ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  X

「Xen」最新記事一覧

エミュレータ「QEMU」に新たな脆弱性、任意のコード実行の恐れ
Xenなどの仮想化プラットフォームに使われているオープンソースのエミュレータ「QEMU」に、新たな脆弱性が見つかった。(2015/7/29)

クラウド事業者らが調査進める、引き続き情報に注意を:
仮想環境の分離が意味をなさなくなる脆弱性「VENOM」
XenやKVMなどの仮想化プラットフォームに利用されているオープンソースのエミュレーター「QEMU」に、仮想マシンを抜け出すことが可能な脆弱性「VENOM」が発見された。ベンダーやクラウドサービス事業者が調査、対応を進めている。(2015/5/15)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(4):
新しい「Hyper-V」への移行に備える――仮想化基盤も次世代に
今や多くの企業がHyper-VやVMware、Xen、KVMといった仮想化基盤を導入してサーバーを仮想化したり、VDIを利用したりしていると思います。次期Windows Serverには、Hyper-Vの最新版が搭載されます。今回は最新のHyper-V環境への移行に注目します。(2015/1/21)

ハイパーバイザーのXenに脆弱性、AWSなどが対応
Amazon Web Services(AWS)などのクラウドサービスプロバイダーは、事前に限定開示された情報をもとに再起動を行って脆弱性を修正した。(2014/10/3)

シトリックス、「XenMobile」最新版を発表 コラボレーションとセキュリティの新機能
「XenMobile 8.6」はシトリックス独自の新機能で、モバイルユーザーの利便性を高めながらセキュリティと管理を実現するとしている。(2013/11/6)

シトリックス、企業のモバイル活用を支援する2つの新製品を発売
シトリックスは、デスクトップ仮想化基盤製品の最新版「XenDesktop 7」と、モバイル活用支援製品「XenMobile Enterprise」を発売する。(2013/6/11)

新製品の開発背景などをCEOに聞いた:
XenDesktop 7は“Windowsアプリのモバイル化”の第一歩〜シトリックスCEO
米シトリックスは5月22日(現地時間)、ロサンジェルス郊外のアナハイムでプライベートイベント「Citrix Synergy 2013」を開幕した。同イベントでCEOのマーク・テンプルトン(Mark Templeton)氏など、同社の複数幹部にインタビューする機会を得たので紹介したい。(2013/5/24)

Citrix Synergy 2012 レポート:
インフラよりも上位レイヤに注力する――Citrixの製品戦略
インフラ仮想化製品としてCitrixが手掛ける「XenServer」。製品戦略での“基盤”でもある同製品の位置付けやエンタープライズ市場での展開などを聞いた。(2012/5/15)

仮想化ライセンス方式に関するFAQまとめ(前編)
プロセッサ単位かVM単位か? 仮想化各社のライセンス方式を知る
VMware vSphere 5でVMware vSphereのライセンスモデルが一新したことを機に、Hyper-V、VMwaer vCenter、VMware vSphere、VMware View、XenServerに関するライセンスの仕組みを整理した。(2011/10/17)

オープンソースにおける仮想化勢力の変遷
LinuxカーネルのXenサポートで、Xenのシェアは広がるか
LinuxカーネルでようやくXenがフルサポートされることになった。一方Red Hatは、Red Hat Enterprise Linuxの最新リリースで、Xenに変えてKVMを採用している。今後Xenのシェアはどう変わるのか。(2011/9/29)

どれを選ぶ? サーバ仮想化製品比較【第1回】
比較表で徹底解明! 各サーバ仮想化製品の特徴と違い
VMware vSphere、Citrix XenServer、Hyper-Vといった各ハイパーバイザーについて、製品構成、機能などをなるべく同じ視点で比較。導入したい環境にマッチした製品を選択できるよう、各製品の特徴と違いを理解しよう。(2011/9/28)

