ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「在宅勤務」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「在宅勤務」に関する情報が集まったページです。

キャリアニュース:
管理職になることに興味がある女性は25%――志望理由は給与アップ
エン・ジャパンが「女性の活躍」をテーマにしたアンケート調査結果を発表した。管理職になることに興味が「ある」と25%が回答し、その理由として「給与を上げたいから」「仕事の幅を広げたいから」などが挙がった。(2018/9/20)

働き方改革で「地方格差」なくせ:
「地方の障害者雇用」を創出するリクルートのテレワーク
「障害者雇用の水増し」は自治体や裁判所などにも拡大している。望むべき姿は、障害のある人が、障害のない人と同じように普通に働ける環境を作ることだ。その理想に向けて取り組むリクルートの子会社を取材した。(2018/9/19)

PR:もはや待ったなし――「RIO Cloud」で始める働き方改革
低価格で導入できる中小企業向けテレワークパッケージの大本命「RIO Cloud」。その活用方法を分かりやすく解説。(2018/9/12)

働き方改革に“安心”を
VDIだけでは守れない、エンドポイントセキュリティ対策最前線
ローカルにデータを持たないVDIは非常にセキュアだが、エンドポイントへの脅威が巧妙化する今、ただ導入するだけでは自社を守りきれない。対応すべき+αの対策とは。(2018/9/19)

「テレワーク」猛暑で脚光 東京五輪の混乱解消の“切り札”となるか
働き方改革の推進に伴って、職場に出勤せず、インターネットを使って自宅や共有オフィスで仕事をする「テレワーク」の取り組みが広がっている。総務省が7月に実施した全国イベント「テレワーク・デイズ」には1700近い団体が参加。前年の8割増という実績を残した。一般的な認知度は決して高くないが、2020年東京五輪・パラリンピックや猛暑が後押しする格好となっているようだ。(2018/9/4)

子育てとの両立も重要:
働く女性は「管理職」に就きたい? 350人にホンネを聞いた結果は……
女性活躍が叫ばれるビジネス界だが、女性は出世して管理職になることに興味はあるのか。人材会社エン・ジャパンが約350人の働く女性に意見を聞いたところ、「(管理職に)興味がある」と答えた人が25%にとどまり、「興味がない」(42%)を下回るという結果が出た。(2018/9/3)

PR:“子育て女性”のグループも“普通”に働き高実績。ファンケル流は何が違うのか?
ファンケルでは、子育てに追われる女性たちが、高いパフォーマンスを発揮するグループの中核メンバーとして活躍している。限られた働く時間の中で、なぜグループのパフォーマンスを高く保てるのか。秘訣を当事者たちに伺った。(2018/8/30)

労働環境も先進的な、あの企業:
IT・通信業界の「働きやすい企業」ランキング 2位はマイクロソフト 1位は……?
情報・通信業界の中で働きやすい企業は?――グローバルウェイ調べ。(2018/8/27)

社員を思いやった結果です:
PR:働き方改革の最終形態!? 宮古島で夢の「離島テレワーク」
名古屋が本社のIT企業が沖縄の宮古島にオフィスを設けてテレワークを進めている。現地で暮らす社員からは好評だが、背景には画面越しの会話でも円滑に気持ちを伝え合う工夫がある。(2018/8/22)

仮想事例で学ぶ
「ビジネスメール詐欺」(BEC)の被害はこうして生まれる
「ビジネスメール詐欺」(BEC)の被害が国内外に広がっている。その背景には、攻撃を成功させるための巧妙な仕掛けがあった。具体的な攻撃手法と、その対策を解説する。(2018/8/21)

子育て支援を行う企業が人気:
証券業界の「働きやすい企業」 1位は給与・休暇・家庭支援が三拍子そろった……
証券業界の中で働きやすい企業は?――キャリコネ調べ。(2018/8/16)

給与・休暇制度などが好評:
小売業界の「働きやすい企業」ランキング 2位は三越伊勢丹 1位は……?
小売業界の中で最も働きやすい企業は?――グローバルウェイ調べ。(2018/8/13)

“プレ金”・テレワーク導入が好評:
商社・卸売業界の「働きやすい企業」ランキング 2位は三菱商事 1位は……?
商社・卸売業界の中で働きやすい企業は?――グローバルウェイ調べ。(2018/8/3)

日本企業は「礼儀正しく時間を奪う」:
「他人の時間を奪う罪」に気付かないうちは、働き方改革はうまくいかない――日本マイクロソフトに聞く“改革のリアル”
2018年7月10日、東芝クライアントソリューション主催のイベント「TOSHIBA dynabook Day 2018」が開催された。働き方改革やWindows 10をはじめ、クライアントに関するさまざまなセッションが行われた。本稿ではその中から、日本マイクロソフトの澤円氏による講演「働き方改革のリアル 〜本当に変えるために必要なこと〜」の内容を紹介する。(2018/8/1)

