ニュース
» 2006年04月06日 18時55分 UPDATE

小さなスピーカーで重低音再生――ビクターの新「液晶EXE」 (1/2)

日本ビクターは、「液晶EXE」新シリーズを発表した。フルHDパネルの46V型や120MHz駆動の高速液晶ドライバーを搭載した37V型をラインアップ。新たに低音再生機能「Maxx Bass」を採用し、テレビ用の小型スピーカーでは再生しにくい重低音をサポートした。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 日本ビクターは4月6日、デジタルチューナー内蔵のハイビジョン液晶テレビ「液晶EXE」(エグゼ)新シリーズを発表した。ラインアップは、46V型「LT-46LH800」、37V型の「LT-37LC85」、26V型の「LT-26LC80」の3機種。5月上旬から順次発売する予定だ。

photo 地上/BS/CS110度のデジタル3波対応チューナーとアナログ地上波チューナーを搭載。HDMI端子は全モデルに搭載。46V型ではHDMI2系統を備える
型番 画面サイズ(解像度) 店頭予想価格 発売時期
LT-46LH800 46V型(1920×1080) 58万円前後 5月上旬
LT-37LC85 37V型(1366×768) 38万円前後 5月中旬
LT-26LC80 26V型(1366×768) 21万円前後 6月上旬

 46V型には、1920×1080ピクセルのフルHDパネルを搭載。また37V型は1366×768ピクセルのWXGAパネルながら、昨秋のモデルと同様、120MHz駆動の高速液晶ドライバーを採用している。これは、パネルの応答速度高速化やオーバードライブなどではなく、ホールド時間(1フレームの映像を表示し続ける時間)を短縮して残像感を抑制する手法。通常は1秒間に60フレーム(60Hz動作)で構成される映像に対し、2倍にあたる秒間120フレーム表示を行うことで、「動きの速いスポーツ番組などもくっきりと再現できる」(同社)。サッカーのワールドカップが開催される6月に向け、強力にプッシュしていく方針だ。

 同社の高画質エンジン「新ジェネッサ」は全モデルに搭載した。前モデルからCPUを32bit化したことで映像の特徴点検出の精度が向上。シーンごとのコントラスト感を調整する「インテリジェントγ(ガンマ)」や色補正を行う「カラークリエーション」などの機能が強化されている。さらに今回は、DVDなどのSD映像とデジタル放送のHD映像に個別対応するノイズリダクション機能を搭載。「DVD映像などの“ざらつき感”をなくし、見やすさを向上させる」という。

photo HD映像とSD映像に独立したNR(ノイズリダクション)機能を搭載
photo 他社製品との比較デモ

 音声再生では、新たに低音再生機能「Maxx Bass」(マックスベース)を搭載した。Maxx Bassは、「失われた基本波現象」と呼ばれる音響心理学の原理を応用したwaves社の特許技術だ。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう