ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「Wipro」最新記事一覧

学習、適応、進化が可能な次世代ネットワークを構築可能に:
Cisco、「人の意思や意図」を基に直感的ネットワークを実現する「Cisco DNA」製品群を発表
Ciscoは、インテント(意図、意志)ベースの直感的ネットワークを実現する「Cisco DNA」技術を搭載した製品群を発表した。(2017/6/22)

実は米国人の雇用保護には効果なし?
トランプ政権が意気込むH-1Bビザ審査見直し、IT企業の外国人採用はどうなる?
トランプ米大統領はH-1Bビザ審査見直しを指示する大統領令に署名した。H-1Bビザ利用企業は次のニュース対象にならないように対策が必要だと専門家は警告する。(2017/5/9)

セキュリティ・アディッショナルタイム(11):
「失敗を認めなくては前に進めない」――セキュリティ対策に求められる3つの「R」とは
2016年7月20日から22日にかけてシンガポールで開催された「RSA Conference Asia Pacific & Japan 2016」の模様を紹介する。(2016/8/17)

Computer Weekly製品ガイド
サービスマネジメントの背景となるビジネスプロセス
ITサービスのマルチソーシングや社内導入のために組織が取るべき手順について解説する。(2016/8/15)

IoT開発のリファレンスに 「インテルIoTプラットフォーム」発表
インテルがネットワーク接続性とセキュリティの各コンポーネントを一体化させたIoTリファレンス基盤「インテルIoTプラットフォーム」を発表。IoT導入とイノベーションの加速化に向け、プラットフォーム、製品、エコシステムの拡充を進めていく。(2014/12/10)

組み込み開発ニュース:
インテル、IoT開発と導入促進のプラットフォームを発表
インテルはIoT(Internet of Things)導入のリファレンスプラットフォーム「インテル IoT プラットフォーム」を発表した。IoTを構成するさまざまな要素についてリファレンスを示すことで導入に際しての煩雑さを解消し、迅速なIoTの開発と導入を可能にする狙いだ。(2014/12/10)

SAP関連ニュースをお届け
豪州の7-Elevenが小売業務プロセスを刷新、命運を握ったシステムとは
7-Elevenが小売事業の刷新をWiproに委託、BackOffice AssociatesがSAPクラウドのコンサルティングを開始、その他のニュースをまとめてお届けする。(2014/8/13)

ツール選択が成功のポイント
失敗経験者が語る「Office 365」導入、どうすべきだったのか?
今、クラウドへの移行がIT担当者の悩みの種になっている。中でも「Microsoft Office 365」への大規模な移行は難題だ。だが、そこに救いの手が差し伸べられた。(2014/7/7)

シスコがマルチクラウド間連携を前提としたサービス「Intercloud」発表
マルチクラウド間連携を前提としたサービスをシスコが発表。パートナー企業が持つデータセンターやユーザー保有の環境をオープンで安全な連携を実現し、ハイブリッドクラウド環境のデファクトを狙う。(2014/3/25)

Cisco、「InterCloud」でクラウドコンピューティングに参入 10億ドル投資
Cisco SystemsがOpenStackベースのクラウドコンピューティングサービス「InterCloud」を発表した。(2014/3/25)

日本のオフショア案件は回復基調 印Tech Mahindra 北アジアトップに聞く
今年6月にMahindra Satyamと経営統合したTech Mahindra。日本市場での事業戦略などを聞いた。(2013/9/13)

「日本品質」に期待を寄せる現地企業 日立が示すインド進出の大戦略とは?
国内のIT市場では存在感を示す日立だが、インドにおいてはトップブランドとは言い難い。同社が成長著しいインド市場に進出する戦略について、同国のソフトウェアビジネスを統括するHitachi Indiaの石井氏に聞いた――。(2013/8/27)

山谷剛史の「アジアン・アイティー」:
Athlon II搭載PCはチキンカレー何杯分?
この連載で、中国PCの販売価格を「生活感覚」で体感するために「チャーハン何杯分」で示したことがある。となれば、インドなら当然“カレー”でしょう!(2011/5/24)

