ニュース
» 2005年08月05日 15時19分 UPDATE

ビクター、フルハイビジョン対応0.7型D-ILAデバイスの量産開始

日本ビクターは、プロジェクションテレビ用“D-ILA”(Direct-Drive Image Light Amplifier)の新ラインアップとして、「0.7インチ フルハイビジョン“D-ILA”デバイス」を発表した。今月から量産を開始する。

[ITmedia]

 日本ビクターは、プロジェクションテレビ用“D-ILA”(Direct-Drive Image Light Amplifier)の新ラインアップとして、「0.7インチ フルハイビジョン“D-ILA”デバイス」を発表した。今月から量産を開始する。

photo 0.7インチ フルハイビジョン“D-ILA”デバイス

 画素ピッチは8.1マイクロメートル。1画素の面積を従来の720pデバイスと比較して50%以上小型化したことで、720pデバイスと同一のサイズで約207万画素(フルハイビジョン)を実現した。既発売デバイスとサイズが同じであるため、生産設備と製造プロセスを共通化できるという。

 また、新たに導入した新反射画素平坦化技術により、720pデバイスと同等の反射率を実現した。開口率は89%。さらに液晶分子の配向方向をそろえる制御技術を改良し、デバイスに起因する色付きノイズ(ディスクリネーション)の発生要因を大幅に低減しているという。主な仕様は下記の通り。

 同社は今後、同デバイス搭載のフルハイビジョンプロジェクションテレビを日本および北米市場において発売する予定だ。また、「長年培ってきた独自の映像技術やノウハウをフルハイビジョンディスプレイ向けに進化させた、新世代の高画質映像技術も開発中」としている。

名称 0.7インチ フルハイビジョン“D-ILA”デバイス
対角表示サイズ 0.7インチ
解像度 1920×1080ピクセル(207万3600画素)
アスペクト比 16:9
画素ピッチ 8.1マイクロメートル
有効表示エリア 水平15.55ミリ、垂直8.75ミリ
傾向率 89%
コントラスト 5000:1(デバイス単体)
液晶モード 垂直配向液晶
配向膜 光安定無機配向膜

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.