ニュース
» 2005年10月24日 12時53分 UPDATE

JSATの秘密基地に潜入してきました (1/4)

横浜市区部ながら、まだまだ自然が多く残る丘の上に、JSATの横浜衛星管制センター(YSCC)がある。木々の間から直径数メートルもある巨大なパラボラアンテナが覗く様は、まさに「秘密基地」の趣だ。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 JR横浜線の「中山」駅から車で約10分。横浜市区部ながら、まだまだ自然が多く残る丘の上に、JSATの横浜衛星管制センター(YSCC)がある。木々の間から直径数メートルもある巨大なパラボラアンテナが覗く様は、まさに「秘密基地」の趣だ。しかも、2つの建物を中心として周囲に計16基もの巨大なパラボラアンテナが林立していた。

photo JSATの横浜衛星管制センター(YSCC)

 JSATは、36000キロの上空に9機の衛星を保有するアジア最大規模の衛星通信事業者だ。CATV向けのコンテンツ配信サービス「JC-HITS」、各種衛星通信サービスなどさまざまな事業を手がけているが、やはり有名なのはCS放送「スカパー!」や「スカパー!110」のインフラ。もちろん。話題の地デジの衛星再送信実験にも深く関わってくる。今回は、昨年12月に完成したばかりの新局舎見学を兼ね、衛星ビジネスの舞台裏を見せてもらった。

photo 新局舎。前面のソーラーパネルが印象的だが、東側なので朝しか日が当たらないのだとか
photo 敷地内に林立するパラボラアンテナは最大のもので直径11メートル。スカパー!などに使用するKuバンド用は約8メートル

 「JSATの“秘密基地”にようこそ」と出迎えてくれたのは、JSAT広報IR部の鳥井英幸部長と同じくネットワーク運用部長を務める平岡直己氏(やっぱり、誰が見ても秘密基地なのだ)。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.