NEWS
シミック、クラウド環境を活用した治験管理システムを導入
ウィプロと日本オラクルの技術を活用したSaaS治験管理システムを導入し、国際共同治験の事業を強化する。(2011/4/11)

Red Hat、クラウドAPI「Deltacloud API」の標準化を申請
Red Hatが統合クラウドパッケージ「Cloud Foundation」のアップデートと、「Apache Deltacloud API」の標準化を申請したことを発表した。(2010/8/27)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
連休明けの買戻しや決算期待から大幅高
(2010/1/20)

世界で勝つ 強い日本企業のつくり方:
大前研一の辛口ニッポン応援談(前編)
大前研一氏に強い日本企業をつくる上でのヒントを聞く。中国など新興発展諸国の登場でグローバル展開が新たな局面を迎える中、日本企業は大いなる覚悟で進む必要がありそうだ。アンビション(野心、大志)の欠落が危険だと大前氏は指摘する。(2009/11/9)

FPGA設計の消費電力を見積もる
FPGAを最終製品へ搭載する例が増加している。その場合、FPGAの利点を生かして設計期間を短縮するには、論理設計と並行して回路基板の設計を行う必要がある。このとき重要になるのが、設計初期段階におけるFPGAの消費電力の見積もりである。本稿では、この見積もりをより正確に行うための手法について解説する。(2009/8/1)

Oracle、ミドルウェア「Fusion Middleware 11g」を発表
OracleがSOAスイートや開発ツールを統合したミドルウェア「Fusion Middleware 11g」の提供を開始した。(2009/7/2)

各種カバレッジ手法の活用で正解に近づく:
ロジック検証のゴールはどこに?
(2009/4/1)

コスト削減を支援する:
IBMなどのパートナーが「Business Suite 7」でSAPと協業
IBM、Atos Origin、Capgemini、Wiproは「SAP Business Suite 7」のローンチパートナーとしてSAPの発表会に参加した。パートナー各社はコンサルティングリソースを提供するとともに、同製品のマーケティングに協力する。新スイートは企業の業務の効率化とIT経費の削減に役立つという。今夏に一般向けとしてリリースする予定だ。(2009/2/6)

加速するグローバル人材戦略:
【第3回】新興国市場を狙うグローバル戦略
かつては低コストで労働力を提供する場に過ぎなかった新興国は、魅力的な市場に変貌するとともに、自らも競争力を高めて大きく経済成長を遂げている。キリン、ナイキ、ネスレなどの事例から新興市場攻略の糸口を探る。(2009/1/15)

トレンドフォーカス:
日米のオフショアの差は、インドのとらえ方にあった
人件費高騰や米国景気後退などによる影響で、大手グローバルITベンダーのインド進出が本格化する中、インド企業はこれまでの欧米偏重を見直す動きが顕著になってきた。低迷していた日本市場へのテコ入れもその1つ。しかし、日本企業ではオフショアがアウトソーシングの域を出ず、インド企業をうまく使いこなせていないという。(2008/4/28)

トレンドフォーカス:
製造業の発展の遅れがIT大国を生んだ
グローバルなデリバリーモデルにより、高度な技術を安価に提供するオフショアリングサービスで躍進を続けてきたインドIT産業。今後ますます大手ITベンダーの進出が本格化するインドに迫った。(2008/4/9)

CTC、インドの大手ITベンダーとSIビジネスで包括提携
伊藤忠テクノソリューションズとインドのITベンダーであるウィプロは、国内外におけるシステムインテグレーションビジネスで提携することに合意したと発表した。(2008/4/2)

Cisco、インドのWiproと戦略提携
Cisco Systemsのネットワーク機器とWiproのITサービスを組み合わせ、新しいソリューションを共同開発する。(2007/11/1)

Vistaへの移行でTCOが年間14%削減――Microsoft調査
ノートPCのOSをXPからVistaに変更すると、1台当たり年間14%TCOが削減できるとしている。(2007/9/7)

