ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  X

「x86」最新記事一覧

関連キーワード

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:ネットワーク市場を激変させるNFV
特集は、ルーターやファイアウォールを仮想マシン化してx86サーバで稼働させるNFVの解説。ネットワーク機器は不要になる? 他に、IPv6のセキュリティリスクや銀行業界が直面しているハイテク対応の現状を紹介。また、紳士服ブランドCIOに聞くオムニチャネル戦略と人材登用論などをお届けする。(2016/7/11)

オラクルのハード事業、Sun買収後では過去最高に
x86サーバに代表されるハードウェア市場の縮小が進むが、サンマイクロシステムズ買収から5年が経過したオラクルのハードウェア事業にとっては、むしろチャンスだという。(2016/7/5)

「POWER9」搭載サーバを開発中:
GoogleがIBM「POWER」サーバに移行へ
Googleは、同社の大規模なデータセンターのサーバを、Intelのx86からIBMの「POWER」に移行すべく、準備を進めているという。ARMサーバへの移行も想定されているが、可能性としては低いようだ。(2016/4/12)

インテル Genuino 101:
ボタンサイズSoC「Curie」搭載のArduino互換開発ボード
インテルは、小型x86ベースSoC「Curie」を搭載した開発ボード「Genuino 101」を2016年3月24日より販売開始すると発表した。(2016/3/25)

Curie搭載のArduino開発ボード「Genuino 101」の国内販売が開始
インテルがボタンサイズの小型x86ベースSoC「Curie」を搭載した、Arduino開発ボード「Genuino 101」を日本国内でも販売開始する。(2016/3/23)

DockerやNode.jsにも対応:
PR:クラウド時代にSPARC/Solarisに何が求められているのか――x86/Linuxにはない優位性や使い続ける意義を考える
SPARC/Solarisの“新発見”を紹介する「SPARC/Solaris World」。今回は、日本仮想化技術の宮原さんと@IT編集長の内野さんに登場していただき、いろいろな側面からSPARC/Solarisの魅力を徹底解剖します。(2015/12/2)

テクノロジーエバンジェリスト 小川大地の「ここが変だよ!? 日本のITインフラ」:
第22回 なぜ必要? Software-Definedなのに高性能サーバ
Software-Definedは一般的なx86サーバで実現するものですが、どんなサーバでもよいというわけではありません。“単に動くだけではダメ”な理由を説明します。(2015/8/7)

テクノロジーエバンジェリスト 小川大地の「ここが変だよ!? 日本のITインフラ」:
第21回 難しい? Software-Definedとx86サーバの誤解
クラウドがマーケ寄りのトレンドなら、技術寄りのトレンドは「Software-Defined」です。でも、Software-Definedについて多くの方が誤解していること、そして日本でそれほど伸びていない現実……があります。その理由は何でしょう。(2015/7/24)

デル株式会社提供Webキャスト
増え続けるデータ対策、ストレージ専用OSとx86マシンでコストも抑えて高速化
調査会社IDCによれば、企業内で蓄積されるデータ量は年率60%以上の割合で増加していくという。こうした状況に対し、高額のストレージアプライアンス製品を増設していく手法は立ち行かなくなるだろう。では、それに代わる解決策として、どのようなものが考えられるだろうか。(2015/7/2)

アナリストたちの見解は:
IntelのAltera買収は成功するのか――Xilinxの存在感が増す可能性も
Intelにとって過去最大規模となったAlteraの買収。x86プロセッサとFPGAを統合することで、新しい製品の開発や、これまでにない分野を狙える可能性はある。Alteraにとっては、Xilinxからシェアを奪うきっかけになるかもしれない。一方で、今後AlteraとのビジネスにIntelが絡んでくることに不安を抱く既存顧客が、Xilinxを頼るようになるのではないかと見るアナリストもいる。(2015/6/3)

レノボがハイエンドx86サーバー新製品とThinkServerの国内販売を開始
レノボ・ジャパンが、インテルXeon E7-4800/8800 v3ファミリー搭載機をリリース。併せて、廉価モデル「ThinkServer」も国内で提供を開始した。(2015/5/14)

TOTO、製品設計支援システムを刷新 VDI化で開発期間の短縮目指す
TOTOが製品の開発、設計支援システムを刷新。事業部ごとに導入していたインフラを統合し、データセンターへと集約した。サーバにはレノボのx86サーバ「Lenovo System x iDataPlex」を採用している。(2015/5/14)

CAEニュース:
「CAE on VDI」環境がTOTOの商品開発の効率化を実現
レノボ・ジャパンは、TOTOのCAE基盤にデータセンター向けx86サーバ「Lenovo System x iDataPlex」が採用されたことを発表した。(2015/5/14)

Software Defined Storage(SDS)製品紹介:Nexenta Systems
x86サーバとJBODの組み合わせでほぼ無制限にファイル拡張「NexentaStor」
Nexenta Systemsのストレージ専用OS「NexentaStor」は、x86汎用サーバとJBODの組み合わせによって、ほぼ無制限に拡張できるストレージ環境をより低コストで構築、運用できる。(2015/4/23)

HP、無停止サーバにx86モデルを投入
ミッションクリティカル用途向けの「HP Integrity」にシリーズに、新しい無停止サーバプラットフォームとラックマウント型サーバを追加する。(2015/1/27)

Project Odyssey発表から3年:
日本HPが発表したx86 CPU採用のSuperdome Xとは
日本HPは、ミッションクリティカルサーバー「Superdome」シリーズの新製品、「HP Integrity Superdome X」を国内発表した。Itaniumに代えてx86を搭載するとともに、HP-UXに加えて汎用Linuxでもミッションクリティカルな運用ができるようにしている。(2014/12/10)

現在はTIのARMプロセッサ「OMAP」:
次世代「Google Glass」にはIntel x86プロセッサが載る?
次世代版「Google Glass」には、Intelのx86プロセッサが搭載される可能性があるという。もしこれが事実であれば、Intelにとって、ウェアラブル機器市場での存在感を高める大きな足掛かりとなるだろう。(2014/12/4)

IBM、赤字の半導体事業を15億ドル支払ってGLOBALFOUNDRIESに譲渡
IBMは、1月のx86サーバ事業のLenovoへの売却に続けて、半導体事業のGLOBALFOUNDRIESへの売却を発表した。半導体研究は継続するが、クラウド、モバイル、ビッグデータへのシフトを加速する。(2014/10/21)

組み込みにグラフィックの力を:
PR:画像処理パフォーマンスが武器、組み込み機器へ多彩な選択肢を用意するAMD
PC向けx86 CPUのイメージが強いAMDだが、元来はさまざまな製品を手掛けるベンダーであり、近年ではARMコアの採用を発表するなど、組み込み機器への注力を強めている。多彩な製品と強力なグラフィック処理、この2つを武器に積極的な事業展開を行う日本AMDに話を聞いた。(2014/10/21)

x86サーバ事業をレノボに売却したIBM、次の狙いは?
レノボにx86サーバ事業を売却し、システム製品のポートフォリオを高付加価値型へとシフトする姿勢を見せているIBM。今後はクラウドやビッグデータ分析、モバイルといったビジネスの潮流に注力しつつ、基幹となるITインフラへの投資も継続するという。(2014/10/16)

汎用x86サーバーはレノボ、POWERサーバーアプライアンスはIBM:
レノボとIBM、サーバー事業展開の発表まとめ
2014年10月1日、レノボ・エンタープライズ・ソリューションズが始動。翌日には日本製をアピールする「MADE IN YONEZAWA」プロジェクトを開始した。さらに翌日には、米IBMが「x86サーバーを凌駕する」とうたうPOWERサーバー製品ラインアップを発表した。(2014/10/6)

IBMロゴ、ブランドは継続:
LenovoはなぜIBMのサーバ事業を買ったのか
IBMのx86サーバ事業買収が完了し、10月1日、レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ株式会社が発足した。なぜx86サーバ事業を買ったのか、単純な買収ではなく新会社を設立した理由、そしてIBMブランドのx86サーバはこれからどうなるのか?(2014/10/2)

「日本のサーバ市場はまだ伸びる」 IBMから事業継承のレノボ新会社が始動
IBMからx86サーバ事業を継承したレノボ・エンタープライズ・ソリューションズが本格的にビジネスをスタート。ラピン社長は、「PCと同様にx86サーバ市場でもシェア拡大を図る」と宣言した。(2014/10/2)

