レビュー
» 2005年09月26日 15時36分 UPDATE

ロボットキット「Weird-7」を作りました:第1回「Weird-7、大地に立つ」 (1/6)

Robo-one第3回大会に「Weird-7」というロボットが登場して注目を集めた。モーターは9個だけ、フレームは木製。でも、歩いて転んで起きあがれて、前転までこなす。しかも、かわいい。そのWeird-7が、キットとして商品化されたので、作ってみた。

[こばやしゆたか,ITmedia]

 Robo-one第3回大会に「Weird-7」(ウィアード・セブン)*1というロボットが登場して、会場の注目を集めた。モーターは9個だけ、フレームは木製。でも歩いて自分で転んで起きあがれて、それどころか前転までこなすというすごいマシンだ。いや、このマシンが注目を集めたのはそれだけの理由じゃない。

photo

 かわいいの。モータを減らしているから、動作は全身でバランスを取るスタイルになる。その動きがいい。大きなめだまシールもキュートで、自然と「キョロちゃん」と呼ばれるようになってた*2

 そのWeird-7が、キットとして商品化され、共立電子産業から発売されることになった。価格も税込みで2万9988円。これで、ロボットを作って、動かして、お望みなら自分でモーションを作ることまでできるのだ。マニアだけじゃなくて、とにかくロボットを作ってみたい人でも買ってしまえる値段だ。こどもに買ってあげるのもいいといいたいけど、わたしが小さいときにはこんなものはなかったので悔しいからいわない。

photo

 というわけで、そのWeird-7を作ってみることにした。箱には「対象年齢小学生高学年以上、組み立て所要時間3時間以上」と書いてあるのだけど、わたしだとどのくらいかかるのだろう。あんまり器用じゃないからなあ。

photo

 箱を開けると、こんなふうに部品が袋に分かれて入っている。このほかにCD-ROMが1枚と、紙1枚のインストールガイド。あれ、組み立てマニュアルはどこだ、と思ったらCD-ROMのなかにHTMLファイルの形で入っていた。iBookで開きながら作ることにする*3

 コスト削減だという理由はわかるが、これはちょっと辛い。組み立てながらなんていう状況では紙になってるほうが見やすいのだ。もっとも、CD-ROMならではのいいこともあって、組み立てや動作チェックの動画ファイルも入っているのだ*4。とくに、動作チェックのやり方は、こういうふうに動けばいいというのがわかるのでありがたい。

いるもの

 最初に、組み立てから動作までに必要なものを整理しておくと次のようになる。

  • #1のプラスドライバー
  • 単三乾電池4本、006P電池1本
  • Windows 2000またはXPが動作するパソコン。RS232CまたはUSBポートが必要

 このほか、作ってみてわかった、あったほうがいいもの。

  • 30センチのものさし
  • ネジなどを整理するためのお皿やカップ。パーツケースがあるならいうことはない
  • ノートパソコン。タワーでもデスクトップでも動作には何にも問題はない。でも、運用上辛い(詳しくは次回)
  • 油性マーカー(できれば白!)


*1 「Wired」と間違えられることが多いそうなので、気をつけよう。ちなみに「weird」は、「風変わり」なくらいの意味。

*2 「キョロちゃん」と呼びはじめたのは、あくまで周りにいた観客やほかの出場者達。制作者のかづひ氏は自分からはそう呼ばなかった。

*3 うちのWindowsマシンはタワーだけなので、ちょっと作業しながら見るのには適さない。

*4 MPEG-4のaviファイル。わたしみたいにMacintoshで再生するためにはvlcを用意すること。

       1|2|3|4|5|6 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.