速報
» 2006年01月05日 14時41分 UPDATE

2006 International CES:ソニー、「xvYCC」に対応した82型液晶テレビを開発

ソニーは1月5日、世界で初めて動画色空間規格の「xvYCC」に対応した82型液晶テレビを開発し、ラスベガスで開催される「2006 International CES」に参考出展すると発表した。

[ITmedia]

 ソニーは1月5日、世界で初めて動画色空間規格の「xvYCC」に対応した82型液晶テレビを開発し、「2006 International CES」に参考出展すると発表した。

photo 「xvYCC」に対応した82型液晶テレビ。開催前日に行われたプレス向けカンファレンスで撮影

 xvYCCは、現在のテレビなどで使われている動画色空間規格と静止画で使われる“sYCC”規格をもとに拡張した動画の広色域色空間規格。現行テレビ放送の色空間規格に対して約1.8倍の広い色彩が表現できるというもの(マンセル・カラー・カスケード票による)で、2005年10月にIEC(International Electrotechnical Commission:国際電気標準会議)で承認されている。「同規格に対応した撮影機器では、人の目に極めて近い色彩で撮影することができ、対応したテレビは、撮影したその映像をほぼ忠実に再現することができるようになる」(ソニー)。

photo 画面の左側は現行テレビ放送の色空間規格による映像、右はxvYCCによる映像

 今回発表した82型液晶テレビでは、フルHD解像度(1920×1080ピクセル)のパネルに、新開発のxvYCC規格対応信号処理回路や、RGBのLEDを用いた“トリルミナス”バックライトシステムを組み合わせた。これにより、「今までのテレビでは再現できなかった、映画の中のさまざまな色彩、パプリカやトマトのバリエーション豊かな赤、花びら一枚一枚の色の違いなどを、あるがままに映し出す」としている。

 詳細は追ってリポートする予定だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.