レノボ、x86サーバの国産化を検討
IBMからx86サーバ事業を継承した「レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ」が発足。半年ほどかけて山形県・米沢事業所での製造について検討を進める。(2014/10/2)

IBMとLenovo、10月からx86サーバ事業の新体制に移行
LenovoによるIBMのx86サーバ事業の買収が10月1日に完了することになり、同日から新体制に移行する。(2014/9/29)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版 :Amazonはクラウド界のMicrosoftか
巻頭特集は、クラウド市場で独占的な存在になりつつあるAmazonの現状を分析。AmazonがMicrosoft化している5つの兆候とは? 他に、非x86プロセッサの動向、iPadの企業導入をめぐる諸問題について解説する。(2014/9/29)

クラウド・仮想化環境のサーバー・ネットワーク・ストレージI/Oを統合管理:
PR:マイグレーション先は、単なる仮想化サーバーで大丈夫?プラットフォーム選定の落とし穴
統合型x86サーバーシリーズ「Cisco Unified Computing System(UCS)」を提供し、世界で大きなシェアを獲得しているシスコシステムズ。Cisco UCSの魅力は、サーバーとネットワークの運用管理を容易にし、仮想化・クラウド化による強力な管理機能だ。Cisco UCSをベースに、将来を見据えたマイグレーションを提案する。(2014/10/14)

Power Systemsを売り込むIBMだが……
ARMやPOWERがx86アーキテクチャに代わる日は来るのか?
x86アーキテクチャに代わる選択肢として、ARM64やPOWER8が盛んに攻勢をかけているが、今のところx86の牙城は揺るがないようだ。では、将来はどうか?(2014/9/22)

日本IBMがx86サーバ新製品を発売 Lenovo移管後も保守継続
「IBM System x M5」ではセキュリティチップを標準装備し、同社の独自ノウハウを加味した「Trusted Platform Assurance」を適用している。Lenovoへの事業移管後も保守は継続する。(2014/9/11)

IBMのx86サーバ事業、Lenovoへの売却を米当局が承認
Lenovoへのx86サーバ事業売却について対米外国投資委員会が承認した。(2014/8/18)

レノボ・ジャパン、「レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ」を設立
日本IBMのx86サーバ事業を継承する新会社では、ユーザーやパートナー企業が利用できる検証センターも開設する予定だ。(2014/6/23)

レノボ、IBMのx86サーバ事業を継承する新会社設立
レノボ・ジャパンが法人事業を担う「レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ」を設立した。LenovoによるIBMのx86事業の買収手続き完了後に、日本IBMのx86事業を継承する。(2014/6/23)

プロセッサ/マイコン:
従来製品に比べ性能を最大53%向上、AMDのx86コア搭載SoC/CPUファミリ
AMDは、組み込み機器向けにx86コア搭載のSoC/CPUファミリ「AMD Embedded Gシリーズ」を発表した。通信/ネットワークインフラ装置、産業用制御機器、シンクライアント、デジタルサイネージなどの用途に向ける。(2014/6/5)

高度なデータ処理・分析を実現する技術が満載
x86サーバ新アーキテクチャの神髄とは? IBMエバンジェリストが語る3つの特長
IBMが2014年1月に発表したx86サーバの次世代アーキテクチャ「X6」。特に、データ処理向けの新技術を搭載したという。その概要について、日本IBMのエバンジェリストに話を聞いた。(2014/6/4)

頭脳放談:
第168回 AMDが考えるx86とARMの未来はピン互換?
AMDが2014年から2016年にかけてのロードマップを発表した。その中で、x86とARMとのピン互換を実現し、両方を差し替えて使えるようにするという。AMDが「ambidextrous」と呼ぶこの戦略が持つ意味は?(2014/5/27)

IBM Edge 2014 Report:
レノボで、x86市場のNo.1を獲りたい
IBMのシステム事業が主催するグローバルカンファレンス「IBM Edge 2014」が米国・ラスベガスで開幕した。(2014/5/20)

x86サーバの障害や保守の最新事情、IDCが調査
景気動向や仮想化など技術動向を背景に、サーバの保守に関する事情も変わりつつある。(2014/5/19)

データ分析基盤としての性能を高めるPOWER:
x86サーバーを売却するIBM、POWERは?
ビッグデータ処理能力は「x86サーバーの50倍」。データ分析基盤向けの機能を強化したPower System製品が登場。OpenPOWER Foundationの活動成果も取り込み、POWERは今後もIBMの資本の下で開発が続く。(2014/4/25)

日本HP、インメモリDBに適したx86サーバを投入
毎秒83Gバイトのメモリバンド幅を持つProLiantサーバの新モデルを発表。また、障害対応など通報機能をサーバに内蔵できるようにした。(2014/3/27)

Lenovoの次の一手は?
IBMのx86サーバ事業を買収したLenovoの対HP、Dell戦略を読む
IBMのPC部門に続き、同社のx86サーバ事業を買収したLenovo。x86サーバ市場の覇権を確立するため、Lenovoは次にどう動くのか? ライバルであるHPやDellを攻略する戦略とは?(2014/3/18)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版 3月5日号:サーバ市場を揺るがすIBM+Lenovo連合
LenovoによるIBM x86サーバ事業の買収がサーバ市場に及ぼすインパクトとは? Lenovoの次の一手は? 他に、BBCの商業部門責任者か語る投資とコンテンツビジネス、VDIストレージの基礎とVDIを成功させる戦略などをお届けする。(2014/3/17)

Lenovoへのx86サーバ事業売却でどうなる?:
「売却後も顧客のx86サーバはIBMがサポートする」 日本IBM・イェッター社長
今年1月にx86サーバ事業の売却を発表したIBM。Lenovoに事業を譲渡した後も、引き続きシステムのサポート業務を行うようだ。(2014/3/6)

Computer Weekly:
IBMのx86サーバ事業を買収したLenovoの対HP、Dell戦略を読む
IBMのPC部門に続き、同社のx86サーバ事業を買収したLenovo。x86サーバ市場の覇権を確立するため、Lenovoは次にどう動くのか? ライバルであるHPやDellを攻略する戦略とは?(2014/3/6)

頭脳放談:
第165回 AMDのARMコアプロセッサーが新しいサーバー市場を創造する?
AMDが、ARMコアを採用したサーバープロセッサー「Opteron A1100」を発表。x86ではなく、ARMコアを採用した理由は? AMDは、ARMコアによるサーバープロセッサー市場を創造できるのか。(2014/2/25)

処理性能が前世代比で2倍に
インテルもビッグデータ志向へ、データセンター向け最新CPUの使いどころ
インテルは2014年2月19日、同社のx86サーバ向けプロセッサ最上位製品「インテル Xeon プロセッサー E7 v2」製品ファミリーを発表。ビッグデータ分析用途向けに処理性能や信頼性に関する機能改善を図った。(2014/2/21)

ホワイトペーパー:
パフォーマンス検証から見るHadoopへの仮想化の適用とx86サーバーとの比較
本資料ではHadoopに仮想化を適用した際の適用分野を紹介するとともに、従来とは異なる仮想化テクノロジーの使用により、これまでタブーとされてきた仮想化環境でも十分な性能を発揮することを確認したIBMとパートナー企業との共同検証結果を掲載している。(2014/2/18)

松岡功のニュース解説:
IBMのx86サーバ事業売却がもたらす波紋
IBMによるレノボへのx86サーバ事業売却の動きが、IT市場にさまざまな波紋を広げているようだ。(2014/2/6)

4四半期連続で市場はプラス成長中
x86サーバ新製品を相次ぎ投入、主要ベンダー4社の動きをまとめた
クラウドやモバイルデバイスの普及などを背景に国内x86サーバ市場が活況を呈している。2014年に入り、主要ベンダーが相次いで新製品を発表。その概要をまとめた。(2014/1/31)

x86サーバ事業売却の裏で
Lenovoに継承されるIBMの“最後の技術”、「X6」戦略とは?
2014年1月23日、米IBMが中国Lenovoにx86サーバ事業を売却することで合意した。その1週間ほど前にx86サーバの次世代アーキテクチャを発表したばかりだった。新アーキテクチャはLenovoにどう引き継がれていくのか?(2014/1/28)

IBMがサーバ事業をレノボに売却 23億ドルで
LenovoはIBMのx86サーバ事業を23億ドルで買収する。(2014/1/23)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。