ITmedia NEWS >
ニュース
» 2004年08月23日 22時49分 公開

CATV大手3社、“転居者相互受け入れ”キャンペーン

イッツ・コミュニケーションズ、ジャパンケーブルネット、そしてジュピターテレコムの3社は、9月から「転居者相互受け入れキャンペーン」を実施する。利用者が転居しても、その地域に提携CATVがあれば導入工事の割引が受けられる。

[ITmedia]

 イッツ・コミュニケーションズ、ジャパンケーブルネット、そしてジュピターテレコムの3社は、9月から転居者の相互受け入れキャンペーンを実施する。利用者が転居しても、その地域に提携CATVがあれば導入工事の特別割引が受けられるという。

 CATVを導入する場合、同軸ケーブルの引き込み工事費として2〜3万円の初期費用がかかるのが一般的だ。このため、CATVを利用していた人が引っ越しを機に衛星放送やADSLに乗り換えてしまうケースも多く、CATV業界全体が危機感を強めている。

 相互受け入れ制度は、転居先に該当するCATV事業者のサービスがあれば、工事費の割引を受けられるというもの。3社は、9月から12月にかけて試験的な「転居者相互受け入れキャンペーン」を実施(2005年1月末までに工事が完了することが条件)。効果や課題を検証したうえで本格運用を検討する。

 対象は、イッツコム、ジャパンケーブルネットグループの13局、およびJ-COMグループ系列の30局。引っ越し後、手続き書類やWebサイトで申し込むと、初期導入費用に充てることができるクーポン券が受け取れる。詳細は、ケーブルテレビガイド誌や転居時の手続き書類などを使い、各社が告知する方針だ。

 また3社は、デジタル放送、高速インターネット接続、電話などCATVの新しいサービスについても共同で検討・企画し、早期のサービス実施に向けて協力していくという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.