ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「クロスライセンス」最新記事一覧

MicrosoftとXiaomiが提携拡大──クロスライセンスや端末へのOffice搭載で
MicrosoftとXiaomi(小米科技)が提携を拡大し、XiamiがMicrosoftから約1500件のライセンスを買収し、Android端末にMicrosoft OfficeとSkypeをプリインストールする。(2016/6/1)

知財ニュース:
白色LED用赤色蛍光体特許のクロスライセンスに合意
三菱と日亜は、白色LED用として使用される窒化物系の赤色蛍光体について、「特許相互実施許諾契約」を締結した。また、三菱とNIMSが共有する米国特許を三菱・日亜・NIMS・シチズン電子の4社で共有することも合意した。(2015/1/29)

MicrosoftがSamsungをAndroidライセンス契約不履行で提訴
Microsoftが、Samsungが2011年に締結したクロスライセンス契約を履行せず、Android端末のライセンス料を支払わないとして提訴した。(2014/8/4)

100以上のストレージ技術特許が対象 IBMとPure Storageがクロスライセンス契約
米IBMと米Pure Storageは、特許に関するクロスライセンス契約を締結した。(2014/6/23)

Microsoft、Motorola SolutionsとAndroid/Chrome関連特許で契約
MicrosoftがDellとのクロスライセンス契約締結に続けて、Motorola Solutions(Google傘下だったMotorola Mobilityではなく)ともAndroidおよびChrome製品に関するライセンス契約を結んだ。(2014/4/22)

MicrosoftとDell、Android、Chrome OS、Xboxに関するクロスライセンス契約を締結
MicrosoftとDellが、DellのAndroidおよびChrome OS搭載端末と、MicrosoftのXboxのそれぞれの特許に関するクロスライセンス契約を締結した。(2014/3/27)

オピニオン:
グーグルの“3つの戦略”から読む、スマホ市場の動向
Google(グーグル)には、つい最近3つの大きな動きがあった。Motorola Mobilityの売却、Nest Labsの買収、サムスン電子とのクロスライセンス契約だ。これら3つの戦略を読み解くと、スマートフォン市場の現状が見えてくる。(2014/2/10)

SamsungがGoogleに続き、Ciscoと広範なクロスライセンス契約
これで、特許訴訟回避目的のクロスライセンス契約のGoogle、Samsung、Cisco間の輪がつながった。(2014/2/6)

Google、Ciscoとも広範なクロスライセンス契約
先月Samsungとの大規模なクロスライセンス契約を締結したGoogleが、今度はCiscoともクロスライセンス契約を結んだ。パテントトロール対策としている。(2014/2/5)

オピニオン:
スマホもオープンプラットフォームの時代へ? サムスンのクロスライセンス契約から読み説く
サムスン電子が、グーグルとEricssonと相次いで特許クロスライセンス契約を締結した。専門家は、「スマートフォンのプラットフォーム争いは終えんに近づいている。スマートフォンのメーカー各社が“あらゆる企業にオープンな環境”を構築するべき時代になりつつある」と述べる。(2014/2/3)

Twitter、IBMから約900件の特許を買収
IBMから特許侵害の通告を受けていたTwitterがIBMから約900件の特許を買収し、クロスライセンス契約を結んだ。(2014/2/3)

GoogleとSamsung、広範な特許クロスライセンス契約を締結
Android関連でOracleやAppleとの特許訴訟を抱えるGoogleとSamsungが、向こう10年に取得するものを含むクロスライセンス契約を締結した。(2014/1/27)

Apple、Motorolaとの特許訴訟でも和解の可能性 Samsungも新たな動き
AppleがとGoogle傘下のMotorolaが仲裁による訴訟終了に向けて動いていることが、裁判所への申請書類で明らかになった。一方Samsungは製品販売差し止命令回避を目指し、AppleとHTCのクロスライセンス契約の開示を裁判所に求めた。(2012/11/19)

