ニュース
» 2005年06月24日 22時05分 UPDATE

産業用バーチャルリアリティ展大きなスクリーンはVRの基本?

産業用バーチャルリアリティ展の会場には、とにかく大きなスクリーンとプロジェクターが多い。やはり、仮想現実に没入するには、視界に余分なものを入れないほうがいいのだろう。気になった製品やデモンストレーションをピックアップしてみた。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 産業用バーチャルリアリティ展の会場には、とにかく大きなスクリーンとプロジェクターが多い。やはり、仮想現実に没入するには、視界に余分なものを入れないほうがいいのだろう。今回は、スクリーンを使った展示の中から、気になった製品やデモンストレーションをピックアップしてみた。

軍事用(?)の超本格シミュレーター

 まずは、VRコンテンツの制作などを手がけるキャドセンターが展示していた巨大な横長スクリーン。遠目には実写を映しているように見えるが、近づくとそれがCGであることが分かる。

photo フライトシミュレーター好きにはたまらないデモ

 画面の上のほうに時々ローターらしき影が通るから、どうやらヘリコプターのシミュレーターのようだ。水面の波しぶきや太陽光線の具合などは、かなりリアル。それもそのはず、「もともと軍事訓練用のシミュレーターを作るためのソフトを使用した」(同社)。

 具体的には、米MultiGen-Paradigmの3Dモデリングソフト「MultiGen Creatar」と3Dアプリケーション作成ツールの「Vega Prime」、そして各種プラグインを使用している。これらはプロ向け3Dソフトとしても有名な製品だが、軍事用にも使われるだけあってプラグインも“それ用”。暗視画面を再現する「IR Sense」や、レーダー画面を作る「Radar」なども用意されていた。

photo 船の艦橋(左)と砲塔から見た画面

 デモンストレーションのシステムは、計5台のPCをつなぎ、船とヘリの“対戦”ができるようになっている。横の液晶ディスプレイには、船の艦橋と砲塔から見た画面が表示されていて、中にヘリコプターの姿も見えた。試しに船からヘリを撃ってみたが、なかなか当たらない。リアルすぎて、逆にゲーム性には乏しいのかもしれない。

バリエーションが増えたCyberDome

 松下電工は、昨年に続き「CyberDome」を展示していた。今回の目玉は、従来よりコンパクトになった「CyberDome 1400」だ。「従来のCyberDomeは、一番小さいものでも開口径が1.8メートルあったが、新製品は1.4メートル。オフィスや研究室でも活用できるコンパクトなサイズに仕上げた」(同社)。

photo 「CyberDome 1400」。コンパクトになったといっても直径4メートル。これが「ナショナル」ブランドで販売されているのだ。お宅にも一台いかが?

 CyberDomeは、半球ドーム型の映像表示システム。上部のDLPフロントプロジェクターで映写した画像や動画を、いったん平面ミラーで反射させ、ドーム内側のスクリーンに投影する仕組み。独自のリアルタイム歪み補正技術により、視界全体を覆うような半球面のスクリーンに自然な映像を表示できる。

 CGはもちろん、汎用のAVIやMPEG-2など幅広いフォーマットに対応しており、両眼用の動画ファイルを用意すれば立体視も可能だ。3D対応の「CyberDome 1400 3D」には、偏光メガネが10個付属する。今年8月発売予定。

1台で3D表示可能なDLPプロジェクター

 もう1つのプロジェクターは、日商エレクトロニクスブースで展示していた「Depth Q」。1台で3D表示が行えるDLP方式のプロジェクターだ。

photo 1台のプロジェクターで3D表示可能な最大表示解像度はXGA(1024×768ピクセル)で、明るさは1600ルーメン。コントラスト比は2000:1

 通常、3D表示には「右目用」「左目用」として2つのプロジェクターを使用するが、Depth Qでは、垂直同期周波数を120Hzに向上させることで3D表示に対応したという。120Hzといえば、毎秒120フレームの表示が可能なスペック。つまり、60フレーム/秒の動画なら、右目用と左目用の画像を(交互に)表示できるというわけ。

 視聴には、液晶シャッターを使用する。液晶シャッターメガネとプロジェクターは、コントローラボックスを介して赤外線で同期をとる仕組みだ。赤外線の到達距離は約17メートル。

photo

 Depth Qの本体サイズは249(幅)×327(奥行き)×106(高さ)ミリ。重量は3.1キロ。これなら、プレゼンや研究発表などにも手軽に使えそうだ。価格は120万円(アカデミック価格は95万円)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう