ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「稼ぐ人の仕事術」最新記事一覧

稼ぐ人の仕事術:
ノマドと書いて「奴隷」と読む――その現実を知っていますか?
最近では、カフェでPCを開いて仕事をしている人をよく見かけます。「ノマド」と呼ばれる人たちで、主にフリーランスで働いている人のことを指します。場所や時間にとらわれないのは魅力的に映りますが、あなたはその現実を知っていますか?(2013/11/27)

稼ぐ人の仕事術:
「起業はリスクが高い」は勘違い――安定ビジネスこそ実はリスキー
「起業したい」と言っても、実際に行動に移す人は少ないです。それは「起業はリスクが高い」と勘違いしているからです。実は、起業よりもよっぽどリスクの高い働き方があるのです。(2013/11/20)

稼ぐ人の仕事術:
誰でも才能があるのではない――成長した人が目立っているだけ
最近では、仕事でスマホを使う人は少なくありません。本屋にはスマホを使った仕事術の本がズラリと並んでいます。ここで聞きたいのは、それでどれだけの成果が出て、時間の短縮ができているかということです。成果に直結しているのか、かなり疑問です。(2013/11/13)

稼ぐ人の仕事術:
「スマホを使いこなせ」という常識
最近では、仕事でスマホを使う人は少なくありません。本屋にはスマホを使った仕事術の本がズラリと並んでいます。ここで聞きたいのは、それでどれだけの成果が出て、時間の短縮ができているかということです。成果に直結しているのか――、かなり疑問です。(2013/11/6)

稼ぐ人の仕事術:
「朝活」そのものが目的になっていませんか?
一時期、朝活がブームになりました。朝早く起きて資格の勉強をしたり、朝食会などで人脈を広げようというのが趣旨のようです。しかし、全ての人に朝活がオススメかと言うと、実はそうではないのです。(2013/10/30)

稼ぐ人の仕事術:
新聞なんて、捨てられる情報ばかり
社会人になると「新聞を読め」なんてよく言われます。しかし、新聞に掲載されるのは、大半がネガティブなもの。百害あって一利無しです。そしてそのほとんどは、読み捨てられる情報ばかりだということに気付くべきです。本当に大事な情報なら、新聞なんて読まずとも絶対に他のところから耳に入ってくるからです。(2013/10/23)

稼ぐ人の仕事術:
何のために英語を勉強しているの?
「これからは英語の時代だ」なんて、よく聞きます。ただ、ありとあらゆる教材を手にしても、勉強する「目標」がなければ、残念ながら挫折する確率は高いです。コミュニケーションにおいては、英語が話せるかどうかということよりも、相手に論理的に伝えられるか、スピーディに判断できるかどうかのほうが重要なのです。(2013/10/16)

稼ぐ人の仕事術:
勉強家が成果を出せない理由
「ビジネスパーソンは勉強を欠かすな」というのはよく聞きます。確かに勉強は必要ですが、「いつか役に立つだろう」というものを勉強しても成果は出ません。成果を出すためには「今、やらないといけないもの」を学ぶ必要があるのです。(2013/10/9)

稼ぐ人の仕事術:
完璧じゃなくていい――40点主義のススメ
頭がよくて要領も悪くないのに仕事ができない、成果が出ない……。その場合、原因は完璧主義にあるのかもしれません。「完璧な仕事をする」という常識は捨てましょう。上司や顧客に書類を出すときも、まずは40点ぐらいで出してみて、そこから調整していくのが“デキる人”なのです。(2013/10/2)

稼ぐ人の仕事術:
「常識」こそが成功の足かせ
「お客を大切にしろ」「人脈を広げろ」「時代のいく先を読め」「メールは即レスしろ」こんなことをしていても成果は出ない! トップ4%が実践する最短で成果を生む方法を教えます。(2013/9/25)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。