ビジネスニュース:
iPhone対Androidの特許係争、AppleとHTCの和解後もまだ続く
Appleは台湾のHTCと、スマートフォン関連の特許のクロスライセンス契約を結んだ。だが、ある2人の専門家は、「MotorolaやSamsungといったAndroidメーカーとAppleの特許係争が終結に向かうことを示すものではない」との見解を示しているという。(2012/11/15)

AppleとHTCが和解 10年のクロスライセンス契約を締結
AppleがAndroid端末メーカーとの訴訟で和解するのはこれが初めてだ。(2012/11/12)

ソニーがソニー・エリクソンを完全子会社化――10億5000万ユーロで株式取得
ソニーが、エリクソンの保有するソニー・エリクソンの株式50%を取得し、100%子会社とすることが発表された。あわせて、知的財産権のクロスライセンスとワイヤレスモバイル技術に関する5つの特許群も獲得した。(2011/10/27)

MicrosoftとSamsung、クロスライセンス契約 Android端末でライセンス料徴収
昨年のHTCに続いて、SamsungもMicrosoftとAndroidに関するライセンス契約を結んだ。大手2社のAndroid端末にライセンス料が課されることになる。残る大手のMotorolaはGoogleに買収される予定で、現在Microsoftと係争中だ。(2011/9/29)

ビジネスニュース 特許/知財:
OSRAMがSamsungとLGを提訴、LED技術を侵害か
LEDには長い特許紛争の歴史がある。2000年ごろには青色LEDを巡って主要各社が特許合戦を繰り広げた。次は白色LEDだった。現在は各社が白色LEDに関するクロスライセンス契約をほぼ終えた段階にある。今回の訴訟は歴史の浅い韓国メーカーを照明分野の最大手企業が訴えた形だ。(2011/6/10)

Google、WebM向けクロスライセンスプロジェクトCCLを立ち上げ
HTML5のビデオコーデックをめぐるH.264陣営との戦いに向け、Google、Mozilla、Operaなど17社がコミュニティークロスライセンスのプロジェクトに集結した。(2011/4/26)

シャープと台湾AUO、液晶特許訴訟を取り下げ クロスライセンス締結
シャープと台湾AU Optronicsが液晶関連特許のクロスライセンスを締結。それぞれ起こしていた特許訴訟は取り下げる。(2011/4/15)

ビジネスニュース 特許/知財:
CreeとOSRAMがLED関連の特許連合を形成、広範囲なクロスライセンス契約を締結
特許の範囲は蛍光体から素子、照明器具にまで及ぶ。CreeはOSRAM以外のLED関連各社とも積極的にクロスライセンス契約を結んでいる。(2011/4/11)

IntelとNVIDIAがクロスライセンス契約 訴訟で和解
IntelとNVIDIAが、チップセットのライセンスをめぐる訴訟を終結させた。IntelはNVIDIAに15億ドルを支払う。(2011/1/11)

RIMとMotorola、携帯特許紛争で和解
RIMとMotorolaはワイヤレス技術に関連する特許紛争を終結させ、クロスライセンス契約を結んだ。(2010/6/14)

MicrosoftとAmazonが特許クロスライセンス Kindle技術も対象
MicrosoftとAmazon.comのクロスライセンス契約は、KindleやLinuxサーバなどを含む幅広い製品と技術が対象となる。(2010/2/23)

Qualcommに排除措置命令 公取委、非係争条項の破棄要求
QualcommがCDMAライセンスを国内端末メーカーに供与する際、特許非係争条項や無償クロスライセンス条項を含む形で契約させていたなどとして、公取委が排除措置命令を出した。(2009/9/30)

出光とLG Displayが有機ELで戦略的提携、クロスライセンスで合意
出光とLG Displayが有機ELディスプレイ分野で戦略的提携を結び、両社が持つ関連特許のクロスライセンスも行う。LGDとの提携で有機EL材料事業を強化する。(2009/6/25)

SamsungとSanDisk、クロスライセンス契約を更新
7年間の更新となり、新たな契約では、特許ライセンス料が現行のおよそ半額になるという。(2009/5/29)

