ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「たった15分で話がまとまる図解思考の会議」最新記事一覧

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
ダメ会議をやめたら会社が生まれ変わる!
企業の競争力の差はどこに一番出るんでしょうか? そう、「会議」です。 会議のルール、参加者のモチベーション、生産性が会社の業績に大きく関わります。ダメ会議を即刻とりやめ、新しく、劇的に生産性の高まる新しいミーティング技術を身につけてみませんか?(2014/10/16)

たった15分で話がまとまる図解思考の会議:
「1カ月半で売上を倍増せよ!」
これまでに学んだ図解思考の会議術を用いて「社長から課せられたタスク」を解決してみましょう。会議は、創造的でエネルギッシュなものに変えられます。(2014/10/15)

たった15分で話がまとまる図解思考の会議:
うまいアイデアが浮かばないときのヒント集
さまざまな制約からすぐに実行可能な解決策が思い浮かばない場合もあるでしょう。今回は、そんなときに使いたいアイデアづくりのヒントをいくつか紹介します。(2014/10/8)

たった15分で話がまとまる図解思考の会議:
ケーススタディ:イベントの段取りを決める
プロダクトリーダーとしてイベント出展に関するタスクの割り振りをします。あなたは、どのようにホワイトボードにまとめていきますか?(2014/10/1)

たった15分で話がまとまる図解思考の会議:
ケーススタディ:社内の衝突を解決する
最近、営業部と開発部の間がギクシャクしています。営業担当者が受注してきた案件が後から導入不可能なものだと発覚したり、無理なスケジュールで導入時に不具合を起こしたり……(2014/9/24)

たった15分で話がまとまる図解思考の会議:
議論を図にまとめるための「分ける技術」
分けて、生み出し、最後にまたまとめる。この3つのプロセスに問題解決会議の成功のカギが隠されているのです。(2014/9/17)

たった15分で話がまとまる図解思考の会議:
会議室が不要になる日
人間の集中力が続くのはせいぜい20分程度。会議によるアウトプットを重視するならホワイトボード前での立ち話で終わらせるのが正解です。(2014/9/10)

【新連載】たった15分で話がまとまる図解思考の会議:
ダメ会議をやる会社のココがダメ!
企業の競争力の差はどこに一番出るのでしょうか? それは「会議」です。ダメ会議を即刻とりやめ、劇的に生産性の高まる新しいミーティング技術を身に付けてみませんか?(2014/9/3)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。