ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  Y

  • 関連の記事

「Yahoo! Search BOSS」最新記事一覧

米Yahoo!、一般検索でのBing移行の本格スタートとSearchMonkeyの終了を発表
Yahoo!検索でのBing採用に伴い、開発者向けに提供してきたSearchMonkeyを終了し、BOSSを有料化する。(2010/8/18)

Twitterでの流行を即反映:
米Yahoo!、「Delicious」にTwitter利用のリアルタイム機能を追加
Yahoo!のソーシャルブックマークサービスに、Twitterでの人気順にブックマークを表示する機能や、気に入ったURLを含むつぶやきを直接Twitterに投稿できる機能が追加された。(2009/8/5)

どうなるBOSS、SearchMonkey:
Yahoo!、Microsoftとの提携の影響を開発者に説明
Y!OS戦略の下、開発者に提供しているAPIやプラットフォームの今後について説明した。(2009/7/31)

米Yahoo!、「Search BOSS」にDeliciousデータ取り込み機能などを追加
Web検索プラットフォーム「Search BOSS」にソーシャルブックマークでの登録回数や付けられたタグのデータが取り込めるようになった。(2009/4/10)

米Yahoo!、Web検索プラットフォーム「Search BOSS」を有料化
オープンなWeb検索プラットフォーム「Yahoo! Search BOSS」の機能が強化され、有料になる。(2009/2/12)

Yahoo!、検索結果にWikipediaの一部を標準で表示
「Wikipedia SearchMonkey App」がデフォルトでオンになり、検索結果にWikipediaが含まれる場合、写真、目次とテキストの一部が表示されるようになった。(2009/1/16)

海外ダイジェスト(12月9日)
Sun Microsystemsが「MySQL 5.1」をリリース、MozillaがFirefox 2ユーザーに3へのアップグレードを呼び掛け、など。(2008/12/9)

海外ダイジェスト(11月27日)
往年の検索サイトLYCOSに幕、Sunが企業向けにデータ消去サービス「Sun Data Protection Services, Data Erasure 」を提供開始、など。(2008/11/27)

Yahoo!のSearch BOSSに垂直型検索技術追加――TechCrunchが採用
TechCrunchがサイト内検索にYahoo! Search BOSSの新技術「vertical lens technology」を採用。日付やコメント数などのオプションを指定して検索できるようになった。(2008/11/27)

海外ダイジェスト(11月20日)
Yahoo! Search BOSSの新機能「Key Terms」がリリース、Google、GrandCentral利用のMacユーザー向けデスクトップツール「Vocito」をリリース、など。(2008/11/20)

米Yahoo!、「SearchMonkey Enhanced Results」の新テンプレートを公開
以前のテンプレートで開発したアプリケーションは自動的に移行される。(2008/9/20)

Yahoo!JAPANもカスタム検索窓提供 検索条件、自由に設定
ヤフーは、ユーザーが独自の検索条件を設定して検索窓を作り、自分のWebサイトやブログに設置できる「Yahoo!検索 カスタムサーチ」の提供を始めた。(2008/9/10)

Yahoo!、独自の検索サービス作れる「Search BOSS」を公開
開発者はBOSSを使って、検索順位を変えたり、検索結果の表示方法を変更するなど、カスタム検索エンジンを構築できる。(2008/7/11)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。