ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

在宅勤務 に関する記事 在宅勤務 に関する質問

「在宅勤務」最新記事一覧

カフェで味わう最新のPCとタブレット:
期間限定オープン 「Dell Cafe 〜次世代ワークスタイル〜」ってどんなとこ?
カフェにノートPCやタブレットを持ち込んで作業するワークスタイルは、もはや定着したと言える。そんなオフィスにとらわれない新しい働き方を提案するデルのカフェ「Dell Cafe 〜次世代ワークスタイル〜」が虎ノ門に期間限定でオープンした。(2015/4/14)

丸の内本社移転をきっかけに改革:
ダーツで席決め 好業績のカルビー、成長の源はオフィスにあった!
2009年に経営体制を大きく刷新したカルビー。それが功を奏し業績を伸ばし続けている。松本会長の号令の下、さまざまな経営改革に取り組んできた。その1つが本社移転をきっかけに推進したオフィス戦略だ。(2015/4/14)

田中淳子の“言葉のチカラ”(17):
ぼく、そんなこと言った?
人材育成歴30年の田中淳子さんが、職業人生の節目節目で先輩たちから頂いてきた言葉たち。今回は淳子さんの職業選択に大きな影響を与えた言葉を紹介する。(2015/4/13)

渋滞消滅? 有料道路が増える?:
IoTが交通・運輸ビジネスを一変させる理由
人の暮らしやビジネスを一変させる可能性を持つ「Internet of Things(モノのインターネット)」。最近は交通や運輸分野での実証実験が盛んに行われている。ITによる交通マネジメントが必要とされる背景や、IoT化が進んだ未来の交通システムについて、オラクルで輸送業界担当を担当するラルフ・メンザーノ氏に聞いた。(2015/4/8)

イマドキのオフィス電話事情を考える:
PR:あなたの会社は、スマートフォン+固定電話を有効活用していますか?
社員の机と同じ数だけ固定電話を置いておけばよかったのは昔の話。固定電話、外勤社員用の携帯電話、社員の持ち込みスマホ……さまざまな端末が混在するオフィスで、社員の働き方に合わせて会社の電話を最適化するにはどうしたら?(2015/4/1)

隣の席にいるような臨場感をLyncのWeb会議で ダンクソフト、テレワーク成功の秘けつ
人手不足でテレワークの導入を検討する企業が増える中、最大のハードルといわれるのが“コミュニケーション”の問題だ。この課題を高価な機材を使うことなく、工夫と知恵で乗り越えたのがダンクソフト。手を伸ばせば届くような臨場感を、どうやって実現したのか。(2015/3/24)

「都心の植物工場」と社員に優しいオフィス パソナが採用した「社内無線LAN化」の考え方
人材サービス大手のパソナなどを展開するパソナグループは、緑化した職場環境を整えた本社「アーバンファーム」をはじめ、社員のライフスタイルに合わせた働き方/ダイバーシティの取り組みを積極推進することで知られる。この一環として導入した「全社無線LAN化」の考え方とは。(2015/3/23)

「働き方の革新は、もう“マスト”」それならば?:
「IBM Verse」は、オフィスワーカーの“何”を変えるのか
日本IBMが企業担当者を対象としたセミナー「IBM Verse Day」を開催。「ユーザーを理解するメール」とうたう新たなメールソリューションは、企業のどんな課題を解決し、何を変えるのか。(2015/3/18)

BYODなスマホからセキュアに社内システムに接続させる方法――戸田建設の場合
BCP対策としてGoogle Appsを導入していたものの、フィーチャーフォンによる外内線一体化の検討により貸与スマホを終了することになった戸田建設。BYODによるセキュアなアクセス環境をどのように構築したのか?(2015/3/9)

エンタープライズ・ソーシャルが働き方を変える:
なぜ「メールじゃもう、ダメ」なのか――企業向けSNSが注目されるワケ
「メールよりLINEやFacebookでしょ」――個人間ではすでに浸透しているこうした流れが、企業にも押し寄せている。なぜ今、企業向けSNSが注目されているのか、その背景に迫った。(2015/3/9)