シトリックス、デスクトップ仮想化製品の新バージョンを発表
シトリックスは、デスクトップ仮想化製品の最新版「Citrix XenDesktop 5.5」を発表。仮想デスクトップ画面の配信速度を3倍に高速化し、対応クライアントの種類も増やした。(2011/9/8)

XenServer Tips
完全仮想化のLinux VMを準仮想化対応に変更する
P2VやV2Vによって、XenServer上で稼働している完全仮想化のLinux VM を準仮想化に変更する方法を記載する。(2011/9/6)

3つのテーマで開発
ここまで分かった! XenServer 6.0の新機能
米Citrix Systemsは2011年7月5日、「XenServer 5.6」の次期バージョン「XenServer 6.0」のβ版を発表した。「クラウド」「デスクトップ」「エンタープライズデータセンター」をテーマに、大幅な機能強化を図る。(2011/7/14)

市場での評価が問題
LinuxカーネルがXenをフルサポートへ──「少な過ぎ、遅過ぎ」の感も
リリースから8年近くたち、XenはようやくLinuxカーネルに組み込まれることになった。理屈の上ではKVMと同じ土俵に立てたといえるが、Red HatがXenをサポートしない限り、Xenの対抗は難しい。(2011/7/6)

XenServer Tips
XenServer HA機能、サービス復旧の制御(再起動優先度)
XenServerのHA機能は、ダウンタイムを最小化するためにプール内の仮想マシンやホストの障害を監視する。HA機能のサービス復旧時に制御すべきポイント(再起動優先順位)とその設定方法を解説する。(2011/7/4)

XenServer Tips
XenServerで仮想環境を設計するためのポイント 〜サーバ統合編
XenServerでサーバ統合を実現する際、設計時に検討すべきポイントを紹介する。システムを構成するCPU、メモリ、ストレージ、ネットワークといった4つのコンポーネントに分けて解説する。(2011/6/20)

XenServer Tips
XenServerのコマンドラインインタフェース(CLI)を理解しよう
XenServer管理タスクの6、7割はXenCenterで管理が可能だが、残りはコマンドラインインタフェース(CLI)を使わなければならない。XenServerを使い込めば必ず使うCLIについて解説する。(2011/6/6)

XenServer Tips
XenServerにおけるRole Based Access Control機能の解説
XenServerのEnterpriseおよびPlatinumエディションで利用できる「Role Based Access Control」(RBAC)機能の概要、カスタマイズの方法、XenCenterによる設定手順を解説する。(2011/5/16)

XenServer Tips
XenServerにおけるネットワークのトラブルシューティング方法
XenServerでのネットワークのトラブルシューティングに役立つコマンドを紹介する。(2011/5/9)

クラウドHot Topics(4):
オープンソース・クラウドとシトリックスの関係
オープンソースXen、Open vSwitch、OpenStackなど、オープンソース・クラウド開発プロジェクトの数々に関わるシトリックス。その動機と戦略を探る。(2011/4/20)

XenServer Tips
XenServerのHA機能におけるホスト隔離機能の条件
XenServerのHAでは、ハートビート障害などが発生した際にプールの一貫性を維持するためにホストを隔離する。この機能を知らないと、実際に隔離が発生したときにホストが突然停止したように見えるだろう。(2011/4/18)

XenServer Tips
XenServerパフォーマンス統計値のグラフ化
ラウンドロビンデータベース(RRD)に保存された各パフォーマンス統計値を、XenServerで取得したXMLファイルからグラフ化する方法について説明する。(2011/4/11)

XenClientのHCLはなぜvProのみ?(後編)
クライアント型ハイパーバイザーの課題と選択肢
XenClient 1.0のHCLに登録されているチップファミリーは1種類、vProだけだ。しかし、クライアント型のハイパーバイザーを実行するのにvProは必要ない。(2011/4/1)

XenServer Tips
XenServerパフォーマンス統計値の取得
ラウンドロビンデータベースツール(RRDtool)を活用したXenServerのパフォーマンス統計値の取得方法について、具体例を用いて解説する。(2011/4/1)