HCIアーキテクチャがもたらすメリット
時間も費用もギュッと短縮 VDI導入「スモールスタート」の秘訣
働き方改革でVDIを導入しても、多様な問題で早々に頓挫する企業が少なくない。重要なのは将来の拡張を見据えたスモールスタートをいかに成功に導くかというノウハウだ。(2018/8/3)

国内PC市場、働き方改革で追い風 再参入のシャープの勝算は
縮小が続いていた国内のPC市場が変化してきている。働き方改革で増える在宅勤務による新たな需要が後押しし、2017年度の出荷台数は2年連続で前年実績を上回った。(2018/7/31)

羽ばたけ!ネットワークエンジニア(6):
クラウド型テレビ会議サービスで生産性向上と働き方改革を実現しよう!
レガシーなテレビ会議システムは導入費用が高く、利用できる端末にも制約があり、利用シーンが限られていた。これに対して、「クラウド型テレビ会議サービス」はイニシャルコストが低く、PCやスマートフォンからモバイル回線で使えるため、用途が大幅に広がった。今回はクラウド型テレビ会議サービスの活用法について述べる。(2018/7/30)

ゼロデイ対策や新ソリューションで右往左往する前に:
PR:端末の「衛生管理」から始めよう――ハイジーンが実現する企業のレジリエンス
ランサムウェアをきっかけとして、金銭被害、さらには企業の事業継続そのものにサイバー攻撃の深刻な影響が及ぶことが明らかになった。攻撃の結果、インシデントが起きても事業を継続できる回復力「レジリエンス」を実現する鍵とは。(2018/8/6)

必須キーワードを識者が解説:
今さら聞けない「働き方改革」 人事担当者必見の用語解説
働き方改革関連法が可決・成立し、企業にも具体的な対応が求められます。企業の人事担当者が押さえておくべき「働き方改革」のキーワードをピックアップ。労働問題を扱う新進気鋭の弁護士が、用語の概念と企業が取るべき具体的な対策方法を解説します。初回は「働き方改革」の大枠を解説します。(2018/7/26)

“移動する”試着室使い、遠隔で服をおすすめ 楽天が福島県で実証実験
楽天は、店舗スタッフが遠隔地から服を提案する「遠隔スタイリング支援システム」の実証実験を福島県で7月23日に実施した。実店舗の数が限られるなど、ファッションの地方格差を軽減する狙い。(2018/7/23)

諦めずに働き続けるには?:
女性キャリアを停滞させる原因にメス ブラザー工業が講じた施策とは?
他社に先駆けて女性活躍推進やダイバーシティに取り組んできたブラザー工業。しかし、現場の女性社員に聞くと「当社は働きやすいが、昇進には二の足を踏んでしまう」という声が少なくなかったという……。(2018/7/18)

“持ち運べる”ヤマハのスピーカーフォン「YVC-200」 バッテリー搭載、遠隔会議しやすく
ヤマハが、PC、スマートフォンやタブレット端末などと接続し、音声会議やWeb会議が行えるスピーカーフォン「YVC-200」を9月に発売する。シリーズ初のバッテリー搭載モデルで、リモートワークや在宅勤務での活用を見込む。(2018/7/11)

PR:プロ漫画家がクリエイター向けPC「DAIV」の“クリスタ推奨”モデルを試す
マウスコンピューターのクリエイター向けPCブランド「DAIV」には、イラスト・マンガ制作ソフト「CLIP STUDIO PAINT」の推奨モデルが用意されている。人気SF漫画「AIの遺電子 RED QUEEN」を連載する山田胡瓜氏がDAIVのクリスタ推奨モデルを使ってみた結果は?(2018/6/28)

富士通マーケティングの働き方改革:
PR:管理部門こそRPAの効果あり! 富士通マーケティングの人事および財務の課題をどう解決するか
定型業務の多い企業の管理部門にとって、RPAによる業務の自動化は大きな負荷低減につながることは間違いない。富士通マーケティングの人事部門と財務部門でもその効果を見込んで取り組みをスタートした。(2018/7/4)

IoTやARで業務効率化:
PR:真の「働き方改革」実現のカギ、リモートワーク環境を確立するための現実解とは
昨今、日本企業にとって喫緊の課題となっている働き方改革。従業員の業務効率化とともに、在宅勤務のような、いつでもどこでも働ける環境づくりが欠かせない。その鍵となるリモートワーク環境を確立し、IoTやARといった技術で働き方改革を支援すべく、あるグローバル企業が新たに日本オフィスを開設する。どのようなビジョンを掲げ、どのようなソリューションを提供するのか、CEOに話を聞いた。(2018/6/27)

女性が活躍する職場:
マミートラックとは無縁、ファンケルの管理職ワーママの仕事術
創業以来、女性の力を生かすことに努めてきたファンケルは、現在も社員の8割が女性である。では、同社の女性管理職はどのような働き方をしているのだろうか。子育てをしながら部長として38人のメンバーを率いる山本真帆さんに話を聞いた。(2018/6/26)

制度を変更:
昭和シェル石油、全社員が在宅勤務可能に
昭和シェル石油が6月から全社員を対象とした在宅勤務制度をスタートした。(2018/6/22)

ESG分野の活動目標を提示:
日産が22年までにCO2排出量4割削減へ EVの販売増加で対応
日産自動車は2022年度までに新車1台当たりのCO2の排出量を、00年度比で4割削減すると発表した。電気自動車などの販売を増やして対応する。工場などの生産活動で発生するCO2も、05年度と比べて3割減らし、企業全体の環境対策を強化する。(2018/6/11)

取り入れられる?:
日本でも導入できそうな「他国の働き方」は? 1位はオランダの……
オンライン総合旅行サービス「エアトリ」を運営するエアトリ(東京都新宿区)は6月8日、日本でも導入できそうな「他国の働き方」に関する調査結果を発表した(2018/6/8)

「プロ経営者」インタビュー【後編】:
残業手当はすぐになくしたほうがいい カルビー・松本会長
日本を代表する「プロ経営者」として、さまざまな経営改革を推進してきたカルビーの松本晃会長兼CEO。働き方改革にまつわる日本企業の問題点について、真っ先に「残業手当」を挙げる。(2018/6/5)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(44):
マクロ編:もう東京の下請けなんて言わせない――東日本大震災から7年目の「仙台」が目指すグローバル
外資系IT企業が、日本本社をあえて仙台にした理由とは?――ご当地ライターが、リアルな情報をつづる「UIターンの理想と現実」。マクロ編第3回は、IT先端エリアの1つ「仙台」を紹介します。(2018/6/5)

真の意味での「働き方改革」を後押し:
PR:住友商事、リコーも活用する、働き方改革を妨げる3つの制約を安全に乗り越える方法
生産性を高め、国際競争力を高めるため「働き方改革」の必要性が叫ばれているが、今の日本企業の働き方にはそれを妨げるさまざまな制約がある。それを乗り越え、新しい働き方を可能にするソリューションとは。(2018/6/1)

働き方改革の第一歩:
良いことばかりではない リモートワークの“実態”
働き方改革の柱として注目されている「リモートワーク」。制度として導入する企業も増えており、政府も躍起になって推進している。ただし一方で、リモートワークを導入したことで見えてきた課題もあるという。(2018/5/16)

Microsoft Focus:
いいことばかりではない? MSのテレワーク体験プログラムから見えてきた課題と解決策
日本マイクロソフトが推進する「ウーマン テレワーク 体験プログラム」、その成果はいかに。子育てとの両立を目指すプログラム参加や、テレワーク人材の確保に期待を寄せるプログラムパートナー企業の生の声を紹介する。また、見えてきた課題とは?(2018/5/12)

久納と鉾木の「Think Big IT!」〜大きく考えよう〜(9):
Suicaに学ぶ、「働き方改革」でかえって負担が増える理由〜“誤った自動化”は高確率で失敗する〜
今回は働き方改革について考えてみる。政府肝煎りの働き方改革、これは掛け声だけの精神論や、自動化システムを導入するだけで実現されるものではない。実はこの推進には、Suica導入までの歴史がとても参考になるので、これを一緒に探ってみたい。(2018/5/11)

2022年度のリモートアクセス市場は242億円規模、DaaS市場は340億円規模に 働き方改革が後押し――ミック経済研究所調べ
ミック経済研究所が、国内のリモートアクセスサービスとDaaS市場の動向と中期予測を発表。働き方改革の推進により市場が活発化しており、2022年度まではリモートアクセス市場は年平均23.3%、DaaS市場は年平均21.0%で成長すると予測する。(2018/5/9)

外回りの営業はうれしい。では、内勤者にどんなメリットが? テレワーク導入のカベ
ITmedia エンタープライズが開催したセミナー「働き方改革のリアル」。セキュリティトラック後半のセッションでは、「情シス」も「現場」も恩恵を受けられるような、働き方改革の仕組みづくりについて、さまざまな提案が行われた。(2018/5/2)

「平成生まれのハッカー社長」が考える、働き方改革に潜む“脆弱性”とは?
働き方改革のために、セキュリティをどうすべきか――。ITmedia エンタープライズが開催したセミナー「働き方改革のリアル」で行われた講演では、この難題をクリアするための考え方やさまざまなツールが紹介された。(2018/5/1)

「統合エンドポイント管理」と「認証」の組み合わせで可能性を広げる
モバイルデバイスを「働き方改革」に生かし切る具体的な方法
働き方改革にモバイルデバイスを生かし切れていない企業は、何が足りないのか。状況の改善には、何をすればよいのか。その答えを探る。(2018/4/25)

事例で分かる、中堅・中小企業のセキュリティ対策【第15回】
テレワーク導入企業が直面するセキュリティ問題にどう取り組むか?
働き方改革の旗の下、政府はテレワーク制度の普及を推進しています。持ち出したモバイルデバイスをオフィス以外の場所で使う際に必要となるセキュリティ対策について解説します。(2018/4/17)

丸の内に「子どもと働けるオフィス」誕生:
三菱地所が保育所付きサテライトオフィス「コトフィス」開業
三菱地所プロパティマネジメントは、丸の内エリアのテナント企業や就業者に対して保育所付サテライトオフィス「コトフィス〜こどもとはたらくオフィス〜 新国際ビル」を開業する。(2018/4/19)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(37):
大分編:東京のゲーム会社が「別府」で歓迎された理由――温泉Tシャツで知事と握手!
大阪、福岡、札幌のようなメジャーな都市ではなく、名刺交換した相手が「どうしてそんなところに支社を?」と、つい聞いてしまうような地域に支社を作りたかった――ご当地ライターがリアルな情報をつづる「UIターンの理想と現実」、大分編スタートです。(2018/4/2)

武闘派CIO友岡賢二のサムライ日記:
働き方改革の“善意”はなぜ、“悪意”に変わるのか
改革派CIOとして知られるフジテックの友岡賢二氏が、変化の時代に生きるIT部門、情報システム部門の仲間たちを叱咤激励する本連載。第1回は、何かとモヤモヤ感が拭えない“働き方改革”にメスを入れます。(2018/3/30)

犬や猫と一緒に出勤:
なぜ「ペット同伴OK」のオフィスがうまくいっているのか
「ペット同伴出勤」ができるオフィスを2005年から作ってきたマースジャパンリミテッド。動物が苦手な人もいるオフィスで、どのように制度を運用してきたのか。ペットがいるオフィスを訪ねた。(2018/3/29)

EUに拠点を持つ日本企業のGDPR対応にも遅れ:
多様化、複雑化が進む情報セキュリティのリスクを企業は捉え直すべき――JIPDECとITR、「企業IT利活用動向調査2018」発表
JIPDECとITRは「企業IT利活用動向調査2018」の結果を発表した。情報セキュリティに関するインシデントの認知状況や情報セキュリティ対策の取り組み状況などを調査・分析した。(2018/3/28)

Microsoft Focus:
“昭和の職員室”を“平成の職員室”に “Microsoft 365+Azure”は教師の働き方をどう変える?
毎月80時間以上の残業をしている教員が40%以上を占めている――。そんな過酷な教師の“働き方”を変える取り組みが佐賀県で始まった。どんな方法で学校の仕事を効率化できるのか。(2018/3/3)

“いま”が分かるビジネス塾:
セブンの「時差通勤制度」に見る、働き方改革の“限界”
セブン&アイ・ホールディングスが時差通勤制度を導入する。評価すべき取り組みだが、一方で、一律の時間枠で社員を拘束する点においては、何も変わっていないと解釈することもできる。同社の取り組みが現実的なものであるが故に、多様な働き方を実現することの難しさが浮き彫りになっている。(2018/3/1)

PR:あなたの会社の働き方を「データ化」 NECも進める働き方改革とは
「働き方改革」を進めたいと思いながらも、なかなか前に進めずにいる企業は多い。NECが提供するクラウド型の「働き方見える化サービス」は、自社で行った実証実験で得られた知見を基に進化を続けているという。(2018/3/1)

ITmedia エンタープライズ セキュリティセミナーレポート【大阪編2】:
偽装ウイルスからPCを守るには――ハッカーが用いる「4種の偽装」
編集部が2017年12月に大阪で開催した「ITmedia エンタープライズ セキュリティセミナー」のレポート。後編はコネクトワンの偽装ウイルスの防御、FFRIとTISのエンドポイントセキュリティを紹介する。(2018/2/28)

PR:ビジネスで「顔認証」の新トレンド、背景は今どきの”PC”と”働き方”
さまざまなセキュリティ対策の中でも基本中の基本が「ユーザー認証」だ。クラウドサービスの利用に伴い、ユーザー認証の機会が増える一方、サイバー攻撃によるアカウント漏えいなど「パスワード認証」の限界があらわとなった今、何をすべきだろうか。ソリトンシステムズは、働き方改革やテレワークの広がりといった環境の変化に応じて、使いやすく、なりすましが難しい「顔認証」を作り上げた。(2018/2/28)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。