新しいコミュニケーション環境で、スタイリッシュな働き方を:
PR:あなたはまだ会社で仕事をするのですか?
会社に出勤して仕事をするのが当然。あたかも常識のようだった考え方が過去のものになりつつあるのだ。では、そのようなワークスタイルを実現するために必要なこととは何だろうか。(2015/2/27)

非効率な働き方は利益を生まない:
PR:ビジネス成長の鍵を握るのは「人」中心のコミュニケーション
会議室に全員集まらないとミーティングできない、仕事用の電話は座席に固定された電話のみ……。今までのような「オフィス・場所」中心のワークスタイルは限界を迎えつつある。では、そこから企業はどう抜け出せばいいのだろうか?(2015/2/27)

ビジネスチームハック:
なぜ週に1日くらいは「中断ゼロの日」を作るべきなのか
「仕事に集中したいんだ!」と思っていても、私たちはさまざまな理由で仕事を中断させられます。なぜ会社は「会議なし、他人からのメッセージも一切受け取らない」という日を作れないのでしょうか?(2015/2/20)

ホワイトペーパー:
高品質なビデオ会議でコスト削減、業務効率化を図りワークスタイルを変革
ビデオ会議導入でコスト削減、業務効率化を図り、従来のワークスタイルを変えていくには、製品選定が重要だ。(2015/2/13)

1200万台のデバイスに影響
在宅ワーカーは要注意、家庭用ルータの脆弱性が企業のセキュリティを脅かす
家庭用ルータで「Misfortune Cookie」と呼ばれるセキュリティの脆弱性が広範囲に存在することが明らかになった。多くのデバイスが攻撃者によってコントロールされる可能性があるという。(2015/2/13)

モバイルワークを推進する佐賀県庁、iOSとWindows端末を統合管理
2014年10月に稼働した全職員を対象とするテレワークなどのデバイス管理には、複数OSに対応した仕組みが利用されている。(2015/2/10)

PR:“クラウド×スマートデバイス”の企業導入、うまくいかないのはなぜ?――現場のプロに聞いてみた
スマートデバイスとクラウドの普及は、中堅中小企業にとって“攻めのIT”に転じる大きなチャンス。しかし、導入や運用のフェーズで何らかの課題に直面し、十分な効果を得られていない企業もあるようだ。成功と失敗の分かれ目はいったいどこにあるのか?(2015/2/5)

撮影後にピント合わせも デル、3基のカメラで3D撮影できるタブレット「Venue 8 7000」国内発売
3基のメインカメラを搭載するAndroidタブレット「Dell Venue 8 7000」が国内発売。写真に3Dデータを埋め込み、撮影後でもピントを調整したり空間内の距離を測ったりできる。(2015/1/22)

「3つの落とし穴」から学ぶ
“危険なスマホ”払拭に「Webフィルタリング」が有効な理由
Webフィルタリングの保護対象はクライアントPCだけではない。周辺製品との連係で、企業利用が進むスマートデバイスのセキュリティ対策にも生かそうとする動きがある。その具体例を見ていこう。(2015/1/16)

在宅も“複業”もOKな正社員、あります――“人材不足時代の求人”に新たな波
“9時から5時”に縛られない働き方を提案することで優秀な働き手を確保する――。人材不足が叫ばれる中、こんなアプローチをする企業が徐々に増えている。こうした流れは企業が抱える課題をどこまで解決できるのか。(2015/1/15)

PR:ワークスタイル変革とセキュリティを両立する秘訣は? 先進企業が成功した理由を探る
社会を取り巻く多様な環境が目まぐるしく変化する中、多くの企業が“働き方”の面からその変化に対応し、モバイル活用を通じた変革へ本腰を入れて取り組み始めた。しかしセキュリティなどの点で、その実現に向けた道のりがなかなか厳しいというのがIT部門側の意識だろう。ワークスタイル変革を成功に導く本当の道筋とはどのようなものか。(2014/12/25)

