レビュー
» 2005年09月12日 20時09分 UPDATE

レビューiTunes 5の新機能をチェックする (1/3)

iPod nanoの発表と同時に、ライブラリーソフト「iTunes」も「iTunes 5」となった。検索機能が大幅に強化されたほか、こまかな部分のインタフェースも熟成が進められた新バージョンをチェックしてみよう。

[渡邊宏,ITmedia]

 iPod nanoの発表と同時に、ライブラリーソフト「iTunes」もメジャーバージョンアップし、iTunes“5”となった。いくつかの新機能が追加されたほかルック&フィールも一部変更され、ジョブズ氏も「かなり気に入ってもらえるだろう」(ジョブズ氏)と自信たっぷりの“新iTunes”をチェックしてみた。

よりスッキリしたインタフェース

 新バージョンもこれまでのiTunesと同様に、ココからダウンロード可能だが、セットアップしてみると、色合いや基本的なユーザーインタフェースこそ変わりないものの、微妙な変化があることに気が付く。

photo iTunes 5
photo iTunes 4.9

 画面上部タイトルバーのツートンカラーがなくなったほか、ボリュームコントロールのスライドバーも再生/停止ボタンの下から右側に変更され、画面上部が、よりスッキリした印象となっている。4.9では左下に用意されていた「ビデオをフルスクリーンで表示します」のボタンもなくなっている。

photo iTunes 5の画面左下。4.9の画面左下(右)に比べてボタンが1つ減っている

 再生中の曲情報については、これまでも画面中央上部に経過時間とタイムバー、曲名/アルバム名が表示されていたが、新バージョンではこれらの情報に加えて、曲の残り時間も表示されるようになった。

最も変化した検索機能

 新バージョンの最も大きな変更点は検索機能の強化だ。iTunesでは右肩に検索窓が設けられており、これまでは現在左ペインで選択されているソース(ライブラリやポッドキャスト)を検索対象としていたが、新バージョンでは「検索バー」が追加され、より広範囲な検索と高度な絞り込みが可能になった。

photo 検索バー

 検索バーは検索窓へなんらかのキーワードを入力したときにライブラリの上部に現れ、基本的にはiTunes内に収納されているすべてのコンテンツを対象とした検索を行い、その結果を表示する。例えば、「Love」という単語で検索すれば、「Love」という単語を含むすべて(曲やポッドキャスト、オーディオブックなど)が検索結果として表示される。

photo 「Love」というキーワードで検索
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.