ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「WX330K」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「WX330K」に関する情報が集まったページです。

PHS&データ通信端末販売ランキング(10月6日〜10月12日):
「安価」のキーワードで浮上する機種もあるが、停滞傾向は変わらず
ウィルコム端末は今までと変わらず「HONEY BEE」と「WX330K」、データ通信端末はイー・モバイル端末が上位を占める状況は変わらない。ただ値下げ効果かTOP10圏内に復活する機種も存在し、ランキングの下位にいくつかの変動は見られる。(2008/10/17)

PHS&データ通信端末販売ランキング(9月8日〜9月14日):
新機種「D12LC」、初登場6位に──機種数増え、激しさ増すデータ通信端末争い
ウィルコム端末は大きな変動がなく、HONEY BEEとWX330K、WILLCOM 03が人気。一方、データ通信端末はD02HW、D11LC、D03HWとイー・モバイル端末が上位を占める状況は変わらないが、新機種の登場でやや大きく順位が変動した。(2008/9/19)

PHS&データ通信端末販売ランキング(8月25日〜8月31日):
WILLCOM 03が3位に浮上、なぜかWX220Jも急上昇
ウィルコム端末とデータ通信端末の人気傾向は、前回と大きく変わらない。ウィルコムはHONEY BEEとWX330K、データ通信端末はイー・モバイルの7.2Mbps通信対応端末が上位を占めている。(2008/9/5)

PHS&データ通信端末販売ランキング(8月11日〜8月17日):
ウィルコム、データ通信端末ともに売れ筋は変化なし──HONEY BEEとD02HWが連続首位
ウィルコム端末はHONEY BEEとWX330K、データ通信端末はD02HW、D03HWなどのイー・モバイル端末の人気が高い。新機種の登場がないため、人気の傾向も大きく変わらない状況が続いている。(2008/8/22)

「WX330K」新色“シルバーメタリック”登場――管理者ロック機能を搭載
ウィルコムは京セラ製「WX330K」の新色モデル“シルバーメタリック”を8月27日に発売する。電話の発着信やメール送受信、カメラ撮影など18項目の利用制限がかけられる管理者ロック機能を新たに搭載した。(2008/8/20)

「WX330K」の最新ソフト公開――発信先限定機能の設定が柔軟に
京セラがウィルコム端末「WX330K」の最新ソフトを公開した。発信先限定機能の番号登録が柔軟に行えるようになったほか、動作の安定性向上も図られている。(2008/7/31)

2007年度 年間携帯・PHS販売ランキング:
2007年度、最も売れた端末は?──ウィルコム・データ通信端末編
Advanced/W-ZERO3[es]、WX320K、HONEY BEE、WX330K、WX330Tなど音声端末がかなり充実したウィルコム、「高速・定額」のPCデータ通信をかなり身近にさせたイー・モバイルのデータ通信端末。この中で2007年度に最も人気だった機種は何だろうか。(2008/5/2)

PHS&データ通信端末販売ランキング(4月14日〜4月20日):
7.2Mbps通信対応の「D02HW」好調、定額+高速のニーズ変わらず高め
ウィルコム端末の人気3機種はHONEY BEE、WX330K、9(nine)+で変化なし。データ通信端末はイー・モバイル端末が変わらず好調の様子だ。(2008/4/25)

「WX330K」の更新ソフトウェア公開
京セラはウィルコム「WX330K」用更新ソフトウェアを公開した。主な更新内容は「Eメールがメールサーバにあることを知らせる“センターにEメールあり”ピクトを表示する機能を追加」。(2008/4/22)

PHS&データ通信端末販売ランキング(4月7日〜4月13日):
データ通信端末の“ビジネスユーザー”需要、本格化
ウィルコム端末は「HONEY BEE」「WX330K」が変わらず人気、データ通信端末は、ビジネスユーザーの需要が高まっているためか、かなり順位の変動があった。その中で人気の端末は何だろうか。(2008/4/18)

