ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

在宅勤務 に関する記事 在宅勤務 に関する質問

「在宅勤務」最新記事一覧

普通の開発者のためのリーンスタートアップ手順書(5):
実録! チーム開発が捗り過ぎるSlack+GitHub+Trelloの使い方
スタートアップではいかにお金を使わずにプロダクトを開発するかは成功につながる大きなポイントとなる。コストを掛けずにプロダクトを作っていく上で、導入すべきツールをどのように使うかを数回に分けて紹介。今回は、開発プロジェクト向けチャットツール「Slack」の特徴を解説しプロジェクト管理ツール「Trello」や「GitHub」と組み合わせた活用事例を紹介する。(2014/10/29)

Windowsのデスクトップ環境、そのまま安価なGoogle PCで――Citrixと強力タッグ
デスクトップ環境の仮想化により、新しい働き方を提案するシトリックスが、Google PCことChromebookに最適化した「Citrix Receiver for Chrome」の提供を開始。低価格な端末と使いやすくなったリモートアプリが強力なタッグを組んだ。(2014/10/23)

「Windows Embedded」を企業で使い倒す:
知ってますか? 便利な「Windows Embedded 8.1」の使い道
「Windows Embedded」をご存知だろうか。「Windowsの組み込み版?」と考えている人が大半だろう。本連載では、知られざる「Windows Embeddedの企業内活用法」を紹介していく。初回となる今回は、特に有効なロックダウン機能を紹介する。(2014/10/21)

NTT Communications Forum 2014 Report:
世界中を駆け巡る効率的な働き方とは? ワークスタイル変革に取り組む伊藤忠商事
2010年春からワークスタイル変革を推進している伊藤忠商事。制度面の整備と併せてその実現を後押ししているのが、新たに構築したクラウドのICT基盤だ。効率的な働き方を可能にする仕組みづくりを同社が語った。(2014/10/10)

Weekly Access Top10:
聞きなれない音で目覚める台風の朝
緊急地震速報の音を思い出してびくっとします。(2014/10/6)

シスコ戦略発表会:
「テレワーク」に「IoE」、生活とビジネスを大きく変える“次の”ITトレンド
ITによって私たちの生活は大きく変わってきたが、これから先はどうなるのか。コンピュータネットワーク機器で世界最大の企業、シスコが2015年の戦略を発表した。テレワークやIoEなど、社会に大きな影響を与えるIT業界のトレンドを紹介しよう。(2014/10/2)

佐賀県庁、テレワークシステムを全庁展開
佐賀県庁では行政サービスの向上と職員のワークライフバランス向上を目的に、全職員約4000人を対象としたテレワークシステムを構築した。(2014/10/1)

導入事例:
TKC、2300人以上のワークスタイル変革を目指した協働システムを構築
全社員が時間と場所を選ばず、社員同士や取引先との業務を遂行しやすくするコラボレーションシステムを構築した。(2014/9/22)

導入事例:
佐賀県、県民サービスを守る標的型サイバー攻撃対策を構築
県民のためのICTサービス基盤に大企業などで採用実績のあるファイア・アイの対策システムを採用した。(2014/9/18)

「どこでもVFX作成」が実現
GPU+DaaSで仮想デスクトップが映像製作業界に進出
英国の映像製作会社がGPUとDaaSを組み合わせた映像製作インフラを構築。不向きとされていたグラフィックス分野での仮想デスクトップ活用が始まった。(2014/9/18)

最大150万の助成金が出る今がチャンス:
PR:「テレワーク」の実現に「テレビ会議システム」が最適な3つの理由
自宅で育児や介護をしながら働ける職場環境を社員に提供する手段として注目を集めている「テレワーク」。この導入の成功に一役買ってくれるのがテレビ会議システムだ。国から最大150万円の助成金が出る今が導入のチャンス。テレビ会議システムがもたらすさまざまなビジネス面のメリットを紹介しよう。(2014/8/21)

医療現場にもクラウド:
膨大データ処理に苦心する放射線科医を救ったGoogle Cloud
CTおよびMRI検査画像の遠隔診断サービスを提供するエムネスが取り組んだクラウド基盤活用。その背景には日本の放射線科医が抱える課題があった。(2014/8/20)

5分で絶対に分かるデスクトップ仮想化/VDI入門
デスクトップ仮想化の概要と、デスクトップ仮想化が登場する以前のシンクライアントとの違い、構成要素、3つの特徴、ユーザー/システム管理者/経営者の視点で見るメリット/デメリット、今後について解説する。(2014/8/19)

情シスと社員が答えたスマホ活用とセキュリティの懸念
日本スマートフォンセキュリティ協会が実施した企業での利用実態調査から、スマートフォンの利活用が進んでいる状況とセキュリティへの懸念が高まっている様子が浮き彫りになった。(2014/8/13)

テレワークの今:
離職率25%超で困った! サイボウズを変えたワークスタイル変革
バリバリ働きたい人には裁量労働制、家庭を大事にしたい人には短縮勤務制、育児や介護をしながら働く人にはテレワークを。従業員はライフステージに合わせた働き方を選べるべきだ。(2014/8/12)

制度と社風、どちらも必要:
「デル」の女性は9割以上が産休後に復帰――復帰支える“お互い様”の精神
女性の社会進出が遅れていると言われる日本で、出産後の女性の職場復帰率が「9割以上」という企業がある。女性が働き続けられる環境を作る秘けつは何か。今年でマネジメント職8年目となるデルの女性社員に聞いた。(2014/8/8)

テレワークの今:
在宅勤務は女性のためだけではない――マネージャー層の3人に1人が介護離職する時代
政府は、2020年までにテレワーク導入企業を3倍にする方針を打ち出し、そのための助成金も交付している。テレワークを重視するその背景には何があるのか?(2014/7/23)

PR:今なお残る、隠れXPパソコンが企業を破滅に追い込む?――ユーザー調査が明らかにしたビジネスパソコンの真の実態と今後
早いもので、Windows XPのサポートが終了してからおよそ3カ月が経過した。サポートが切れたOSでのパソコンを使い続けるリスクは、企業の命運を左右しかねない範囲に及ぶだけに、多くの企業は新しいビジネスパソコンに入れ替えたり、OSを移行するなどの対策を講じたと思われていた。だが、そんな予想を覆す、衝撃的な事実が明らかになった。日経BPイノベーションICT研究所の所長、桔梗原富夫氏に詳しく聞いた。(2014/7/10)

電気自動車:
シムドライブがEVで「パイクスピーク」総合優勝目指す、参加企業と技術者を募集
電気自動車(EV)ベンチャーのシムドライブは、米国コロラド州で毎年6月に開催されている自動車レース「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム(パイクスピーク)」において、EVレースカーで内燃機関車を抑えて総合優勝することを目的としたプロジェクトを発足。同プロジェクトへの参加企業と技術者の募集も開始した。(2014/7/8)

マイクロソフトが福岡で「Discover」イベント:
リーダーが備えるべき5つのこと 元プロ野球選手・仁志敏久氏
日本マイクロソフトが全国で展開する中堅・中小企業向けセミナーイベントが先月末に福岡で開催。基調講演に仁志敏久氏が登壇し、リーダーシップ論を語った。(2014/6/2)

クライアント仮想化はワークスタイル拡大に貢献、ユーザー企業の評価
IDC Japanの調査によると、クライアント仮想化を導入している国内企業はTCO、BCP、節電などへの効果を高く評価していることが分かった。(2014/5/29)

時代が求める「少人数チーム」の作りかた:
多くの企業が陥る、リーダー不足という“勘違い”
先が読めない今のような時代には“1人で何もかもこなせる”ことより“仲間と協力して物事を進める”ことのほうが重視されます。その方法さえ分かっていれば、チームリーダーの役割を担うことができるのです。(2014/5/28)

端末からコンテンツへ:
モバイルをめぐる活用と管理の最前線・後編
モバイルデバイス上で、ファイルやアプリなどを安全かつ便利に使うにはどうすればいいか。現在およびこれから期待されるソリューションについて、メリット/デメリットを踏まえながら解説する。(2014/5/28)

転機をチャンスに変えた瞬間〜ビジネスの現場から〜(22):
子育てと会社の成長を両立させる〜絵本ナビ流ワークライフバランスの創り方
週に5日家族と食事をするために、組織と仕組みを徹底的に合理化した――「絵本ナビ」代表金柿秀幸氏が考える、仕事と家庭を両立する会社作りとは。(2014/5/27)

企業家に聞く【安渕聖司氏】後編:
自分の才能に出会う「旅」――日本GEトップに聞く、グローバル企業で働く醍醐味
GEキャピタル社長兼CEO、安渕氏へのインタビュー。後編はグローバル化や英語学習について安渕氏がどのように考えているか、そしてGEという組織の“強さ”の秘密に迫る。(2014/5/21)

サイバーエージェントが「妊活休暇制度」導入
サイバーエージェントは、不妊治療中の女性社員が治療のためなどに取得できる“妊活休暇”をはじめとして、女性社員の働き方を支援する新制度を発表した。(2014/4/28)

徹底解剖:
PR:クラウドストレージの新本命、ブラウザ版Officeも使える「OneDrive for Business」の実力とは?
マイクロソフトの企業向けクラウドストレージ「OneDrive for Business」がパワーアップして登場。ビジネスでの使い勝手や企業向け管理機能を充実させたというサービスの全貌を紹介しよう。(2014/4/16)

