ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「Windows Server 2012クラウドジェネレーション」最新記事一覧

Windows Server 2012クラウドジェネレーション:
第16回 Windows Server 2012 R2プレビュー版のストレージ機能概要
次期Server OSであるWindows Server 2012 R2のプレビュー版の機能解説の第4回。今回は、SSDを活用するべく強化されたストレージ関連の新機能の概要などを解説。(2013/9/12)

Windows Server 2012クラウドジェネレーション:
第15回 Windows Server 2012 R2プレビュー版のHyper-V概要
次期Server OSであるWindows Server 2012 R2のプレビュー版の機能解説の第3回。今回は、新しくなったHyper-Vの機能概要とUEFIサポートについてまとめる。UEFIのサポートにより、2Tbytes超のディスクからのブートやレガシー・フリーでオーバーヘッドの少ない仮想環境が実現されている。(2013/8/8)

Windows Server 2012クラウドジェネレーション:
第14回 Windows Server 2012 R2プレビュー版の新機能と削除された機能
次期Server OSであるWindows Server 2012 R2のプレビュー版の機能解説の第2回。今回は、追加/削除された役割と機能についてまとめる。PowerShell 4.0の重要な新機能であるDSCについても解説する。(2013/7/18)

Windows Server 2012クラウドジェネレーション:
第13回 Windows Server 2012 R2プレビュー版概要
次期Server OSであるWindows Server 2012 R2のプレビュー版の配布が開始された。仮想化機能などが強化された、その概要を解説する。(2013/6/27)

Windows Server 2012クラウドジェネレーション:
第12回 更新プログラム配布プラットフォームWSUS 4.0
Windows OSの脆弱性を修正したり、機能の強化や改善を図るためには、修正プログラムやセキュリティ・パッチの適用作業は欠かせない。Windows Server Update Services(WSUS)サーバを利用すれば、ネットワークの負荷を抑えたり、何を配布するかなどを制御できる。Windows Server 2012のWSUS 4.0について解説する。(2013/6/13)

Windows Server 2012クラウドジェネレーション:
第11回 組織内のIPアドレスをまとめて管理するIPAM
ネットワークの健全な運用のためには、計画的なIPアドレスの配布/管理は欠かせない。だがネットワークが複雑化してDHCPサーバの数が増えてくると、だんだんと管理が行き届かなくなる。Windows Server 2012の「IPAM(IPアドレス管理)」機能を使えば、複数のDHCPサーバをまとめて効率よく管理できる。(2013/6/6)

Windows Server 2012クラウドジェネレーション:
第10回 フェイルオーバー構成をサポートしたDHCPサービス
DHCPサービスはネットワークの基本サービスであり、もし障害が発生すると、ネットワーク上の機器がまったく使えなくなる。Windows Server 2012のDHCPサービスでは簡単に冗長構成を取れるように、ホットスタンバイや負荷分散機能が追加されている。(2013/5/16)

Windows Server 2012クラウドジェネレーション:
第9回 強化されたファイル共有プロトコルSMB 3.0の概要
Windows Server 2012ではファイル共有プロトコルが強化され、SMB 3.0となった。クラスタ環境対応やスケールアウト/マルチチャンネル対応などによるパフォーマンス改善、そして管理機能の強化と、改善点は多岐にわたる。本稿ではその概要をまとめておく。(2013/4/25)

Windows Server 2012クラウドジェネレーション:
第8回 ディスクを仮想化する記憶域プール機能
Windows Server 2012の新機能である記憶域プールを使えば、複数のディスクを組み合わせて高速化したり、耐障害性を向上させるほか、ディスク・サイズを仮想化して大きなディスクに見せる、シン・プロビジョニングが行える。(2013/4/18)

Windows Server 2012クラウドジェネレーション:
第7回 信頼性とスケーラビリティを高めた新ファイル・システムReFS
年々大容量化するディスクや仮想ディスクなどの普及により、大容量のストレージを生かすファイル・システムが求められている。高い信頼性とスケーラビリティを実現した新しいファイルシステムReFSについて解説する。(2013/4/4)

Windows Server 2012クラウドジェネレーション:
第6回 不要な機能を省いて安全性を高めたServer Core
Server Coreは、必要最小限の機能だけをインストールしたWindows OSの運用形態の1つ。必要とされるディスクやメモリを削減できるし、システムの安定性も向上する。Windows Server 2012ではServer Coreとフルインストールを相互に変更できる。(2013/3/7)

Windows Server 2012クラウドジェネレーション:
第5回 サーバ版Hyper-Vの概要
災害対策のためのレプリカ(複製)や強化されたマイグレーション機能、仮想ディスクのパフォーマンス向上対策、高機能なスイッチなど、Hyper-Vの新機能の概要を解説(2013/2/14)

Windows Server 2012クラウドジェネレーション:
第4回 ストレージの利用効率を高めるデータ重複除去機能
Windows Server 2012ではファイル内に含まれる重複したデータを自動的に検出して除去する機能が用意された。場合によっては8割以上ものディスク領域のスリム化が図れるという、待望の機能を解説する。(2013/1/17)

Windows Server 2012クラウドジェネレーション:
第3回 強化されたActive Directory
Windows Server 2012のActive Directoryはドメイン・コントローラの仮想化や複製による展開にも対応。ごみ箱ツールがGUI化され、PowerShellやパスワード・ポリシー対応も強化されたActive Directory管理センターにも注目だ。(2012/10/25)

Windows Server 2012クラウドジェネレーション:
第2回 新しいサーバ・マネージャの使い勝手を計る
Windows Server 2012で一新されたサーバ・マネージャでは、複数のサーバをまとめて管理したり、リモートから役割や機能を追加したりできる。その使い方や注意点を解説する。(2012/9/27)

Windows Server 2012クラウドジェネレーション:
第1回 Windows Server 2012の概要
オンプレミスからクラウドまで幅広くカバーする、機能強化が進んだ新サーバOS、Windows Server 2012の連載開始。(2012/9/6)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。