフトはどうなる?
PC1台につき3つのマルウェアが存在し、PCの半数以上にはバックドアが仕掛けられており、そして14%の人はその事実に気付いていない――マイクロソフトが調査したセキュリティ報告にはそんな結果が出ている。(2006/12/22)

Vistaでコンピュータ環境の「信頼回復」を目指すマイクロソフト
マイクロソフトはセキュリティベンダー5社とともに「Windows Vistaセキュリティプレスラウンドテーブル」を開催。PCのセキュリティの「信頼回復」を目指す。(2006/12/22)

Windows Liveが魅せる次世代マッシュアップ:
Windows Vistaガジェットで知る“Live”
今後、「Windows」と「インターネット」の関係は、Liveによって深まっていく。Windows Vista正式リリースを前に、2007年トレンドの1つとなり得るガジェット環境について見ていこう。(2006/12/12)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。