ニュース
» 2005年09月28日 14時00分 UPDATE

東芝、6万円弱のHDDビデオカメラ「gigashot V10」

東芝が、内蔵HDDに高画質なMPEG-2映像を記録できる手のひらサイズのHDDビデオカメラ「gigashot V10」を発表。直販サイト「SHOP1048」の価格は5万9800円。

[ITmedia]

 東芝は9月28日、HDDに高画質なMPEG-2映像を記録できるHDDビデオカメラ「gigashot V10」を発表した。10月21日から発売する。価格はオープンで、同社直販サイト「SHOP1048」の価格は5万9800円。

photo HDDビデオカメラ「gigashot V10」。色はパールホワイト

 0.85インチ4GバイトのHDDを内蔵することで、38.5(幅)×59.5(奥行き)×103.8(高さ)ミリで重さ約260グラムという手のひらサイズの小型軽量ボディを実現した。HDD保護システムとしてショックアブソーバーと3次元加速度センサーを搭載。

photo

 1/2.5インチ有効500万画素のCCDを搭載し、動画撮影時は約63万画素を使用する。静止画は5メガCCDをフル活用して最大2560×1920ピクセルの画像を撮影可能。

 レンズは光学5倍ズーム(38〜190ミリ相当、F3.3〜F3.4)を搭載。デジタルズーム(20倍)と併用して最大100倍のズーミングを行える。最短1センチまで寄れるスーパーマクロモードも用意。電子手ブレ補正は新アルゴリズム採用で、高速応答性と正確なブレ予測を可能にした。

photo

 内蔵の液晶ディスプレイは2インチ(約20.7万画素)の高精細タイプを採用。液晶ディスプレイを開くと約4秒で起動し、閉じると電源がオフになる簡単操作を実現した。

photo

 直感的な操作が可能なジョグダイヤルを装備。再生時の高速スクロールやメニュー選択などが簡単に行える。

 専用クレードルにはUSB端子のほかLAN端子も用意。USB2.0(High Speed)に対応するほか、LAN経由で同社DVDレコーダー「RDシリーズ」に映像を転送できる「ネットdeダビング」にも対応した。

photo

 4GバイトのHDDに最高画質(HQモード、6Mbps)で約1時間25分の撮影が可能。SDメモリーカードスロットを装備し、SDメモリーカードへの動画/静止画の記録も行える。動画撮影中でも5メガの静止画を撮影可能。同梱の専用リチウムイオン電池(別売りでも用意。SHOP1048価格は5980円)で、最大約1時間20分の連続録画が可能。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.