QUALCOMMとBroadcom、特許紛争で和解
両社はクロスライセンス契約を結び、すべての訴訟を取り下げる。(2009/4/28)

SpansionとSamsung、特許訴訟で和解
SamsungはSpansionに和解金を払い、特許をクロスライセンスする。(2009/4/9)

MicrosoftとLexmark、プリンタなどの特許クロスライセンスを締結
MicrosoftとLexmarkが、広範な製品分野を対象とする特許クロスライセンス契約を締結した。(2009/3/18)

Intel、AMDにクロスライセンス契約違反を警告
AMDが分社化したGLOBALFOUNDRIESにはクロスライセンス契約は適用されないとIntelは主張している。(2009/3/17)

Microsoftとパイオニア、カーナビなどの特許クロスライセンス契約を締結
Microsoftとパイオニアが、広範な製品分野を対象とする特許クロスライセンス契約を締結した。(2008/9/18)

MSとペンタックスが特許クロスライセンス
Microsoftと、HOYAのPENTAXイメージング・システム事業部が特許のクロスライセンス契約を結んだ。(2008/5/14)

オンキヨー、PC事業強化へ東芝とクロスライセンス
オンキヨーが東芝と特許クロスライセンス契約を結ぶことで合意。吸収するソーテックを含むPC事業の強化に活用する。(2008/3/31)

MSとオンキヨー、包括的クロスライセンス契約
米Microsoftとオンキヨーは3月20日、包括的な特許クロスライセンス契約を結んだと発表した。(2008/3/21)

KodakとLG Display、有機EL技術でクロスライセンス合意
LG Displayが、Kodakの有機EL技術を用いた小型ディスプレイを製造する。(2008/3/15)

LG ElectronicsとGE、クロスライセンス契約を締結
LG ElectronicsとGEが、双方が持つ冷蔵庫および調理家電の特許に関するクロスライセンス契約を締結した。(2008/2/28)

MSとアルパイン、クロスライセンス契約を締結
Microsoftとアルパインが、カーナビなどの車載電子機器開発での協力関係を強化する。(2008/2/20)

松下とSamsung、半導体特許紛争で和解 クロスライセンス締結
(2008/1/31)

MSとビクターが特許クロスライセンス
(2008/1/16)

Microsoftと日本ビクター、特許のクロスライセンスで合意
米Microsoftと日本ビクターは、コンシューマー製品分野で特許のクロスライセンス契約を締結した。(2008/1/16)

オリンパスとMicrosoft、デジカメ分野などで協業
オリンパスとMicrosoftは、デジタルカメラやデジタル画像技術などの分野に利用する、広範な特許に関するクロスライセンス契約を締結した。(2007/10/17)

MSとオリンパス、特許クロスライセンス
(2007/10/16)

MSとケンウッドが特許クロスライセンス
(2007/9/25)

IBMとTime Warner、特許のクロスライセンス契約締結
両社は新しい発明に関する情報を共有することで合意した。(2007/8/3)

EricssonとSamsung、携帯通信技術でクロスライセンス契約
特許問題で係争中だった両社が、訴訟を相互に取り下げ、2Gおよび3G通信技術でクロスライセンスを締結した。(2007/7/10)

MSとLG電子、特許のクロスライセンス契約締結
MicrosoftとLG電子の特許契約は、ソフトとハードの両方をカバーするもので、Linuxベース製品にも適用されるという。(2007/6/8)

AmazonとIBMの特許訴訟、和解成立
オンラインサービス関連の特許をめぐり係争中だったAmazon.comとIBMが和解。AmazonがIBMに和解金を支払うほか、両社間でクロスライセンス契約が締結される。(2007/5/9)

MSとSamsung、特許クロスライセンス契約を発表
(2007/4/19)

Nokia、「QUALCOMMはNokia特許の最大ユーザー」と反論
Nokiaは、QUALCOMMが100件以上のNokia特許を自社のチップセットに使用していると主張。QUALCOMMとのクロスライセンス契約交渉を今後も継続するとしている。(2007/4/14)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。