座談会:
これからは男性のほうが大変? ワーキングマザーの本音
子育てと仕事を両立している女性3人に集まってもらい、会社側が用意している制度をどのように活用しているのか。今後子育てをしていくうえで、会社側に求めることなどを聞いた。(2014/4/4)

社内外でのファイル共有・同期を安全に
企業向けオンラインストレージサービス7選(海外ベンダー編)
オンラインストレージサービスを業務で利用するニーズが高まっている。だが、個人向けサービスではIT部門が管理できないなどセキュリティ面での不安が多い。そこで、企業利用を想定したサービス7選を紹介する。(2014/3/26)

地方自治体のIT活用探訪:
タブレットで佐賀が変わる? ワークスタイルと管理職の意識を改革する県庁の秘策
都道府県で全国初の在宅勤務制度を導入した佐賀県は、2014年度から全庁規模でモバイルワークスタイルの導入に踏み切る。その取り組みを県CIOの森本登志男氏に聞いた。(2014/3/25)

3つのクラウドが解決策に
タブレットだけでは不十分? モバイルワークを成功させる「3つの勘所」とは
タブレット端末をはじめとする可搬性の高い端末は、ワークスタイル変革の原動力となる。ただし、端末の導入だけで効率的なモバイルワークを実践できるわけではない。モバイルワークの成功条件を徹底解説する。(2014/3/12)

データサイエンティスト育成:
アクセンチュア、女性のためのアナリティクス基礎講座を期間限定で開講
データ分析を活用したい企業の助っ人となる「データサイエンティスト」に挑戦しませんか? アクセアクセンチュアは3月10日、データサイエンティストに興味があり、多様な働き方を求める女性を対象に講座を開講することを発表した。(2014/3/11)

クラウドを駆使:
“脱”LANを目指せ――働き方から変えた企業の挑戦
メールセキュリティなどを手掛けるITベンダーのHDEは、LANに縛られないワークスタイルを実現しようとしている。きっかけは東日本震災による事業継続だが、オフィスのLANに縛られない働き方という壮大な挑戦になった。(2014/3/4)

見落としがちなROIとパフォーマンスのポイント
仮想デスクトップ導入について、あなたが恐らく気付いていないこと
「VDI(仮想デスクトップ)導入ではROIとパフォーマンスが大事」。その通りだ。だが、この説明だけではカバーできない、もっと重要なことがある。(2014/2/27)

Biz.ID Weekly Top10:
関東甲信の記録的大雪から学んだこと
関東甲信地方で大雪が降った先週末。約1週間たったいまはどのような状況なのか。山梨県南都留郡の様子を見てきました。(2014/2/24)

「いつでも、どこでも、どんなデバイスからでも」がより身近に:
PR:多様化するワークスタイルは“クラウド版のRDS”が強力に支援
Server-based Computing(SBC)の時代に登場したターミナルサービスの最終進化形が、Windows Server 2008 R2以降に搭載されている「リモートデスクトップサービス」(RDS)。このRDSをWindows AzureのIaaSに載せたのが「RDS on Azure」だ。クラウドサービスなので運用管理は容易で、ネットワークの能力と機能も強力。iOSやAndroid端末でも業務アプリケーションを利用できる。(2014/2/24)

XML第一人者のティム・ブレイ氏、「在宅勤務が認められず」Google退社へ
2010年にGoogle入りしたXML開発者のティム・ブレイ氏が、カリフォルニア本社勤務を求めるGoogleを拒み続けた後、退社を決めたと発表した。(2014/2/21)

シトリックスが事業戦略説明会を実施:
モバイルワークスタイルはもはや幻想でなく実現可能な現実
 シトリックスが、2014年度の事業戦略説明会を実施。同社代表取締役社長 マイケル・キング(Michael King)氏は今年の注力キーワードとして“モバイル・ワークスペース”を挙げた。(2014/2/19)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2014/2/10)

雪で電車が止まっても在宅勤務できない理由と解決策
「女性活用」政策などにおいて今後重要となる「在宅勤務」。今後企業はどう在宅勤務を取り入れていくべきか、失敗事例なども提示し解説する書籍を紹介します。(2014/2/4)

国内金融機関最大規模のVDI環境を構築:
PR:損保ジャパンが「実績と信頼」を評価した日立のノウハウとは?
国内有数の損害保険会社である株式会社損害保険ジャパン(以下、損保ジャパン)は、本社・営業店の約1万5000ユーザーが利用する大規模なVDI環境を構築した。導入に際しパートナーとして選定したのは日立製作所(以下、日立)。自社導入・運用事例を始めとする豊富な導入実績を評価してのことだという。(2014/1/28)

