ニュース
» 2006年03月23日 15時00分 UPDATE

ソニー、音にこだわる人のHi-MDウォークマン「MZ-RH1」

ソニーが、Hi-MD対応のウォークマン録再モデル「MZ-RH1」を発表。CD音質並みの「リニアPCM」44.1kHz/16bit録音に対応。実売は4万円前後。

[ITmedia]

 ソニーは3月23日、Hi-MD対応のウォークマン録再モデル新製品「MZ-RH1」を発表した。4月21日から発売する。価格はオープンで、市場想定価格は4万円前後。

photo

 CDと同等の音質である「リニアPCM」方式での44.1kHz/16bit高音質録音に対応した。また、再生時に録音レベルが違う曲のレベルを自動で調整して聴きやすくする「Dynamic Nomalizer(ダイナミック・ノーマライザー)」を搭載。そのほか、HDデジタルアンプ出力段のカップリングコンデンサを従来の2倍以上に大容量化したほか、vptアコースティックエンジン、6バンドイコライザ、高磁力ネオジウムマグネット採用ヘッドフォンなど“音にこだわった”仕様になっている。

 本体のサイズ87.7(幅)×87.7(高さ)×17.3(奥行き)ミリ・約106グラム(充電池含む)。前面のパネルに視認性の高い有機ELディスプレイを搭載したほか、録音操作時の使い勝手を考慮したボタンレイアウトを採用している。

 Hi-MDディスクに本体録音で最大34時間、PC転送で最大45時間分の長時間録音が可能。音楽再生はATRAC/ATRAC3/ATRAC3Plusのほか、MP3にも対応する。電源はリチウムイオン充電池を採用、USBからのバスパワー充電に対応。PCの外部記録メディアとして利用可能で、約300Mバイト/約1Gバイトのリムーバブルメディアとして使える。

 Macintosh用転送ソフト「Hi-MD Music Transfer for Mac ver.1.0」を新たに開発。本体で録音したリニアPCM(1411Kbps)/Hi-SP(256Kbps)/Hi-LP(64Kbps)のコンテンツをWAV(1411Kbps)に自動変換してMacintoshにアップロードできる。Windowsユーザーは、従来どおり音楽管理ソフト「Sonic Stage3.4」を利用。

 過去の音楽MD資産をPCへアップロードできる「MDアップロード機能」を搭載。MD転送時にビットレートの選択が行えるほか、曲の波形をデータベースと照合するGracenote MusicIDの使って未タイトルの曲情報も取得可能。

 本体カラーはシルバーのみ。漢字表示対応のスティックリモコン、ヘッドフォン(MDR-E0931)、リチウムイオン充電池、USBケーブル、ACアダプタなどが付属する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう