ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  X

「XenServer」最新記事一覧

CAD、CAE環境をVDIへ移行するための手引き(1):
デスクトップ仮想化とは?
設計・解析の現場でも、デスクトップ仮想化の一方式であるVDIに対する関心が高まっている。連載「CAD/CAE環境をVDIへ移行するための 手引き」では、VDIの基礎解説や導入メリット、運用ポイントなどを分かりやすく解説していく。(2016/4/4)

求められた拡張性、可用性、高速性能
毎日2万枚発生する放射線画像を管理、米医療機関が選んだハイパーコンバージドとは
CarePoint Healthは医療データ増大を見越し、ハイパーコンバージドシステムを導入した。ローカルSANの拡張とともに、クラウドストレージに医療データを移動してコストを削減した。(2016/3/16)

SDN時代の幕開け(1):
あまたのサーバエンジニアが頭を抱えた「3年間の革新」の話
近年、「VMware」や「OpenStack」といった技術の登場により、データセンターを構成するインフラをめぐる状況が、大きく変化してきています。本連載はそんな中でも特に「データセンターにおけるネットワークアーキテクチャの変化」に注目し、データセンターネットワークの世界で今何が起きているのか、そして、今後どんな変化が待ち受けているのかについて解説していきます。(2016/2/26)

XenServerやNetScalerなどに注力:
シトリックスがCloudStack関連の事業を売却
シトリックスはCloudPlatform製品などの事業を売却すると発表した。(2016/1/13)

あらゆる端末で仮想モバイルアプリを使用可能に
iPhoneでWindowsアプリを実行、瞬く間に製品が増えた「VMI」の全て
仮想モバイルアプリを使えば、端末とデータのセキュリティを強化できる。これを実現するのが、先行技術のVDIとよく似たVMIだ。(2015/12/16)

業務課題から考えるデスクトップ仮想化 徹底解説【第3回】
徹底比較:生い立ちから分かる、デスクトップ仮想化主要3製品の違いとは?
「VMware Horizon View」「Citrix XenDesktop」「Microsoft VDI」といったデスクトップ仮想化の主要製品の機能について紹介する。(2015/9/28)

より快適な利用・運用環境の提供を目指す:
PR:全てを最適化する”ワークスペーステクノロジー”を進化させたシトリックス
企業ITインフラの集約が進む中、ワークスタイルの柔軟性を同時に得るための選択肢として「デスクトップ仮想化」「モバイル対応」などが考えられる。これらと同時に展開すべきなのは、パフォーマンスのロスがないサービス提供と効率の良い運用だ。シトリックス・システムズ・ジャパンが提示したのは、全てをカバーする“ワークスペーステクノロジー”だった。(2015/8/25)

なぜ“攻め”の企業に必要か:
シトリックスが「モバイルワークスペース」を強く提唱する理由
シトリックスが「モバイルワークスペース」と呼ぶ概念を強く提唱している。イベント「Citrix TechDay」で技術ポートフォリオと各製品の最新情報とともにその意図を説明した。(2015/7/29)

「Cisco Data Center Forum 2015」レポート:
PR:GMOクラウド、ビデオリサーチが採用、次々に具体化するCisco UCS、Cisco ACIのビジョン
シスコシステムズ(以下、シスコ)は2015年4月17日、パレスホテル東京で、次世代データセンター向けソリューションを紹介するイベント「Cisco Data Center Forum 2015」を開催。同社のサーバー、ネットワーク製品が新たな段階に入っていることを印象付けた。その模様を詳しくリポートする。(2015/5/25)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(15):
Windows Server 2016では何が変わる? これまでの記事まとめ&フォローアップ
本連載では次期サーバーOS「Windows Server 2016」のマルウエア対策、Hyper-V、RDS、MultiPoint Servicesを紹介してきました。今回は、これまでの振り返りと、2015年5月に公開された「Technical Preview 2」での変更点をフォローアップします。(2015/5/21)

CAEニュース:
「CAE on VDI」環境がTOTOの商品開発の効率化を実現
レノボ・ジャパンは、TOTOのCAE基盤にデータセンター向けx86サーバ「Lenovo System x iDataPlex」が採用されたことを発表した。(2015/5/14)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(5):
新しいHyper-Vは「チェックポイント」が変わる!
Windows Server Technical Previewの「Hyper-V」には、さまざまな新機能と強化点がすでに実装されており、実機で評価できます。今回は、Hyper-Vの「チェックポイント」機能に注目し、現行バージョンと比較しながら、新バージョンの新機能や変更点を探ります。(2015/1/29)

仮想化運用管理に関する調査リポート
サーバ仮想化を導入済みは半数強 運用の鍵は障害時対応とバックアップ体制
TechTargetジャパンは2014年10月、「仮想化運用管理に関する読者調査」を実施した。調査結果からは企業の仮想化環境への対応状況が明らかになった。(2015/1/16)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(2):
次期System Centerから削除されるもの
今回は、Windows Serverとは切り離せない関係にある管理ツール製品「System Center」の次期バージョンについて、削除される予定のコンポーネントや機能を説明します。(2014/12/26)

日立建機、XP移行で3D CAD端末の仮想化を実施
3D CAD業務に利用するワークステーションの仮想デスクトップ環境を構築し、国内では初めてグラフィックス仮想化技術「NVIDIA GRID vGPU」を採用した。(2014/10/15)

製造ITニュース:
日立建機、3次元CAD用ワークステーションの仮想デスクトップ環境を導入
日立建機では、ワークステーションを仮想化し社員個人の端末から3次元CADを扱えるようにしたことで、ワークステーション設置スペースの削減、端末管理に伴う運用業務の効率化が実現した。(2014/10/15)

3D CAD仮想化:
PR:設計環境のグローバル化を加速させる、デスクトップ仮想化
設計環境のグローバル化が進む中、3D CADのデスクトップ仮想化(VDI)が、注目を集めている。グローバルに事業を展開する製造業各社がVDI採用を拡大する中、導入に当たってはどのような注意が必要になるだろうか。インフラを支える3社が、ポイントを紹介する。(2014/9/16)

ITプロ必携の超便利システム管理ツール集(7):
AndroidがWindowsタブレットで目覚める!〜LinuxLive USB Creatorって何者?
今では仮想化が一般的になり、さまざまなOSをPC上で試せるようになりました。しかし、仮想化環境では使えない機能を、物理PCで試してみたいこともあるでしょう。そんなときに便利なツールがあります。(2014/9/5)

各社が取り組む機能強化
“変化するものだけが生き残る” 仮想化ハイパーバイザー進化論の現在
サーバ仮想化技術はすっかり成熟した感があるが、各社のロードマップを見ると、それぞれのハイパーバイザーにまだまだ秘策があるようだ。(2014/6/16)

Citrix Synergy 2014 Report:
BYODにも着手 デスクトップ仮想化で業務を変えた米製造業と豪銀行
2日目となった米Citrixの年次カンファレンス「Citrix Synergy 2014」。午前のキーノートでは、同社のソリューションをフル活用して業務改善に取り組むユーザーが登場した。(2014/5/8)

サーバ仮想化に関する調査リポート
技術革新の進むサーバ仮想化、残る課題は運用管理
TechTargetジャパンでは2014年1月にサーバ仮想化に関する調査を実施。回答者の3分の2がサーバ仮想化を導入済み・導入予定と回答するなど、すっかり当たり前の技術となったサーバ仮想化。残る課題はやはり運用のようだ。(2014/2/27)

データベース選定の“常識”を疑う
Oracle DBやSQL Serverを使い続けるのは本当に正しい選択なのか?
データベース市場で高いシェアを誇る、Oracle DatabaseとMicrosoft SQL Server。この2製品は確かに優れた製品ではあるが、用途やニーズによっては、他の選択肢を選ぶ方が賢明だ。(2014/1/31)

デスクトップ仮想化導入事例
富士市役所が運用性を極めた3世代目システムを稼働、そのシステム構成を大解剖
静岡県富士市役所は、2014年1月に3世代目のデスクトップ仮想化システムを稼働させた。サーバ仮想化でコストを下げ、シンクライアント専用OSで運用性を極めた。(2014/1/23)

万一の際に「方法が分からない」「できる人がいない」を解決:
PR:システムを丸ごと復旧。簡単・低コストなイメージバックアップ環境の作り方
ビジネスを止めないためには、万一の際、すぐにデータやシステムを復旧できるバックアップ環境の構築が必須。だが、いざというときに使える人が少なかったり、復旧に時間がかかるようでは意義が半減してしまう。人的リソース、コストに制約がある中で、この問題をどう解決すればよいのか?(2013/12/12)

