ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「W-ZERO3[es] Premium version」最新記事一覧

PHS&データ通信端末販売ランキング(12月17日〜12月23日):
auのデータ定額はどう?──「W05K」が初登場でランクイン
冬商戦でにぎわう携帯売り場と同じく、ウィルコム端末やデータ通信端末もまだ冷めてはいない。「年末まで実質0円」とキャンペーン価格で販売するAdvanced/W-ZERO3[es]やauのデータ定額対応通信カード端末はどのような結果になっただろうか。(2007/12/28)

PHS&データ通信端末販売ランキング(12月10日〜12月16日):
太っ腹! Advanced/W-ZERO3[es]が実質0円に
ウィルコム端末の販売ランキングは大きな動きがないものの、子ども向け端末にやや人気の兆しが見られる。データ通信端末はイー・モバイルとウィルコム端末が交互にランクインする結果になった。(2007/12/21)

PHS&データ通信端末販売ランキング(11月26日〜12月2日):
初代W-ZERO3がなぜか躍進
ウィルコムの販売ランキングは、意外な端末が大きく順位を上げ予想外の展開。データ通信端末は、イー・モバイル端末が好調を維持している。(2007/12/7)

PHS販売ランキング(7月9日〜7月15日):
新顔「Carrots」登場、“3強”に挑む
ウィルコムのランキングは、新機種「WX320T」や「Advanced/W-ZERO3[es]」の登場でさらに騒がしくなってきそうだ。今回初登場のWX320Tは何位に入ったか、前回予約販売のみでランクインしたAdvanced/W-ZERO3[es]はどうなるか。では、今回のランキングを早速チェックしていこう。(2007/7/20)

PHS販売ランキング(7月2日〜7月8日):
“あど”付き、フライング気味──でも許す
WX320K、9(nine)、nico.の3機種が現在のウィルコムの売れ筋。しかし、近日発売予定の6年ぶりの東芝製PHS「WX320T」や「Advanced/W-ZERO3[es]」が登場することでランキングはどう変化するだろうか。早速今回のランキングを見ていこう。(2007/7/13)

PHS販売ランキング(6月25日〜7月1日):
[es]がランクイン、“あど”が付かない方の
7月に入り、ウィルコムも注目の新機種を投入する。今回はその前夜という様相でランキングの変動はそれほどないと思われたが、予想外の端末がランクインしてきた。その端末とは──。(2007/7/6)

PHS販売ランキング(6月18日〜6月24日):
“どえす”と“どえむ”
Advanced/W-ZERO3[es]の店頭予約開始イベントに今回も100人を超える行列ができた。今後登場するウィルコムの新機種も“携帯夏商戦”を大いに賑やかしてくれるだろう。そんな注目モデルの登場を控えたランキングはどのような結果になったか、早速順位をチェックしていこう。(2007/6/29)

ウィルコム、「Advanced/W-ZERO3[es]」を7月19日に発売
ウィルコムは、Windows Mobile 6搭載のスマートフォン「Advanced/W-ZERO3[es]」を7月19日に発売する。また、ピクセラ製のワンセグチューナーを同梱した「ワンセグセット」を7月28日から販売開始する。(2007/6/21)

写真で解説する「Advanced/W-ZERO3[es]」
よりスリム、コンパクトになったウィルコムの新スマートフォン「Advanced/W-ZERO3[es]」。ボディは小型化したが、タッチパネルは大きくなりや、新インタフェースの搭載で操作性は向上した。(2007/6/8)

“創生主”ウィルコムが変革させる日本のスマートフォン市場
ウィルコムが発表した「Advanced/W-ZERO3[es]」について、同社社長の喜久川氏は「日本のスマートフォン市場を創生した我々の手で、さらなる変革をもたらせたい」と語った。(2007/6/7)

ウィルコム、端末の割賦販売を検討
ウィルコムの喜久川政樹社長は6月7日、同日発表した新スマートフォン「Advanced/W-ZERO3[es]」の機種変更時に限って、割賦販売制度を検討していることを明らかにした。(2007/6/7)

ウィルコム、Advanced/W-ZERO3[es]向けに「W+Info」「W+Book」「W+Video」を提供
ウィルコムは、シャープ製のWindows Mobile 6搭載端末Advanced/W-ZERO3[es]向けに「W+Info」「W+Book」「W+Video」を提供する。(2007/6/7)

