レビュー
» 2006年03月07日 09時58分 UPDATE

レビュー:高感度2枚撮りができる薄型大画面デジカメ――「FinePix V10」 (1/5)

富士写真フイルム「FinePix V10」は、3インチ液晶を備えた薄型デジカメ。これまでの高感度撮影に加え、1回のシャッターでフラッシュ発光と非発光の2枚を連続して撮る「高感度2枚撮り」やゲーム機能を新搭載した。

[永山昌克,ITmedia]

 液晶モニターが大画面化が進み、3インチ液晶を搭載するコンパクトデジカメが増えてきた。画面を大きく見られるのは、使っていて単純に気持ちがいいし、撮るだけでなく画像ビューワーとしても利用できる。デジカメで撮った画像は、いったんPCに転送してしまうと見る機会が少なくなりがちだが、大型液晶のモデルなら、撮った画像を持ち歩き、人に見せて楽しめる。

 富士写真フイルム「FinePix V10」は、同シリーズとしては初めて3インチの大画面を搭載した薄型デジカメだ。他社の3インチモデルと同じく、背面の大部分を液晶モニターが占めている。他社機との違いは、操作ボタン類を液晶の下部に一列にまとめたこと。ボディの横幅は最も短く、液晶の大きさが特に際立って見える。

photo 富士写真フイルム「FinePix V10」。写真のオレンジのほか、シルバーとガンメタリックの計3色のカラーバリエーションがある。今回の試用と作例は、量産試作機によるものだ

 ただそのせいで、右手親指の置き場がない。しっかりホールドしようとすると、どうしても指が液晶の上に重なってしまう。それに、ボタンの位置が離れすぎているため、右手だけでボタンを押すのは難しい。

photo 3インチの大型液晶を搭載し、ボタン類は狭いスペースに追いやられた。ボタンの操作性は最良とはいえないが許容できる範囲。ただしカバンなどに入れておくと、何かの拍子で左下の再生ボタンに当たり、いつの間にか電源が入ってしまうのは困った

 とはいうものの、目くじらを立てるほどボタンが使いにくいわけじゃない。多機能を駆使する本格デジカメなら話は別だが、そもそもFinePix V10は押すだけのフルオートが主体のスナップデジカメだ。ボタンの位置が少々変則的でも、大型液晶を優先した端整なデザインは、これはこれで面白いと思う。

photo レンズは、35ミリ換算の焦点距離が38〜130ミリ相当の光学3.4倍ズーム。ほかの3インチ液晶モデルに比べて、テレ側がちょっと長い
photo 電源オフの状態ではフルフラットになる奥行き23.3ミリのメタルボディ。前面にはヘアライン処理が施され、適度な高級感がある
       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.