Computer Weekly製品導入ガイド
「誰が・どうやって?」コンテキストベースセキュリティがオススメの理由
組織はコンテキスト認識型セキュリティ技術に対してどうアプローチすべきか。また、これはどのような恩恵をもたらすのか。(2014/1/27)

IDCのアナリストが日立のキーマンに迫る:
PR:統合されたクライアント環境がビッグデータ活用への道を切り開く!
本格的なビッグデータ時代が到来する中、経営とITの融合が企業活動において非常に重要なポイントとなっている。特に昨今では、Bring Your Own Device(BYOD)などを活用し、時間や場所にとらわれないワークスタイル変革や在宅勤務をセキュアな環境で実現し、従業員の生産性や経営スピードを向上する取り組みが重要性を増している。では、そのためのIT基盤をどのように整備すべきか。日立製作所(以下、日立)の情報・通信システム社でプラットフォーム部門COO 兼 ITプラットフォーム事業本部長を務める岩崎秀彦氏と、IDC Japan(以下、IDC)でリサーチバイスプレジデントを務める中村智明氏が、ビッグデータ時代に求められるIT環境について語り合った。(2014/1/27)

Re:Work:
あなたが仕事に求めるものは? 多様化する“働き方”を考える
“働き方”が多様化しているいま、毎日を充実させ、笑顔で過ごしていくためにはどうしたらよいか。自分自身の“働き方”を再度見直してみよう。(2014/1/20)

個人的なつながりを醸成
どこでもビデオ会議が生み出す、“出張費削減”以上のうれしい効果
手軽に利用できるクラウドベースのビデオ会議サービスが浸透してきている。どこでも使えて視覚的表現も豊かなこのサービスは、企業や従業員に、“出張費の削減”以上の効果をもたらしている。(2014/1/9)

Microsoft Remote Desktopの基礎と実践:
最終回 遠隔地のAndroid/iOS端末から社内PCにリモートデスクトップ接続する
普段から持ち歩くiOS/Androidスマートフォン/タブレットにとって、外出中にこそリモートデスクトップ接続をする機会は多いはずだ。そこで社外すなわちインターネット経由で社内PCにリモートデスクトップ接続をする方法について解説する。(2014/1/8)

図解でわかるVDI:
PR:普及が進むデスクトップ仮想化――「仕組み」と「メリット」を知る
クライアントPCからデスクトップ環境を切り離し、サーバ上で稼働させる「VDI(Virtual Desktop Infrastructure:デスクトップ仮想化基盤)」が注目されている。決して最新技術ではないものの、ネットワークの大容量化や画面転送プロトコルの高速化などの技術革新により、ここに来て普及の兆しをみせている。(2014/1/6)

これからの働き方、新時代のリーダー(後編):
ワーキングマザーはお荷物か?――あなたの会社が「ホワイト企業」になる方法
第一子を出産した女性の6割が会社をやめる日本。最近はワーキングマザーも増えているが、どう扱っていいか分からない……という企業も多いのではないだろうか。本記事ではワーキングマザーをどう評価し、どう戦力にしていくかを考える。(2013/12/26)

こうして離職率は28%から4%に改善された――サイボウズ青野社長に聞く“これからの働き方”
優秀な人材に、いかに長く活躍してもらうか――。これはIT業界の抱える大きな課題の一つだ。そんな中、28%に達していた離職率を4%にまで改善したのがサイボウズ。この成功の裏には、多様なワークスタイルを認める制度があった。この制度が生まれる背景やプロセスとは?(2013/12/27)

Windows Server 2012 R2登場(4):
“BYOD”時代に対応するリモートアクセス
Windows Server 2012 R2とSystem Center 2012 R2の注目の新機能を中心に、BYODデバイスの視点から、これからのIT基盤の姿の一端を見る。ドメイン参加とは異なる「ワークプレース参加」で、社内リソースへアクセス可能だ。さらに、BYODデバイスとの間でファイルを同期できるワークフォルダー機能も提供する。(2013/12/12)



Windows 9と噂されていた次世代Windowsの名称は、1つ飛ばしてWindows 10に決まった。発売は2015年後半を予定。タッチU/Iの取り込みに苦労しているWindowsだが、高速起動など基本的な面での改善もバージョンを経るごとに進んでおり、文字通り世界レベルでの影響を持つリリースになる。

音楽CDを超える音質を持つデジタルオーディオデータ、略して「ハイレゾ」。その再生に対応した機器が増加しており、対応したスマホの増加などを機に、今後更なる注目の高まりも期待される。

ソフトバンクモバイル初のXperiaシリーズとして発売が決まり、3キャリアが揃って取り扱う人気機種となった。モバイル事業で減損が発生するなど不調が伝えられるソニーであるが、グローバルスマホ市場での生き残りに向けて、これからが正念場だろう。