ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「WX320KR」最新記事一覧

関連キーワード

京セラ、「WX320K」「WX320KR」の最新ソフトウェアを公開
京セラは、ウィルコム端末「WX320K」と「WX320KR」の最新ソフトウェアを公開した。ソフトウェア更新により、両機種とも動作の安定性が向上する(2008/11/20)

京セラ、「WX320K」「WX320KR」用アップデータ公開
京セラが「WX320K」「WX320KR」用アップデータを公開した。ホームアンテナとの接続性を向上するほか、位置情報通知機能の精度が向上する。(2007/11/20)

ウィルコム、「スペシャルオリンピックス」選手団にPHSを無償提供
ウィルコムは、「2007年スペシャルオリンピックス夏季世界大会・上海」に参加する日本選手団と関係者に、100台の「WX320KR」を無償提供する。(2007/9/26)

ウィルコム、WX320KRの“グレー”を9月28日に発売
ウィルコムは、京セラ製PHS端末「WX320KR」のグレーを9月28日に発売すると発表した。ほかのカラーバリエーションであるホワイトとミントは、9月5日に発売されている。(2007/9/26)

ウィルコム、京セラ端末「WX320KR」の販売を再開
ウィルコムは9月21日から、京セラ製の音声端末「WX320KR」の販売を再開した。9月14日に判明した不具合は修正済み。(2007/9/21)

ウィルコム、「WX320KR」「WX320K」の修正ソフトを公開──販売も近日中に再開
ウィルコムは9月19日、「WX320KR」「WX320K」のパケット通信が不安定になる事象を解消した修正ソフトを公開した。WX320KRの販売再開は近日中にWebサイトで案内するという。(2007/9/19)

パケット通信に不具合――「WX320KR」販売停止、「WX320K」用アップデータは公開停止
ウィルコムは、パケット通信が不安定になる不具合があるとして、京セラ製端末「WX320KR」の販売を一時停止し、兄弟機「WX320K」用アップデータの公開を停止した。(2007/9/15)

ウィルコム、音声端末向け「高速化サービス」の提供を開始
ウィルコムは9月11日、通信の体感速度を向上させる「高速化サービス」の音声端末向けの提供を開始した。対象端末はWX320K、WX320KR、WX321Jの3機種で、月額315円で利用できる。(2007/9/11)

写真で解説する「WX320KR」
京セラ製W-OAM対応端末「WX320KR」は、「WX320K」のデザインを変えた兄弟機。女性を意識したラウンドフォルムで、コンテンツダイレクトアクセスや閉じるロックに対応するなど、細かい使い勝手を改善した。(2007/9/5)

ウィルコム、音声端末「WX320KR」を発表──9月5日発売
ウィルコムは京セラ製の音声端末「WX320KR」を発売する。WX320Kと基本機能はほぼ同一ながら、握りやすいラウンドフォルムボディや大きく押しやすいダイヤルキーなどを採用し、より広いユーザー層を想定。9月の敬老の日需要なども見込む。発売は9月5日から。(2007/8/27)

ウィルコム、音声端末向け「高速化サービス」を拡張──体感速度、最大400%高速に
ウィルコムは、通信の体感速度を向上させる「高速化サービス」を9月中をめどに拡張。最大400%、体感速度の向上が望める。対象端末はWX320K、WX320KR、WX321Jの3機種。月額315円。(2007/8/27)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。