ニュース
» 2005年11月17日 17時15分 UPDATE

新ウォークマンが渋谷をジャック――発売カウントダウン開始

ソニーは発売開始が間近に迫った新ウォークマンのイベントを渋谷にて開始した。新ウォークマンのスタミナにちなみ、駅前で50時間の連続再生にチャレンジするほか、街頭ビジョンと大形看板でもPRする。

[ITmedia]

 ソニーとソニーマーケティングは11月17日、発売開始が間近に迫った新型ウォークマン“Aシリーズ”のイベントを渋谷にて開始した。

 このイベントは新型ウォークマンの発売を記念して、渋谷駅前ビル「Likes.」5階のショーウィンドウにて、11月17日午前9時から11月19日11時までの50時間、ダンサーが1台の新ウォークマンを聴きながら踊り続けるというもの。

photo 見慣れた渋谷駅前の風景。道玄坂へ向かう道路の入り口、Samsungの看板があるビルの5階でダンサー達が踊っている
photo 常時踊るのは3人。36人のダンサーが交代で50時間踊り続ける

 新型ウォークマンは再生中のアーティストに近いジャンルのアーティストを検索できる「アーティストリンク」や、ユーザーがよく聞く楽曲や楽曲発売年でのシャッフルが行える「インテリジェントシャッフル」などの機能を備えるが、最大約50時間の連続再生が可能なスタミナ性能も特徴のひとつ(連続50時間再生はNW-A605/607/608のみ)。

 11月17日午前9時に電源オンされたNW-A605/607/608は、50時間後の11月19日11時まで総勢36名のダンサーが交代で身につけながら絶えず音楽を再生する。経過時間はQFRONTの大型ビジョン「Q'S EYE」のほか、109-2の「109フォーラムビジョン」と第一勧銀ビル隣の「スーパーライザ渋谷」でも随時報告される。

photo 渋谷駅前の大型ビジョンで50時間チャレンジの様子と、新ウォークマンのCMが流される
photo
photo

 各大型ビジョンでは新型ウォークマンのCMも放送されるほか、近隣には大形看板が多く取り付けられており、渋谷駅前はさながら新型ウォークマンに“ジャック”されたような格好だ。

photo 渋谷駅の駅舎にも新型ウォークマンの看板が

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.