ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「WowWee」最新記事一覧

関連キーワード

子犬のようにちょこまか動くロボット犬「Meet CHiP」の秘密
9月末に発売予定のかわいらしいロボット犬「Meet CHiP」が+Styleで予約を受け付けている。ユニークな動きが特徴的なこの子犬には、なかなか興味深い秘密があった。(2016/8/24)

ものづくり支援プラットフォーム「+Style」に犬型ロボットや宙に浮くスピーカーなど10製品を追加
ソフトバンクは6月27日、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)商品のものづくりを支援するプラットフォーム「+Style」(プラススタイル)に、新たに10製品を追加した。7月末までに順次プロジェクトを掲載する。その内、発表会で登場した9製品を以下で紹介する。(2016/6/27)

2輪で自立、犬型──エンタメロボ「OMNIBOT」、タカラトミーがシリーズ展開
タカラトミーがエンタメロボ「OMNIBOT」シリーズを発表。まず2輪ロボット「Hello!MiP」と犬型ロボット「Hello!Zoomer」を発売する。(2014/4/7)

スマホで遊ぶ“スマートトイ”、ソフトバンクBBが16アイテムを一挙発売
ソフトバンクBBが、スマートフォンやタブレットと連携する“スマートトイ”の販売を開始する。5つの海外ブランドから9種類16アイテムを導入する計画だ。(2013/11/7)

海外モバイルニュースピックアップ:
スマホ連動おもちゃ、続々
海外のモバイル系ニュースを短信でお伝えします。今日のトピックは、スマホ連動おもちゃ、iPhoneを武器化するケース、Samsung Mobileのティーザー広告、iPadを一眼レフにするケースなど。(2012/4/24)

カラオケが10倍楽しい!?:
5種類のエフェクト効果が楽しめるエンタメカラオケマイク「PaperJamz Pro Mic」
5種類のエフェクト機能を搭載した、マイク付きボイスチェンジャーが登場。エフェクト効果の組み合わせや音楽ファイルのメモリー再生など多彩な機能が楽しめる。(2012/2/10)

仕事耕具:
重さ172グラム、iPhone用手のひらプロジェクタ
手のひらサイズのDLPプロジェクタ「CINEMIN Swivel ピコプロジェクター」には、iPhone/iPod touch用AVケーブルが付属する。(2010/3/2)

2009 International CES:
顔芸ロボ(?)に3Dテレビ、今年も盛りだくさんの「CES Unveiled」
「2009 International CES」の開幕前々日となる1月6日、恒例の「CES Unveiled」が開催された。(2009/1/7)

お待ちかね:
「エマ」のキスシーンを激写してきました
“キスしてくれる女性型ロボット”としてネットで話題になっているセガトイズの「エマ(E.M.A.)」。実は、エマのキスアクションには4つの種類があり、ユーザーの要求とバッテリーが続く限り、キスし続けてくれることも分かった。(2008/6/18)

キスしてくれる女性型ロボット「エマ」、セガトイズから
セガトイズは、自律型ヒューマノイド「エマ(E.M.A)」を9月26日に発売する。女性的なフォルムを持ち、女性らしいしなやかな仕草が特徴だ。(2008/6/12)

Disney、プログラム可能なおもちゃのロボット発売へ
Disneyが、動作パターンをリモコンで簡単にプログラムできるトイロボットを発売する。(2008/5/1)

2008 International CES:
WowWeeの“お馬鹿ロボット”大集合
高度なテクノロジーを持ちながら、すべてジョークとユーモアにつぎ込む米国のロボット玩具メーカー、WowWee。同社ブースは年内に発売する予定のヘンテコなロボットで一杯だ。(2008/1/10)

2008 International CES:
今年もお祭り騒ぎ――恒例「CES Unveiled」で見つけた注目の製品
CES恒例の“前前夜祭”「CES Unveiled」が米国時間の1月5日に行われた。CES Unveiledは、CESで注目される新製品を集め、一足先に報道陣に公開するイベントだ。展示品の中からユニークなものを紹介しよう。(2008/1/6)

メカトンボ襲来
これは、ラジコンのトンボを追いかけ、仕事から逃避した男たちの、真実の物語である。(2007/6/27)

“The Toy Show”でゴスリング氏が狙ったもの
ジェームズ・ゴスリング氏はJavaOne最終日で“The Toy Show”と題した講演を行った。この中では、数々のガジェットを紹介したが、例年とは異なる雰囲気となった。その理由は何か?(2007/5/16)

腹がへると攻撃的になる恐竜ロボ、「ロボザウルスNEO」
日本トイザらスは、恐竜型トイロボット「ロボザウルスNEO」を9月15日に発売する。AI(人工知能)と各種センサーを搭載し、周囲の音や動きを感知してさまざまな反応を示す。(2006/9/5)

東京おもちゃショー2006:
サルがいる生活、2万9400円
タカラトミーブースでは、スーツと革靴を身につけた猿が重役椅子にふんぞり返っていた。しかもこの猿、とても表情豊か。怒ったり、怖がったり、喜んだり……。(2006/7/13)

“おなら”するロボット犬、「ロボパピィ」
日本トイザらスは、AI(人工知能)を搭載した犬型ロボット「ロボパピィ」を7月13日に発売する。昨年10月に登場した恐竜型ロボット「ロボザウルス TR441J」に続くトイロボット第2弾。価格は6999円。(2006/6/13)

Segway技術のライセンス提供開始
Segwayはハイテクスクーターの中核技術のライセンス提供を開始する。既にコンシューマー向けロボットのWowWeeへの提供が決まっている。(2005/10/8)

“金色”に輝くロボサピエン〜台数限定
PDAショップ「Vis-a-Vis」(ビザビ)を運営するミヤビックスは、リモコンロボット「Robosapien」(ロボサピエン)の“ゴールドバージョン”を発売した。価格は1万5750円。(2004/12/16)

ビザビ、低価格トイロボット「Robosapien」を発売
PDAショップ「Vis-a-Vis」(ビザビ)を運営するミヤビックスは、米Wow Weeのリモコンロボット「Robosapien」(ロボサピエン)の取り扱いを開始した。価格は1万5000円。(2004/6/30)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。