ニュース
» 2005年06月30日 17時02分 UPDATE

シャープ、40型以上の液晶パネル増産に向け「亀山第2工場」建設に着手

シャープは40型以上の大型液晶テレビ向けパネルの生産拠点として、「亀山第2工場」の建設に着手する。総工費は約1500億円。2006年10月の稼働を目指す。

[ITmedia]

 シャープは6月30日、40型以上の大型液晶テレビ向けパネルの生産拠点として、「亀山第2工場」の建設に着手すると発表した。7月から建屋の建設や生産設備の搬入などを順次行い、2006年10月の稼働を目指す。

photo

 建築面積は、第1工場(液晶工場)の約2.4倍にあたる約8万2100平方メートル。鉄骨造5階建てとなり、骨組みに制震ダンパーを備える“制震構造”とした。設備投資額は、建物と資産設備を含め約1500億円。

 大型液晶パネル需要に対応するため、40型クラスのパネルを8枚とれる第8世代マザーガラス(2160×2400ミリ)を採用する。生産能力は、当初1万5000枚/月の予定。2007年中には第2期生産ラインを導入し、月産3万枚に増強する計画だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう