ニュース
» 2005年12月20日 18時33分 UPDATE

ビクター、iTMSへ参加

ビクターエンタテインメントは、アップルの音楽配信サイト「iTunes Music Store」へ12月21日より楽曲の提供を開始すると発表した。

[ITmedia]

 ビクターエンタテインメントは12月20日、アップルの運営する音楽配信サイト「iTunes Music Store」への楽曲提供を12月21日から開始すると発表した。

photo iTunes Music Store

 12月21日に提供開始されるのは、くるりの全アルバム(「NIKKI」「アンテナ」「ジョゼと虎と魚たち」「THE WORLD IS MINE」「TEAM ROCK」「図鑑」「さよならストレンジャー」)やKiroroの「Kiroroのうた(1)」など計18アルバム(全209曲)。

 購入はアルバムおよび単曲でも行える。価格はアルバムが800円〜2000円、単曲が150円または200円で、今後はMINMIやUAなどの楽曲を提供していく計画だ。

 同社は音楽配信へ積極的なスタンスを以前から示しており、レーベルゲートの「Mora」やニフティの「MOOCS」へ楽曲を提供しているほか、高音質化技術「K2」を圧縮音源向けに改良した「net K2」の開発を日本ビクターと共同で行うなど、要素技術へも取り組んでいる。

 iTunes Music Storeへの楽曲提供も以前から検討されており、今回の提供開始にあたっては「幅広いジャンルと豊富なカタログを保有するビクターエンタテインメントならではの特性を生かした効果的な編成や販売に取り組んでいく」とコメントしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.