【徹底解剖】System Center 2012 R2(1):
クラウド時代の運用管理を強力に支援するSystem Center 2012 R2
System Center 2012 R2は、Windows Server 2012 R2への対応とプライベートクラウドとパブリッククラウドを連携したハイブリッドクラウドへの対応強化が行われた最新の運用管理スイート製品である。企業においてはプライベートクラウドだけではなく、パブリッククラウドの利用も考慮する必要があり、両者のシームレスな連携は欠かせない。System Center 2012は、そうしたハイブリッドクラウド環境を効率よく運用管理するため、大幅にブラッシュアップされている。(2013/12/6)

香港でOpenStack Summit開催:
勢いを増すOpenStack、成功を支えるものとは
香港で開催されたOpenStack Summitでは、中国語圏の巨大サービスでの採用事例が登場。過去最大規模の参加者を集めたOpenStack Summitの勢いの背景とは?(2013/11/7)

Windows Server 2012 R2登場(1):
企業のIT基盤を変革する“クラウドOS”とは何か
2013年10月18日(日本時間17日)、Windowsの最新サーバOS「Windows Server 2012 R2」と統合管理ツール「System Center 2012 R2」が正式リリースとなった。前回のバージョンアップからまだ1年。この早いリリースサイクルは、ユーザーや管理者、開発者を少なからず動揺させているに違いない。本連載では、Windows Server 2012 R2とSystem Center 2012 R2の導入で、企業のIT環境やエンドユーザーの現場はどう変化するのか、新バージョンに実装された新機能を中心に探ってみる。(2013/11/1)

自社開発を選んだ理由は?
プライベートクラウドインフラでゼロダウンタイムを目指すBMW
自社開発のプライベートクラウドでゼロダウンタイムの実現を目指すBMW。彼らはなぜ自社開発に踏み切ったのか?(2013/10/25)

ソフォス、vShield Endpoint対応のサーバ向けウイルス対策製品を発売
統合セキュリティ対策製品「Sophos Anti-Virus for Server License」に、VMwareのvShield Endpoint対応機能を追加し、新たに提供開始した。(2013/9/12)

シトリックス、東京オフィスにEBC開設:
“百聞は一見にしかず”がここにある
(2013/8/27)

セキュリティソフト「ESET」が仮想デスクトップに対応――キヤノンITS
VMware Horizon ViewおよびCitrix XenDesktopをサポートする。(2013/8/5)

OpenFlowスイッチの冗長化もサポート:
「Hinemos」のOpenFlowオプションが大幅強化、Northbound APIも提供
NTTデータは2013年7月22日、「Hinemos 仮想ネットワーク管理オプション ver.2.0」の提供を開始した。(2013/7/22)

サーバ仮想化に関する読者調査リポート
安定期に入ったサーバ仮想化、Hyper-Vへの乗り換えは増える兆し
TechTargetジャパンは2013年6月にサーバ仮想化導入に関する読者調査リポートを実施した。本稿では調査結果の一部として、2012年と比較したサーバ仮想化の導入状況や製品導入状況をリポートする。(2013/7/17)

新製品の開発背景などをCEOに聞いた:
XenDesktop 7は“Windowsアプリのモバイル化”の第一歩〜シトリックスCEO
米シトリックスは5月22日(現地時間)、ロサンジェルス郊外のアナハイムでプライベートイベント「Citrix Synergy 2013」を開幕した。同イベントでCEOのマーク・テンプルトン(Mark Templeton)氏など、同社の複数幹部にインタビューする機会を得たので紹介したい。(2013/5/24)

年次イベント「Citrix Synergy 2013」が開幕:
モバイル、モバイル、モバイル!〜Go to Mobileを推進するシトリックス
米シトリックスの年次イベント「Citrix Synergy 2013」では、「XenDesktop 7」や買収したZenpriseのMDM技術を統合した「Worx Enroll」「Worx Home」といった製品が紹介された。(2013/5/23)

デスクトップ仮想化導入のガイドライン【第1回】
企業の成長を維持、加速させるデスクトップ仮想化の真価
生産性向上や事業継続性などさまざまなメリットが取り沙汰されるデスクトップ仮想化。だが、本当の価値は「企業の成長を維持、加速させる」ことに他ならない。デスクトップ仮想化が持つ2つの側面からその真価を解説する。(2013/5/21)

シトリックスが日本で「GoToMyPC」提供を本格化――働き方や生産性はどう変わる?
米シトリックス・オンラインが、リモートPC操作サービス「GoToMyPC」の日本での本格的な商用提供を開始した。GoToMyPCでは何ができるのか。また、日本においてどのようなユーザーをターゲットにしているのか。発表に合わせて来日した担当者に聞いた。(2013/5/16)