開発陣に聞く「HONEY BEE」と「WX330K」:
元気な“ミツバチ”と大人な“5代目京ぽん”――「HONEY BEE」「WX330K」に見る京セラの新デザイン戦略(後編)
ウィルコムの京セラ製PHS「HONEY BEE」と「WX330K」。開発陣インタビューの後編では、凝りに凝ったHONEY BEE用コンテンツや、ベースとなったWX330Kの開発経緯、デザインコンセプトを聞いた。(2008/4/17)

開発陣に聞く「HONEY BEE」と「WX330K」:
元気な“ミツバチ”と大人な“5代目京ぽん”――HONEY BEEとWX330Kに見る京セラの新デザイン戦略(前編)
ウィルコムの春モデルとして発売された、“ミツバチ”キャラの「HONEY BEE」と、大人っぽい5代目“京ぽん”「WX330K」。方向性が異なる2つの端末から、同社の新しいデザイン戦略が垣間見える。(2008/4/16)

PHS&データ通信端末販売ランキング(3月24日〜3月30日):
新年度の“データ通信ニーズ”商戦はこれから本格化か
ウィルコム端末は「HONEY BEE」と「WX330K」の人気が変わらず高い。新生活向けの携帯春商戦は穏やかになったが、データ通信端末は4月に入り入社や異動などによるニーズが高まる時期に入る。その中で売れている機種は何だろうか。(2008/4/4)

PHS&データ通信端末販売ランキング(3月10日〜3月16日):
新機種投入をほぼ終え、ランキングは穏やかに
春の音声新機種の発売を終えたウィルコムはHONEY BEEとWX330Kが人気、データ通信端末はW05K、D02NE、AX520Nの3機種が変わらず上位を占め、順位の変動はかなり穏やかになってきた。(2008/3/21)

PHS&データ通信端末販売ランキング(3月3日〜3月9日):
速い、安い、定額──データ通信端末の新規ユーザー獲得争い、熾烈に
ウィルコムの音声端末は新機種「WX330K」と「HONEY BEE」の争い、データ通信端末は、イー・モバイルとウィルコムの新規ユーザー獲得合戦が熾烈だ。この状況下で最も売れている端末は何だろうか。(2008/3/14)

PHS&データ通信端末販売ランキング(2月25日〜3月2日):
「WX330K」、発売前にいきなりランクイン──人気必至の予感
ウィルコムの新機種が発売早々上位に入り、なかなか好調の様子。中でも新機種の本命と目される「WX330K」が発売前にランクインし、今後の躍進を大いに期待させる動きを見せた。(2008/3/7)

ウィルコムの電子コミックサービス対応機種に「WX330K」など京セラ製端末追加
(2008/2/28)

ウィルコムの「WX330K」、3月6日に発売
スリムボディの5代目京ぽん「WX330K」が、3月6日から店頭に並ぶ。価格はW-VALUE SELECT一括が3万6480円で、W-VALUE割引適用後の実質負担は9600円となる。(2008/2/28)

写真で解説する、「WX330K」
京セラ製の「WX330K」は、スリムなスクエアなボディのPHS端末。新たにW-OAMに対応するとともに、色やアニメでメールを装飾できるデコラティブメール機能を装備。赤外線通信やPC向けサイトの閲覧も可能なスタンダードモデルだ。(2008/1/21)

ウィルコム、HTML装飾メールに対応──「デコラティブメール」を2月開始
ウィルコムはHTML装飾メール「デコラティブメール」を2月下旬発売の新機種発売とともに開始する。新機種「HONEY BEE」と「WX330K」、そのほかAdvanced/W-ZERO3[es]の3機種で対応する。(2008/1/21)

デコメ対応の5代目京ぽん、歴代最薄のスリムデザイン――「WX330K」
厚さ15.6ミリのスリムな京セラ製PHS音声端末が「WX330K」。高速に通信できる赤外線通信規格IrSimpleや新サービス「デコラティブメール」に対応し、2.4インチのQVGA液晶や130万画素カメラを搭載する。(2008/1/21)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。