ニュース
» 2005年12月08日 19時41分 UPDATE

オンキヨー、ジャズ・クラシックの高音質配信を開始

オンキヨーは音楽配信サイト「e-onkyo music store」にてジャズ・クラシック音源のロスレス形式による高音質配信を開始した。一部の楽曲は24bit/96kHzの高音質で配信される。

[ITmedia]

 オンキヨーは12月8日、同社の音楽配信サイト「e-onkyo music store」にてジャズ・クラシック音源のロスレス形式による高音質配信を開始した。

photo e-onkyo music store

 配信が開始されたのは、綾戸智絵の「LOVE」「shine」、大石学ピアノトリオの「くり返されること」「NEBULA」などジャズ44曲と、ベートーベンの全交響曲、ドボルザーク「新世界」、チャイコフスキー交響曲「悲愴」、ホルスト「惑星」、エルガー「威風堂々」などクラッシック140曲。

 配信形式はWMA Losslessで、CDクオリティの16bit/44.1kHzはもちろん、24bit/48kHzと24bit/96kHzでの配信も行われる(ジャズは24bit/96kHzと24bit/48kHz、クラシックは16bit/44.1kHz)。

 価格は1曲あたり200円〜300円で、CD書き込みとポータブルオーディオへの転送は1回のみ可能(クラシック音源はCD書き込み3回、転送10回)。現時点では24bit/96kHzのWMA Losslessに対応したポータブルオーディオは発売されておらず、そうした楽曲はUSBオーディオプロセッサや対応サウンドカードを搭載したPCなどで楽しむことになる。

photo 配信ページ(綾戸智絵「shine」)

 ジャズについてはイーストワークスエンタテイメント、クラシックについてはナクソス・デジタル・ジャパンから楽曲提供を受けている。e-onkyo music storeは同社が8月8日に開始した音楽配信サービスで、これまでにも同社レーベル「Premium Stones」やエイベックス ネットワークスの楽曲を配信している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.