ディルバート(378):
“ファミリーデー”にサボる方法
会社に子供がやってくるイベント「子供訪問日」(ファミリーデー)。最近は実施する企業も増えましたね。しかしイベント当日は在宅勤務にしてほしいとボスに頼むウォーリー。その理由は……?(2014/12/18)

ホワイトペーパー:
既存PCを生かしたBCP/情報漏えい対策 「USBシンクライアント」という選択
在宅勤務をはじめとする多様なワークスタイルを実践するに当たり、セキュアなサーバアクセス環境構築はIT部門にとって必須だ。しかし、リモートデスクトップやシンクライアントではコストが高くつく。既存PCを生かした「USBシンクライアント」が1つの解となる。(2014/12/12)

PR:既存のシステムを活用して実現する真のワークスタイル変革 その方法とは?
スマートフォンやタブレットを利用して、いつでもどこでも仕事ができるワークスタイルが注目を集める。しかし実際に導入するとなれば、既存システムを改修すべきか、新規システムを構築するかなど、様々な課題を伴うだろう。本記事では既存のシステム環境を生かして手間なくモバイル活用を実現するためのソリューションを紹介する。(2014/12/10)

企業ソーシャルが変える“環境”とは何なのか:
PR:「魅力的な人材を集める」ならば、魅力的なコラボレーション環境を用意せよ
これまで“あ・うん”の呼吸で成り立っていたことが、できなくなる。企業のモバイル化、クラウド化が進み、従業員のワークスタイルが「急激に変化」している。この「新しいワークスタイル」が、なぜ企業にとって重要な意味を持つのか。そして、それを支える企業コラボレーション手段には「どんな要素が必要」なのだろうか。識者二人の対談から「今とこれから」を洗い出し、一緒に考えていこう。(2014/12/8)

場所や時間に縛られない ANAが目指す“働き方”の次のステージ
空港、整備場、オフィス、取引先と、動き回ることが多い航空業界。現場では、そのたびに中断してしまう仕事を、いつでもどこでもすぐ再開できる作業環境が求められていた。そんな現場を変えたのは、どんな取り組みだったのか。(2014/12/2)

最新事例に学ぶHTML5ベースのモバイル化実現方法とは:
PR:業務システムのモバイル対応と既存資産活用、両者を1ソリューションで満たす道
日本ネクサウェブは、2014年4月に行った国内での企業統合後では初めてとなる本格的なセミナーを、11月11日に開催した。東京・市ヶ谷での「日本ネクサウェブ・グランドセミナー2014」がそれである。テーマは「『モバイル対応しろ』と『MOTTAINAI』に同時に応えるには〜最新事例に学ぶHTML5ベースのモバイル化実現方法」。多様なモバイルデバイスの登場で複雑化する企業情報システムの開発運用現場に向けて、同社製品を活用した処方箋を説いた。(2014/11/28)

Office 365相談センターにも注目:
PR:待望の「Office for iPad」が日本上陸! 「Office 365」を契約して“プレミアム機能”も入手しよう
ついに日本での提供が始まった「Office for iPad」。無料版でも基本的な機能は使えるが、ビジネスで本格的に活用するならば、「Office 365」の契約による有料機能が必須だ。Office for iPad+Office 365でより快適なモバイルワーク環境を手に入れよう。(2014/11/19)

パートナー28社と「テレワーク&モバイルワーク推進期間」開始:
日本マイクロソフト、中小企業のOffice 365/タブレット導入を支援――2015年6月にクラウドサービス浸透「前年比300%」を目指す
米中に比べて普及が遅れているという日本のテレワーク。日本マイクロソフトとパートナー28社は、Office 365とタブレットの拡販施策により、中堅中小企業のテレワーク普及を図る。(2014/11/5)

テレワーク関連市場が成長ーーIDC
IDCの調査によると、2013年の国内テレワーク関連ソフトウェア市場規模は、前年比6.0%増の1828億円になると分かった。(2014/11/4)

