ニュース
» 2005年10月04日 21時47分 UPDATE

CEATEC JAPAN 2005:「録画のBD、パッケージのHD DVD」?――CEATECに見る次世代メディア (1/2)

CEATEC JAPAN 2005には、激しくつば競り合いを続けるBlu-ray Disc陣営とHD DVD陣営がそれぞれブースを出展、来場者へ自陣営の魅力をアピールしている。両陣営は“いま”何をアピールするのか?

[渡邊宏,ITmedia]

 複合展示会である「CEATEC JAPAN 2005」では、DVDの次世代を狙うBlu-ray Disc、HD DVDの両陣営がそれぞれにブースを構え、自陣営の魅力を来場者へアピールしている。Blu-ray Disc陣営の団体「Blu-ray Disc Association」と、HD DVDの団体、「HD DVDプロモーショングループ」のブースを見てきた。

“ハイビジョン、録画できます”でアピール――Blu-ray Disc

 先日、メジャー映画会社のParamountがサポートを表明したBlu-ray Disc(BD)。すでに松下電器産業とソニー、シャープから書き込み式の規格であるBD-REに対応したレコーダーが登場しているが、Blu-ray Disc Associationのブースには、この3社以外からも多くの製品が展示されていた。

photo BDA(Blu-ray Disc Association)のブース

 ブースにプレーヤー/レコーダーを展示していたのは、LG Electronics、松下電器産業、シャープ、パイオニア、サムスン、ビクター、フィリップス、三菱電機、日立製作所。多くの製品がBD-R/REのほか、現在策定が進められている(年内の策定完了が見込まれている)リードオンリー規格「BD-ROM」に対応しており、LG Electronicsと日立製作所のレコーダーにはHDDも搭載されていた。

photo LG Electronicsの展示していたHDD搭載BDレコーダー
photo 日立製作所のHDD搭載BDレコーダー

 日立のHDD搭載BDレコーダーは、BD/DVDをデュアルドライブで搭載したシャープの「BD-HD100」と異なり、3種類(BD/DVD/CD)のメディアが読み書き可能なドライブを搭載しており、BR-R/REへの書き込みのほか、DVD/BD-ROM/CDの読み込みが可能。デモ機では400GバイトのHDDを搭載しており、「ハイビジョン録画をメインの用途として提案していく」製品となっている。市販化に向けた検討が進められており、「2006年中には販売したい」としている。

photo サムスンのBD-ROMプレーヤー。HDMI端子も備える
photo 三菱電機のBD-ROMプレーヤー
photo パイオニアのBD-R/REレコーダー

 松下電器産業はBD-ROMのみが再生可能というプレーヤーを展示。同社は2004年6月にBR-RE対応機「DMR-E700BD」を投入しているが、展示されているプレーヤーはBD-ROMだけが再生可能で、BD-R/REは再生できない。

photo 松下電器産業のBD-ROMプレーヤー

 ROMだけのサポートに限定したことについては、「DB-ROMだけのサポートに限定した方がコストを抑えることができるほか、米国などでは単機能低価格機へのニーズが見込める」とその理由を説明している。ただし、多機能機が好まれる日本国内向けなどにはBD-R/REのサポートを行う可能性も残されているほか、DMR-E700BDについても、ファームウェアアップデートなどでBD-ROMへの対応をはかるというサービスが検討されているという。

 そのほか、ブースにはBD-R/REメディアの展示も多く行われており、ブース全体としてはハイビジョンの録画用途としてBDをアピールしているように見える。ただし、BD-ROMの規格策定が完了していない現状を受けてか(年内の策定完了が有力視されている)、プレーヤーについては各社とも参考展示にとどまっている。

photo 三菱化学メディアが展示していたBDメディア。このほかにも富士写真フイルムなどがメディアを展示していた
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.