XenServer Tips
XenServer 5.6 FP1へのアップグレード手順
XenServer 5.6からXenServer 5.6 FP1へのアップグレードを例に、XenServerのバージョンをアップグレードする際の注意点を取り上げる。(2011/3/14)

XenServer Tips
XenServerの動的メモリ制御を有効化する方法
XenServerの動的メモリ制御の方法を解説する。この機能によって、サーバにホストされる仮想マシンの集約率を向上することができる。(2011/2/7)

XenServer Tips
準仮想化ドライバXenServer toolsのインストール方法
XenServerがサポートするOSの準仮想化ドライバ「XenServer tools」について、機能とインストール方法を解説する。(2011/1/18)

仮想化リーダー企業に聞く2010年の戦略【第2回:シトリックス・システムズ】
FlexCastとXenAppを備えたXenDesktop 4で、デスクトップ仮想化の本格普及を目指す
“デスクトップイノベーション”を戦略に掲げるシトリックスは2010年、デスクトップ仮想化への動きをさらに加速する。同社は企業のデスクトップ環境をどう変革しようとしているのか。(2010/5/21)

Citrix Synergy 2010 Report:
クライアント・ハイパーバイザーはPCセキュリティの次なる一手
Citrixが発表したクライアント・ハイパーバイザー「XenClient」は、PCセキュリティに新たな方法を提供するのが狙いだという。(2010/5/19)

Red HatがRHEL 5.4正式版を発表、KVMを商用レベルに
Red Hatは「Red Hat Enterprise Linux」のバージョン5.4を正式発表した。仮想化技術はXenだけでなくKVMもサポート。Xenのサポートは継続するが、今後はKVMにシフトしていくとみられる。(2009/9/3)

パブリックとプライベートをつなぐ:
Xen.org、クラウド採用促進イニシアチブ「Xen Cloud Platform」を発表
Xen Cloud PlatformにはIntel、AMD、Oracle、富士通など多数の企業が賛同を寄せている。(2009/9/1)

有料の「Essentials 5.5」も発売:
Citrix、無料サーバ仮想化製品「XenServer 5.5」を公開
3月の無償化以来10万本がダウンロードされた「Citrix XenServer」の新バージョンが登場した。(2009/6/17)

HDE、サーバ仮想化管理ソフトウェアをOSSで公開
HDEはサーバ仮想化管理ソフトウェア「Karesansui」をオープンソースとして公開した。現在サポートしているハイパーバイザーはXenだけだが、今後KVMにも対応予定。(2009/5/29)

管理ツールも発売:
シトリックス、XenServerを無償公開
シトリックスは、サーバ仮想化製品の「XenServer」を無償公開。集中管理ツールの「Essentials for XenServer」を新たに発売する。(2009/3/31)

超簡単! XenServerを試してみよう(1):
無償になったXenServerを設定する
シトリックスのサーバ仮想化ソフトウェア「XenServer」は、2009年3月25日から無償で利用できるようになる。Linuxに親しみがない人でも、簡単に利用できるソフトウェアだ。これを使って、サーバ仮想化を体験してみよう(2009/3/6)

Novell、仮想化に対応したシステム管理「PlateSpin Orchestrate 2.0」
NovellはXen、Microsoft Hyper-V、VMware ESX、VMware ESXiをサポートするデータセンター管理基盤を発表した。仮想マシンと物理リソースを単一のインタフェースで管理できる。(2009/2/27)

セキュリティと管理性の強化:
IntelとCitrix、デスクトップ仮想化で協業
IntelとCitrixは、デスクトップ仮想化技術を広範な企業ユーザーに提供する計画だ。Intelの管理/セキュリティ技術であるvProとCitrixのXenハイパーバイザーおよび仮想化アプリケーションを組み合わせることにより、企業のデスクトップ/ノートPC上で仮想マシンを容易に実行、管理できるようにする。(2009/1/23)

