レビュー
» 2005年10月14日 19時33分 UPDATE

ビデオ購入:iTMS-Jでミュージックビデオを買ってみた (1/2)

日本のiTunes Music Storeでも動画の配信が開始された。外出先で楽しむには新iPodの出荷を待たなければいけないが、PCだけならすぐにでも楽しめる。早速、iTunes Music Storeでビデオクリップを購入してみた。

[渡邊宏,ITmedia]

 発表された第5世代iPodの目玉はなんといっても動画再生機能だ。ジョブズCEOや米Apple幹部は「メインは音楽再生だ」と発言しているが、それでも日本を含めたiTunes Music Storeからの動画コンテンツ提供はすでに開始されており、すでにミュージッククリップなどが購入できる。

 出先でムービーを楽しむには第5世代iPodの出荷開始(10月20日前後といわれている)を待たなければいけないが、購入して楽しむだけならすぐにでも可能だ。早速、iTunes Music Storeでビデオクリップを購入してみた。

photo iTunes Music Store

購入手順は音楽と変わらず――プレビューでの「お試し」もアリ

 iTunesを起動してiTunes Music Storeへアクセスしてみると、左ペインの「Music Store」に「映画予告編」「ミュージックビデオ」「Pixar」の3項目が追加されていることに気が付くはずだ。「映画予告編」はストリーミングで映画の予告編を視聴できるコーナーで、「ミュージックビデオ」と「Pixar」はそれぞれ動画コンテンツを有料でダウンロードできるコーナーだ。

photo 左に「映画予告編」「ミュージックビデオ」「Pixar」の3項目

 10月14日現在、「映画予告編」は米iTunes Music Storeの「Movie Trailers」(映画予告編)にリンクされているほか、「Pixar」はリンク先に何も置かれていない状態となっている。Pixarについては、iTunes Music Storeのトップ画面に表示されるバナーからはコンテンツの置かれている場所へいくことができるので、単純なミスかと思われるが気になるところだ。

 メインの動画コンテンツになる「ミュージックビデオ」には、U2、BECK、Stingなどをはじめ、Diana Krall、Sonic Youth、Sheryl Crow、Nine Inch Nails、Sum41などの作品がラインアップされている。どれだけの本数が用意されているかを完全に確認することはできなかったが、「トップ100」のコーナーはすべて埋まっているので、それなりの本数はあるようだ。

photo 「ミュージックビデオ」の画面

 価格は1本300円で統一されている。楽曲は1曲150円ないし200円なので微妙といえば微妙な価格設定かもしれないが、購入ページにはプレビュー機能も用意されており、20秒程度の「お試し」も可能だ。曲は知っていても、ビデオまでは見たことがないという場合も多いかと思うので、このプレビューだけでも結構楽しめるのではないだろうか。

photo U2のミュージックビデオ販売ページ。ビデオのプレビューも可能

 購入の手順は音楽と同じで、「購入」ボタンを押すだけ。ダウンロードが完了すればiTunesの所定の場所(iTunes 6ならば「ビデオ」か「購入したもの」)からアクセスできる。「ビデオ」はiTunes 6から新たに設けられた項目で、iTMSから購入した楽曲をはじめ、iTunesで扱える動画はここに表示される。

photo iTunes 6から設けられた「ビデオ」の項目。上には「すべて」「ムービー」「ミュージックビデオ」「Podcast」「テレビ番組」のソートボタンと、アーティスト/アルバム/タイトルでソートするボタンが用意されている
photo iTunes 6 の「購入したもの」では音楽/ビデオが混在して表示されるが、購入したビデオについてはタイトルの後ろにビデオを表すボタンが付いている。
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.