普通の開発者のためのリーンスタートアップ手順書(5):
実録! チーム開発が捗り過ぎるSlack+GitHub+Trelloの使い方
スタートアップではいかにお金を使わずにプロダクトを開発するかは成功につながる大きなポイントとなる。コストを掛けずにプロダクトを作っていく上で、導入すべきツールをどのように使うかを数回に分けて紹介。今回は、開発プロジェクト向けチャットツール「Slack」の特徴を解説しプロジェクト管理ツール「Trello」や「GitHub」と組み合わせた活用事例を紹介する。(2014/10/29)

Windowsのデスクトップ環境、そのまま安価なGoogle PCで――Citrixと強力タッグ
デスクトップ環境の仮想化により、新しい働き方を提案するシトリックスが、Google PCことChromebookに最適化した「Citrix Receiver for Chrome」の提供を開始。低価格な端末と使いやすくなったリモートアプリが強力なタッグを組んだ。(2014/10/23)

「Windows Embedded」を企業で使い倒す:
知ってますか? 便利な「Windows Embedded 8.1」の使い道
「Windows Embedded」をご存知だろうか。「Windowsの組み込み版?」と考えている人が大半だろう。本連載では、知られざる「Windows Embeddedの企業内活用法」を紹介していく。初回となる今回は、特に有効なロックダウン機能を紹介する。(2014/10/21)

NTT Communications Forum 2014 Report:
世界中を駆け巡る効率的な働き方とは? ワークスタイル変革に取り組む伊藤忠商事
2010年春からワークスタイル変革を推進している伊藤忠商事。制度面の整備と併せてその実現を後押ししているのが、新たに構築したクラウドのICT基盤だ。効率的な働き方を可能にする仕組みづくりを同社が語った。(2014/10/10)

Weekly Access Top10:
聞きなれない音で目覚める台風の朝
緊急地震速報の音を思い出してびくっとします。(2014/10/6)

シスコ戦略発表会:
「テレワーク」に「IoE」、生活とビジネスを大きく変える“次の”ITトレンド
ITによって私たちの生活は大きく変わってきたが、これから先はどうなるのか。コンピュータネットワーク機器で世界最大の企業、シスコが2015年の戦略を発表した。テレワークやIoEなど、社会に大きな影響を与えるIT業界のトレンドを紹介しよう。(2014/10/2)

佐賀県庁、テレワークシステムを全庁展開
佐賀県庁では行政サービスの向上と職員のワークライフバランス向上を目的に、全職員約4000人を対象としたテレワークシステムを構築した。(2014/10/1)

導入事例:
TKC、2300人以上のワークスタイル変革を目指した協働システムを構築
全社員が時間と場所を選ばず、社員同士や取引先との業務を遂行しやすくするコラボレーションシステムを構築した。(2014/9/22)

導入事例:
佐賀県、県民サービスを守る標的型サイバー攻撃対策を構築
県民のためのICTサービス基盤に大企業などで採用実績のあるファイア・アイの対策システムを採用した。(2014/9/18)

「どこでもVFX作成」が実現
GPU+DaaSで仮想デスクトップが映像製作業界に進出
英国の映像製作会社がGPUとDaaSを組み合わせた映像製作インフラを構築。不向きとされていたグラフィックス分野での仮想デスクトップ活用が始まった。(2014/9/18)

最大150万の助成金が出る今がチャンス:
PR:「テレワーク」の実現に「テレビ会議システム」が最適な3つの理由
自宅で育児や介護をしながら働ける職場環境を社員に提供する手段として注目を集めている「テレワーク」。この導入の成功に一役買ってくれるのがテレビ会議システムだ。国から最大150万円の助成金が出る今が導入のチャンス。テレビ会議システムがもたらすさまざまなビジネス面のメリットを紹介しよう。(2014/8/21)

医療現場にもクラウド:
膨大データ処理に苦心する放射線科医を救ったGoogle Cloud
CTおよびMRI検査画像の遠隔診断サービスを提供するエムネスが取り組んだクラウド基盤活用。その背景には日本の放射線科医が抱える課題があった。(2014/8/20)