CloudStackに続きコミュニティに移管:
仮想化技術の「Xen」、Linux Foundationの共同プロジェクトに
米Citrix SystemsとThe Linux Foundationは4月15日、オープンソースの仮想化プラットフォーム「Xen」の開発を、両者の共同プロジェクトとして進めていくことを明らかにした。(2013/4/16)

ホワイトペーパー:
最新! XenDesktopで始めるデスクトップ仮想化入門
本資料は、最新版Citrix XenDesktop環境を構築するに当たり最も広く使用されているXenServerを選択した場合のインストール方法および環境設定に関して紹介する。(2013/4/5)

CloudStackによるプライベートクラウド構築術(9):
技術を深めるには開発が一番? Apache CloudStack開発のいまを知ろう
今回はオープンソース版「Apache CloudStack」の開発動向や情報源を紹介していきます。自身で開発にコミットできるOSS版を理解して、より技術的知識を深めよう。(2013/2/28)

新ハードウェアプラットフォームも:
「ファイアウォールというボトルネックを解消」、F5が新機能
F5ネットワークスジャパンは、アプリケーション・デリバリ・コントローラ(ADC)製品の機能を強化し、新たにファイアウォール機能を実現する「BIG-IP Advanced Firewall Manager」を提供する。(2013/2/12)

リポート機能拡充、バグ対策、パートナー連携
専門家3人が提言する、サーバ仮想化ベンダーに改善してほしい3つの事
仮想化ベンダーおよびサードパーティープロバイダーは、製品やサービスの品質を改善するために何をすべきか。米TechTargetのサーバ仮想化アドバイザリーボードのメンバー3人に聞いた。(2013/1/23)

あらためて見直す中小企業にとってのサーバ仮想化【第3回】
中小企業がサーバ仮想化の投資対効果を最大化するには?
中小企業がサーバ仮想化活用で直面する課題のうち、管理・運用や社内における意思決定など「モノ」以外に関する事項について明らかにし、それらの解決策を探る。(2012/12/6)

「サーバ仮想化」導入完全ガイド
物理サーバを統合することでさまざまなメリットをもたらすサーバ仮想化。その基本機能を解説した上で、製品に関する最新動向を紹介。さらに主要な製品や導入/運用時の注意点などをまとめた。(2012/12/4)

オープンクラウドの潮流【第1回】
【技術動向】中立性を保つOpenStackと商用実績のCloudStack
オープンソースの2大クラウド基盤である「OpenStack」と「CloudStack」。その変遷と最新動向を振り返るとともに、それぞれの戦略と指針を確認する。(2012/11/20)

VMwareはなぜvRAMライセンスを廃止したのか
VMwareのvRAMライセンス廃止の背後にMicrosoftの影
VMwareはvSphere 5でvRAMライセンスを廃止した。その背景には、Windows Server 2012やSystem Center 2012のライセンスを簡素化するMicrosoftとの競合関係が少なからず存在する。(2012/11/19)

あらためて見直す中小企業にとってのサーバ仮想化【第2回】
サーバ仮想化導入の障壁、ハードウェアコストの課題を解決する
中小企業がサーバ仮想化活用で直面する課題のうち、ハイパーバイザーやストレージなどの「モノ」に関する事項について明らかにした。本稿ではそれらの解決策を探る。(2012/11/14)

仮想化対応強化など十数項目の新機能:
「CloudStack 4.0」公開、ASF移管後初のリリース
Apache CloudStackプロジェクトは11月6日、オープンソースのIaaSクラウド構築・運用ソフトウェアの新バージョンとなる「CloudStack 4.0.0」をリリースした。(2012/11/9)

あらためて見直す中小企業にとってのサーバ仮想化【第1回】
【導入効果】台数削減だけではないサーバ仮想化のメリット
サーバ仮想化には物理サーバ台数の削減以外にも多くのメリットがある。本稿では、物理サーバを購入する予算や運用管理を担う人材が限られる中小企業が、サーバ仮想化をすべきメリットを解説する。(2012/11/8)

リソース、プロセッサ、ネットワークを考慮
Hyper-Vのライブマイグレーションが失敗する理由
Hyper-Vでライブマイグレーションを成功させるには、幾つかのテクニックを必要とする。本稿では、Hyper-Vのライブマイグレーションの失敗でよくある原因を紹介する。(2012/11/5)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。