ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「弥生」最新記事一覧

弥生会計が「弥生」である理由とは?
(2016/7/15)

弥生、クラウド請求書のMisocaを買収
弥生がクラウド請求管理サービス「Misoca」を買収する。(2016/2/22)

レシート画像から自動で仕訳 弥生、「スキャンデータ取込」に対応 スキャナ無償レンタルも
弥生が会計ソフトユーザー向けに、レシートや領収書の画像から仕訳データを自動で取り込む「スキャンデータ取込」機能の提供を始める。(2016/1/19)

確定申告の季節がやってくる:
今年こそ申告直前に焦らない――「弥生」サポートセンターに聞いた「抑えておきたい5つのポイント」
今度こそ確定申告で焦らない――毎年苦しんでいる方、今年初めて挑む方に向けた「直前に焦らないために抑えておきたい5つのポイント」、「弥生」サポートセンターで悩み相談のプロ集団に聞いてきました。(2015/12/4)

弥生、最新版でマイナンバー対応 小規模事業者の管理・運用支援
弥生が業務ソフトの最新シリーズ版を10月30日に発売。「弥生給与」「やよいの給与計算」でマイナンバー対応機能を搭載する。(2015/10/13)

小規模企業に必要な会計業務、ワンストップで手軽に 「弥生会計 オンライン」
コンセプトは「かんたん、やさしい」。取引データの自動取込と仕訳に対応するほか、証憑類からの取引データ生成も自動で行える。(2015/7/8)

弥生、クラウド会計ソフト「弥生会計 オンライン」リリース 新ユーザー開拓へ
小規模法人向けクラウド会計ソフト「弥生会計 オンライン」がリリース。同社のクラウドソフトとして初の法人向けだ。(2015/7/7)

CTOに問う(5)弥生編:
業務ソフトベンダーから「事業コンシェルジュ」への戦略的転換を図る弥生――改革を断行するCTO兼CIOが社内に浸透させるベンチャーマインド
CTOとは何か、何をするべきなのか――日本のIT技術者の地位向上やキャリア環境を見据えて、本連載ではさまざまな企業のCTO(または、それに準ずる役職)にインタビュー、その姿を浮き彫りにしていく。第5回は弥生の開発本部長を務める安河内崇氏にお話を伺った。(2015/7/1)

「マイナンバーの悩み」を減らす支援サービス、弥生が開始
弥生が中小向けマイナンバー対応支援サービスを開始。「弥生シリーズ」の制度対応とともに、相談・士業紹介や規程策定用テンプレートのダウンロードサービスなどを用意する。(2015/6/25)

三月の異称は「弥生(やよひ)」だけではなかった……春は夢見る季節?
(2015/3/23)

「ソフトウエア品質向上の"変" 2015 江戸〜今、変革の時〜」リポート:
「第3のIT」へと変革する時代に考えておきたい「品質」との付き合い方
2015年2月4日に行われた@IT主催セミナーより、JJUG会長鈴木氏による基調講演の模様や、弥生とYahoo!ショッピングの品質向上事例、各品質向上ツールの概要をお届けする。(2015/3/10)

平成26年分の確定申告、クラウド会計ソフト利用者は圧倒的に少数派――弥生調べ
会計業務を簡略化すると話題のクラウド会計ソフト。実際に確定申告をする個人事業主に利用動向を聞くと、クラウド会計ソフトの利用者は2%程度のようだ。(2015/2/25)

bizNote for 弥生オンラインレビュー:
弥生のクラウド会計をスマホから使うと何が便利なのか?
2015年はクラウド会計ソフトによる確定申告も本格化している。弥生のクラウド会計ソフトの入力支援を行うスマホアプリ「bizNote for 弥生オンライン」の使い勝手をさっそくレビュー。(2015/1/29)

やよいの青色申告オンライン:
弥生のノウハウがクラウドへ、見たまま入力で青色申告書を作ろう
会計ソフト「やよいの青色申告」を使う個人事業主は多い。では、そのオンライン版の使い勝手はどうだろうか? 確定申告書の出力までをレビューしてみた。(2015/1/23)

「やよいの青色申告オンライン」への取引入力が簡単にできるスマホアプリ
クラウドキャストは、弥生のクラウドサービスへの取引入力に特化したアプリ「bizNote for 弥生オンライン」をリリース。iOS、Androidともに無料。(2015/1/20)

2015年 新春インタビュー特集:
ITのはやり言葉に踊らされず、現場メリットを重視する弥生らしさを最大化――弥生・岡本浩一郎社長
中小企業や個人事業主を対象とした会計ソフトで圧倒的なシェアを持つ弥生。従来のパッケージソフトに加え、クラウドサービスを展開する同社の戦略を聞いた。(2015/1/19)

「艦これ」「アイマス」も必須知識:
なぜ弥生会計の中の人はTwitterでユーザーに“絡み”まくるのか?
「開業届ってどう出すの」「確定申告、いつまでだっけ」――そんなTwitter上のツイートを見つけて“絡んで”くるツイッターアカウントがある。SNS時代の新しいユーザーサポートの形を「中の人」に聞いた。(2014/12/26)

「やよいの青色申告」が銀行明細などの自動取込・仕訳に対応
弥生がパッケージソフトとして展開している会計ソフトも、データ連携基盤「YAYOI SMART CONNECT」に対応。クレジットカードや電子マネーの取引を自動的に取り込み、会計データに仕訳する。(2014/12/24)

クラウド型POSレジ「スマレジ」、弥生の自動取込・仕訳機能に対応
会計ソフトの弥生が進めているデータ連携基盤「YAYOI SMART CONNECT」に、クラウドPOSレジのスマレジが加わる。クラウドPOSレジでは2社目。(2014/12/18)

クラウド請求書のMakeLeaps、弥生の自動取込・仕訳機能に対応
会計ソフトの弥生が進めているデータ連携基盤「YAYOI SMART CONNECT」に、クラウド請求書サービスのMakeLeapsが加わる。請求書サービスでは2社目。(2014/12/18)

狙いは小規模事業者:
オリックスはなぜ弥生を買収するのか
オリックスは年内に、会計ソフト大手の弥生を買収する。リースや保険、レンタカーなどを主力事業とするオリックスが、弥生を買収する理由は何なのだろうか。(2014/11/14)

オリックス、会計ソフトの弥生を買収
「弥生会計」などで知られる弥生をオリックスが買収する。(2014/11/13)

確定申告2015:
「freee」「MFクラウド」そして「やよい」、どのクラウド会計ソフトで確定申告したらいいのか?
freeeやマネーフォワードが切り開いたクラウド会計サービスという分野。いよいよ圧倒的なシェアを持つ弥生が参入してきた。ところが、思いもよらぬ落とし穴が。果たして2015年の確定申告はどうすべきか?(2014/10/21)

NEWS
青色申告もクラウドで――弥生が新サービスを開始
Web上で記帳や、青色確定に必要な書類の作成を可能にするオンラインサービスを開始。初年度は無料で全ての機能が使えるキャンペーンを実施する。同時にデスクトップ版の新版を発表した。(2014/10/20)

札幌カスタマーセンターで聞いた:
会計ソフトの雄、弥生が考える「新しいカスタマーサポート」のかたち
中小企業や個人事業主向けの会計ソフトとして圧倒的シェアを持つ弥生は、有償のカスタマーサポートにも注力している。高いスキルと知識が求められるスタッフ育成に向け同社がとった施策とは?(2014/9/4)

会計にまつわる雑務を不要に――弥生の“取り込み、仕訳”自動化計画スタート
銀行やクレジットカードの取引データを外部連携サービスから自動的に取り込み、適切な仕訳へと自動変換する「YAYOI SMART CONNECT」を発表した。まずは「やよいの白色申告オンライン」と連携する。(2014/7/8)

青色申告、白色申告どちらにする? 弥生の第2回確定申告調査
間もなく期限を迎える平成25年分の確定申告。来年から青色申告に切り替える人も申告書を提出する期限だが、実際のところどの程度の人が白色申告から青色申告への切り替えを検討しているのだろうか?(2014/3/7)

唐揚げがデカすぎてそばが見えねえ! 伝説の立ち食いそば屋「弥生軒」で唐揚げそば食べてきた
デカい(小学生並の感想)。(2014/2/13)

白色申告者の6割が帳票義務化を知らない――弥生の確定申告調査
弥生は「個人事業者の確定申告に関する調査」を実施した。平成26年から実施される記帳・帳簿等の義務化など、対象者にはどの程度伝わっているのか。イメージと実際のギャップが浮き彫りとなった。(2014/2/4)

仲がいいのは夕張睦月そして磯風:
艦これ艦娘“戦歴的”プロフィール「弥生」編
睦月型の三女は長女と一緒にガダルカナルに突入したのであった……。(2014/2/3)

「やよいの白色申告 オンライン」提供開始、2014年内は無料
弥生は、個人事業主向けに白色申告に特化したソフト「やよいの白色申告 オンライン」の提供を開始した。1月からの記帳義務化に対応すべく、誰でもシンプルに使いこなせるようなインタフェースとしている。(2014/1/15)

弥生、個人事業主や中小企業の業務課題解決サイト「スモビバ!」オープン
お金や業務に関する基礎知識や最新トレンドに加えて、利用者同士が抱えている日々の疑問や課題を自由に投稿したり、回答したりできるQ&Aコーナーを設けている。(2013/12/12)

弥生がMac対応、個人事業主向け白色申告ソフトを2014年内無料で提供
会計ソフトを提供する弥生は、個人事業主の確定申告をサポートする「やよいの白色申告オンライン」を2014年1月14日に提供開始する。2014年12月31日までは無料で利用でき、通常料金は年間4500円。(2013/11/21)