ウィルコム、幅50ミリの[es]後継機「Advanced/W-ZERO3[es]」発表
ウィルコムが6月7日、かねてから予告していたとおり、W-ZERO3[es]の後継となるWindows Mobile 6搭載スマートフォン「Advanced/W-ZERO3[es]」を発表した。6月29日から予約販売を開始する。(2007/6/7)

W-ZERO3[es]も9(nine)もAmazonで──SIM STYLEジャケット販売開始
Amazon.co.jpとウィルコムは4月10日、オンライン販売での提携を発表した。Amazon.co.jpのエレクトロニクスストアで、W-SIM対応端末を販売する。(2007/4/10)

2006年 年間携帯販売ランキング:
2006年、最も売れた端末は? ウィルコム編
通話、データ通信を含めた“定額”プランが好評のウィルコム。2006年はW-ZERO3シリーズやW-SIM対応のシンプル端末なども投入した同社の端末で、最も人気を得た端末は何だっただろうか。(2007/2/22)

W-ZERO3シリーズ新規契約者50名に抽選でBluetoothカードとイヤフォンをプレゼント
ウィルコムは1月15日から、W-ZERO3シリーズを新規契約で購入した個人ユーザー50名に抽選でminiSD型のBluetoothカードとBluetoothステレオイヤフォンをプレゼントするキャンペーンを開始した。(2007/1/15)

PHS販売ランキング(11月27日〜12月3日):
“空気”が読めなかった、彼
[es]Premium versionでは残念ながら嵐が起きなかった販売ランキング。次は「9(nine)」に期待しようと思っていた矢先のできごと。(2006/12/8)

PHS販売ランキング(11月20日〜11月26日):
きょうの“にこ”
W-ZERO3[es] Premium versionでは嵐が起きなかったウィルコムの販売ランキング。次は「9(nine)」の登場を待つしかないのだろうか。(2006/12/1)

PHS販売ランキング(11月13日〜11月19日):
ぼ、ぼく、こどもぢゃないモン
16日発売のW-ZERO3[es] Premium versionはランキングに変動をもたらすか。いよいよいくつかの新モデルが登場してくるウィルコム端末、今回の販売ランキングはどのような結果となっただろうか。(2006/11/24)

PHS販売ランキング(11月6日〜11月12日):
ウィルコム喜久川社長の“PHS愛”
W-ZERO3[es] Premium version、9(nine)などのほか、最大800k〜1.6Mbpsの高速化計画も明かしたウィルコム。さて今回のランキングはどのような結果となっただろうか。(2006/11/17)

PHS販売ランキング(10月30日〜11月5日):
新[es]の型番、結構重要
ランキングに変化をもたらしてくれるであろう新端末の登場が望まれるウィルコム。11月16日、いよいよ新W-ZERO3[es]が登場する。(2006/11/10)

10月28日〜11月2日:
5分で分かる、今週のモバイル事情
ソフトバンクモバイルが、MNP受け付け停止で謝罪会見を行った今週。KDDIは「INFOBAR 2」のプロトタイプをお披露目した。ドコモは“デュアルOSケータイ”の仕様を策定したほか、ウィルコムはW-ZERO3[es]新バージョンや「nico.」抗菌モデルを発表している。(2006/11/2)

PHS販売ランキング(10月23日〜10月29日):
[es]、今買うかちょっと待つか
10月の「9(nine)」発表に続き、今週、3機種も端末を発表。ウィルコムがなんだか活気付いてきた。長らく変動がない販売ランキングもかき乱してくれるだろうか。(2006/11/2)

W-ZERO3[es]専用のワンセグチューナー、12月5日発売
W-ZERO3[es]発表時よりユーザーに望まれていた、専用ワンセグチューナーの発売日が決まった。(2006/11/1)

OCR名刺リーダー機能搭載──W-ZERO3[es]の新バージョン登場
W-ZERO3[es]の新バージョン「W-ZERO3[es] Premium version」が登場。基本スペックは同一ながら、新たに「名刺リーダー」機能や「ホームメニュー」インタフェースを標準で備える。(2006/11/1)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。