ニュース
» 2006年04月10日 15時00分 UPDATE

携帯予約や“おでかけ”で武装した新「スゴ録」登場 (1/2)

ソニーは、デジタルチューナー搭載の「スゴ録」新製品3機種を発表した。携帯電話からのEPG予約を可能にしたほか、「ダイジェスト再生」やデジタル放送対応の「おでかけ・スゴ録」、DLNAサーバ機能など、かなり見どころが多い製品だ。5月発売予定。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 ソニーは4月10日、「スゴ録」新製品を発表した。全モデルがデジタルチューナーを内蔵し、デジ・アナ2番組同時録画をサポート。新たに携帯電話からの「リモート録画予約」や「ダイジェスト再生」を搭載したほか、一部モデルではデジタル放送対応の「おでかけ・スゴ録」「DLNAサーバ機能」など、多くの新機能を詰め込んでいる。

photo 上位モデルの「RDZ-D97A」。ブラックの筐体にアルミ製のドア
photo 「RDZ-D77A」。型番の末尾に「A」が付いているものは、MPEG-4 AVC記録による「おでかけ・スゴ録」やDLNAサーバ機能を搭載している

 製品概要と店頭予想価格は下記の通り。

型番 RDZ-D97A RDZ-D77A RDZ-D87
HDD容量 400Gバイト 250Gバイト 400Gバイト
記録可能DVDメディア DVD-R/-RW/+R/+R DL
チューナー デジタル3波+アナログ地上波(デジ・アナ同時録画)
リモート録画予約
ダイジェスト再生
おでかけ・スゴ録
DLNAサーバ機能
出力端子 HDMI、コンポーネント、D4、S端子×2、コンポジット×2、光デジタル音声、同軸デジタル音声、i.Link(HDV1080i、DV)、USB(RDZ-D87を除く)
入力端子 S端子×3、コンポジット×3
外形寸法 430(幅)×346(奥行き)×84.2(高さ) 430×346×79.2
重量 約5.7キロ 約5.6キロ
実売価格 17万円前後 14万円前後 14万円前後
発売時期 5月
価格はいずれもオープンプライス
photo 「RDZ-D87」は、おでかけ・スゴ録などの付加機能を搭載しないベーシックモデル。HDD容量は400Gバイト

 リモート録画予約は、携帯電話の画面に電子番組表を表示し、メニューから番組を選ぶだけで録画予約が行えるというものだ(関連記事)。EPGの手軽さにくわえ、同社によると「予約がすぐに自宅のスゴ録に反映されるリアルタイム性」も特徴だという。

 「これまでもCoCoonや他社製品など、携帯電話予約機能を持つレコーダーは存在したが、予約情報をサーバから受け取るのが1日に数回だったり、ユーザーが予約メールの書式をおぼえなければならないといった課題を抱えていた。しかし新サービスではEPG画面から選ぶだけ。本体が高速起動モードになっていれば、予約の実行から“遅くとも1分以内”にスゴ録に反映できる」(同社ホームネットワークプロダクツマーケティング部Home Video MK課の中村芳彦氏)。

photo リモート録画予約の手順。録画モードの設定も可能だ

 ほかの録画予約と時間が重複している場合は携帯電話の画面にメッセージを表示。また、録画を開始したあとでも予約の取り消しが可能だ。「本体側で設定した録画予約を携帯電話から取り消すことはできないが、重複したときに“そのまま予約”すればいい」(同氏)。なお、携帯電話は5台まで登録できるため、家族で1台のスゴ録を共用していても問題は少ないだろう。

photo 携帯電話によるEPG予約画面。画面は試作段階のため、実際とはデザインが異なる可能性がある

 番組情報はGガイドが提供し、地上デジタル/地上アナログ放送の両方をサポートする。対応機種は「SO902i」などFOMAの一部シリーズ。標準搭載アプリ「Gガイド番組表リモコン」を5月1日に提供開始する無料アップグレードを適用する必要があるが、登録料やサービス料金は発生しない。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.