弥生、経営支援SaaS「やよいの店舗経営 オンライン」で複数店舗をサポート
「やよいの店舗経営 オンライン」で複数店舗のデータを登録/管理できるようになった。(2013/11/6)

店舗の経営、安価に支援――弥生のクラウド型経営支援サービスが多店舗対応に
新たに店舗単位だけでなく、系列店やチェーン店全店を合わせた経営状況を確認できるようになった。(2013/11/6)

「弥生」シリーズ最新版は消費税アップに対応 サポートセンター増床も
2014年4月に消費税が8%引き上げとなることに伴い、会計ソフト「弥生」シリーズの最新版はそれに対応した機能を充実させた。(2013/10/7)

会計ソフトの弥生、業務パッケージの最新版「弥生 14 シリーズ」を発表
弥生は業務パッケージの最新版「弥生 14 シリーズ」を発表。2014年4月の「消費税引き上げ」と「Windows XPサポート終了」に対する弥生の支援施策を紹介した。(2013/10/7)

“弥生のSaaS”は個人店を変えるか 普及に向けた岡本社長の「次の一手」
弥生がクラウドサービス「やよいの店舗経営 オンライン」をスタートしてから9カ月。当初目標に比べてユーザー数が伸び悩む中、「課題を1つ1つ解決し、徐々に普及を図っていく」と岡本社長は話す。(2013/6/7)

弥生がモバイル対応を強化 スマホアプリ開発ベンチャーと資本提携
弥生がスマートフォンアプリ開発などを手がけるクラウドキャストに出資。弥生シリーズ連携アプリの開発、販売などを支援し、弥生製品のモバイル対応を強化する。(2013/5/29)

弥生が起業家の悩みをまとめたリポートを公開――継続企業を作る法則とは?
弥生は創業経営者1501人へのアンケートをまとめた「開業リポート2013年改訂版」を発表した。回答者の55.8%は「起業1年目の売上が計画の半分以下」として、計画と現実の違いが明らかとなった。(2013/5/29)

会計、レシート入力がスマホで手軽に――弥生がベンチャー企業と提携
弥生はスマートフォンアプリを開発するクラウドキャストとの資本/業務提携を発表した。小規模企業向けに提供する会計やレシート入力アプリの開発、マーケティング、販売で協業を進めていく。(2013/5/29)

TechTargetジャパン会員限定サービス
会計ソフトプレゼント「弥生会計 13 スタンダード」
(2013/2/8)

TechTargetジャパン会員限定サービス
「弥生会計」やマルウェア対策ソフトなどが当たる! 新年特別プレゼント
(2013/2/8)

弥生、確定申告の疑問に答える「青色申告応援プロジェクト」を始動
弥生がオンラインとオフラインの両方で確定申告の疑問に答える「青色申告応援プロジェクト」をスタート。(2012/12/19)

最新の法令改正に対応した業務パッケージ新製品を発表 弥生
来年初頭に施行される復興特別所得税や、その先の消費税引き上げを見越した業務パッケージ製品の最新版「弥生 13 シリーズ」を弥生が発表した。(2012/11/6)

クラウドとデスクトップの区別は「なくなる」――弥生がSaaSに描く未来
弥生の“SaaS宣言”から4年。第1弾として、個人事業主をメインターゲットとした経営支援サービスを発表した狙いは何か。会計ソフトのクラウド化への道のりは――。岡本浩一郎社長に聞く。(2012/8/23)

弥生が事業主向けにクラウドサービスを提供へ、経理業務の効率化を強化
入出金などのデータを専用サイトに登録することで経営状況を容易に把握でき、提携する会計事務所ではデータの取得を通じて報告書作成などの業務を効率化できるという。(2012/7/24)

クラウドで中小企業の“事業コンシェルジュ”――弥生、9月に「やよいの店舗経営 オンライン」開始
弥生はクラウドサービス「弥生オンライン」を発表。第1段として、店舗経営者の業務をサポートするサービス「やよいの店舗経営 オンライン」を9月3日に開始する。(2012/7/24)

「丸の内タニタ食堂」の裏側を聞く ビジネステレビ誠
「BusinessMedia 誠」による月1のビジネス情報番組「ビジネステレビ誠」の第5回。今回はタニタ・ニュートリションフードサービス事業部の南修二部長が出演し、「丸の内タニタ食堂」の裏側を語る。内田・鮫島法律事務所の伊藤雅浩弁護士によるビジネストラブルの解説や、弥生の岡本浩一郎社長による確定申告・税務の相談コーナーも。司会は、Business Media 誠の吉岡綾乃編集長。キャスターは、「誠Biz.ID」鷹木創編集長と「誠Style」の岡田大助編集長。配信は2月22日21時0分〜。(2012/2/20)

弥生のスマホアプリコンテスト、グランプリは「bizNote for 弥生会計」
業務ソフト大手の弥生が開催したスマートフォンアプリコンテンストでグランプリに輝いたのは経理アプリの「bizNote for 弥生会計」。簿記や会計に詳しくなくても扱える点が評価された。(2011/12/20)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。