Citrix、クライアント側ハイパーバイザー開発へ
Citrix Systemsは「XenDesktop」を発展させたデスクトップ仮想化ビジョンを発表した。Intelと提携し、クライアント側のハイパーバイザーを開発する。(2009/1/22)

PR:エンジンとして企業を奮い立たせるXenが狙う次のフロンティア
「Xenはエンジンであり、それを搭載したさまざまな車が存在するようになった」――VA Linuxが先日開催した「Xen Conference Japan 2008」では、オープンで活発なエコシステムの中で業界標準のハイパーバイザとしての地位確立に歩を進めるXenの最新動向が数多く示された。(2008/12/8)

ユーザーのIT統合を促進:
日本HP、BladeSystemに仮想化専用サーバブレードをラインアップ
日本HPは仮想化専用サーバブレードをHP BladeSystem製品群に追加。また仮想化ソフトウェア組み込み型ブレード「iVirtualization」はESXi加えXenにも対応した。(2008/9/25)

続・実践! Xenで実現するサーバ統合(3):
NFSを用いた仮想化環境構築手順
仮想化ソフトウェアの「Xen」を用いてサーバを統合するのはいいけれど、肝心のデータやアプリケーションを格納するストレージはどのように配置するのが最も効果的でしょうか? 続編では仮想化とストレージの効果的な活用にフォーカスを当てていきます(編集部)(2008/8/19)

CPUの使用率を自動で最適化:
日商エレ、サーバ仮想化ソフト「Virtual Iron」の最新版を発売
日商エレクトロニクスはXenベースのサーバ仮想化ソフトウェアの最新版を発売した。CPUの使用率を自動で最適化する機能を新たに搭載している。(2008/8/12)

Windows向け仮想ドライバ同梱で高いパフォーマンス:
ノベル、Xenによるサーバ仮想化ソリューションを発売
(2008/8/7)

IBM System xを同梱:
ノベル、Xenによる仮想化パッケージを中小企業向けに発売
パッケージを購入したユーザー企業は仮想化ライセンスソフトなどが不要となるなど、コスト削減にも寄与する。(2008/8/7)

NEWS
シマンテックが仮想化環境の検証・体験施設、VMware対応製品を紹介
VMwareの仮想化環境にシマンテックのシステム管理製品を導入したソリューションを検証し、顧客やパートナー企業に紹介する。将来的には、XenやHyper-V環境も視野に入れる。(2008/7/28)

eWEEK Labsがテスト:
Hyper-VでVMwareに挑戦するMicrosoft
Xenに加えて、MicrosoftとHyper-Vが仮想化市場に登場したことは、少なくとも、VMwareが「考えるまでもない」選択肢だった日々が終わることを意味している。(2008/7/22)

続・実践! Xenで実現するサーバ統合(2):
iSCSIを用いた仮想化環境の構築手順
仮想化ソフトウェアの「Xen」を用いてサーバを統合するのはいいけれど、肝心のデータやアプリケーションを格納するストレージはどのように配置するのが最も効果的でしょうか? 続編では仮想化とストレージの効果的な活用にフォーカスを当てていきます(編集部)(2008/7/2)

Fedora Project、Fedora 9をリリース
Upstartの採用など意欲的な作りとなっているFedora 9がリリースされた。paravirtオプションによってXenが別途のカーネルを必要としなくなるなど、仮想化環境への取り組みも進んでいる。(2008/5/14)

続・実践! Xenで実現するサーバ統合(1):
切っても切れない仮想化とストレージの関係
仮想化ソフトウェアの「Xen」を用いてサーバを統合するのはいいけれど、肝心のデータやアプリケーションを格納するストレージはどのように配置するのが最も効果的でしょうか? 続編では仮想化とストレージの効果的な活用にフォーカスを当てていきます(編集部)(2008/4/18)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。