5分で絶対に分かるデスクトップ仮想化/VDI入門
デスクトップ仮想化の概要と、デスクトップ仮想化が登場する以前のシンクライアントとの違い、構成要素、3つの特徴、ユーザー/システム管理者/経営者の視点で見るメリット/デメリット、今後について解説する。(2014/8/19)

情シスと社員が答えたスマホ活用とセキュリティの懸念
日本スマートフォンセキュリティ協会が実施した企業での利用実態調査から、スマートフォンの利活用が進んでいる状況とセキュリティへの懸念が高まっている様子が浮き彫りになった。(2014/8/13)

テレワークの今:
離職率25%超で困った! サイボウズを変えたワークスタイル変革
バリバリ働きたい人には裁量労働制、家庭を大事にしたい人には短縮勤務制、育児や介護をしながら働く人にはテレワークを。従業員はライフステージに合わせた働き方を選べるべきだ。(2014/8/12)

制度と社風、どちらも必要:
「デル」の女性は9割以上が産休後に復帰――復帰支える“お互い様”の精神
女性の社会進出が遅れていると言われる日本で、出産後の女性の職場復帰率が「9割以上」という企業がある。女性が働き続けられる環境を作る秘けつは何か。今年でマネジメント職8年目となるデルの女性社員に聞いた。(2014/8/8)

テレワークの今:
在宅勤務は女性のためだけではない――マネージャー層の3人に1人が介護離職する時代
政府は、2020年までにテレワーク導入企業を3倍にする方針を打ち出し、そのための助成金も交付している。テレワークを重視するその背景には何があるのか?(2014/7/23)

PR:今なお残る、隠れXPパソコンが企業を破滅に追い込む?――ユーザー調査が明らかにしたビジネスパソコンの真の実態と今後
早いもので、Windows XPのサポートが終了してからおよそ3カ月が経過した。サポートが切れたOSでのパソコンを使い続けるリスクは、企業の命運を左右しかねない範囲に及ぶだけに、多くの企業は新しいビジネスパソコンに入れ替えたり、OSを移行するなどの対策を講じたと思われていた。だが、そんな予想を覆す、衝撃的な事実が明らかになった。日経BPイノベーションICT研究所の所長、桔梗原富夫氏に詳しく聞いた。(2014/7/10)

電気自動車:
シムドライブがEVで「パイクスピーク」総合優勝目指す、参加企業と技術者を募集
電気自動車(EV)ベンチャーのシムドライブは、米国コロラド州で毎年6月に開催されている自動車レース「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム(パイクスピーク)」において、EVレースカーで内燃機関車を抑えて総合優勝することを目的としたプロジェクトを発足。同プロジェクトへの参加企業と技術者の募集も開始した。(2014/7/8)

マイクロソフトが福岡で「Discover」イベント:
リーダーが備えるべき5つのこと 元プロ野球選手・仁志敏久氏
日本マイクロソフトが全国で展開する中堅・中小企業向けセミナーイベントが先月末に福岡で開催。基調講演に仁志敏久氏が登壇し、リーダーシップ論を語った。(2014/6/2)



普及の途上にあるウェアラブルデバイスの本命と見られるAppleのスマートウォッチ。ウェアラブルデバイスはどの製品も、明確かつ魅力的な用途を提案できていない感があるが、この製品をきっかけに市場が確立すると見る識者も多い。

Windows 10と同じく今年下半期にリリースが予定される次世代Office。Microsoftの主力製品としてWindows同様に常にユーザーの厳しい目にさらされており、その製品の出来が世界中の企業の生産性に影響するお化け製品だ。

大ヒットした艦これの要素を踏襲するように、日本刀を擬人化したブラウザゲーム。男性キャラばかりなので女性プレイヤーばかりかと思えばそうでもない。艦これの「提督」に対し、プレイヤーは「審神者(さにわ)」と呼ばれ、今やネット上では提督同様に目立っている。