SAP、2010年までにインド市場に10億ドルを投資
SAPのインド市場における顧客は、過去1年間で1000社から2000社へと倍増したという。(2007/8/30)

インドWipro、米アトランタにソフト開発センター開設
アトランタに初のソフト開発センターを新設。地元大学から人材を採用する。(2007/8/29)

インドWipro、米アウトソーシング企業を買収
インドのITサービス企業Wiproが、米国に5つのデータセンターを所有するInfocrossingを買収する。(2007/8/7)

Intel、50ワットのクアッドコアXeonを発表へ
クアッドコアプロセッサをAMDに先駆けて投入したIntelは、新製品「Xeon L5320」「同L5310」の発売で攻勢を強める。(2007/3/12)

2006年、グローバル社会元年のすべて
グローバル化の流れは、アウトーソーシングの分野だけにとどまらないようだ。IBMなどの企業は、インドや中国、ロシアなどの国々で事業所を設立している。(2006/11/27)

Column
人件費の上昇にもかかわらず、インドでのオフショア開発は今後も盛んに
世界のフラット化で躍進したインド――人件費の上昇で成長にブレーキがかかると言われているが、インドのエンジニアと契約するコスト上のメリットはまだあと5年間は続くとアナリストは見ている。(2006/10/3)

Intel、インドで低価格PC発売へ
Intelはフル機能を備えた初心者向けの小型デスクトップPCを2カ月以内にインドで発売。価格は現在同国で販売されているPCの最低価格よりも20%低く設定する。(2006/5/24)

無償化を断行、熾烈さを増す「仮想化サーバ」市場
Microsoftは仮想化製品を無償化し、ゲストOSには非Windows OSのサポートを強化することで、Longhorn Serverの仮想化技術の登場まで、ユーザーのつなぎとめを図ろうとしている。仮想化サーバ市場における現在の覇者VMwareや伏兵XENを抑えて、熾烈な戦いを制することはできるか。(2006/5/19)

GM、HPなど6社と150億ドルのIT契約
GMはEDS、HP、IBMなど6社との間で総額150億ドルのIT契約を結んだ。契約期間は5年。(2006/2/3)

中国とインドが協力すればグローバルITをリードできる――温首相
中国の温家宝首相が、インドのIT産業の中心地であるバンガロールを訪問した。ビジネスチャンス拡大をにらみ、両国のIT産業は接近しつつある。(2005/4/12)

インドのアウトソーシング企業に爆破予告のいたずら電話
インド有数のアウトソーシング企業Wiproに爆弾が仕掛けられたとの予告電話があり、警察が退避させた。(IDG)(2005/3/10)

eBay、新CTOにAT&T Wirelessの幹部引き抜き
(2005/1/5)

2004年を彩ったIT業界10大トピック
「一時代の終わり」を印象付けるニュースの多かった2004年。米IDGニュース記者によるこの1年のビッグニュース総括を紹介しよう。(IDG)(2004/12/29)

廉価版Windows提供、インドにも拡大
ロシアに続く廉価版Windows XP提供国はインドだった。これで5カ国目。(2004/9/30)

MS、インド企業へのLonghorn開発業務移管を否定
米Microsoftは、次期Windows「Longhorn」の開発作業で、コアな部分をインドの下請業者に任せているとの見方を否定した。しかし、インド南部にある自社の研究開発センターでLonghornの開発を進めているのかどうかについては、明言しなかった。(IDG)(2004/7/31)

「MSがLonghorn業務をインドに移管」と労働者団体批判
Microsoftのインドでの従業員数は970人だというが、実際にはその倍近くに上るとIT労働者団体は指摘。また、コールセンターなど「低レベル」の職だけでなく、「ハイレベル」の開発プロジェクトにも従事させているという。(2004/7/30)

BMC、アウトソーシング大手Wiproと提携
(2004/5/18)

Forrester、米国外への業務移管予測値を引き上げ
(2004/5/18)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。