ニュース
» 2006年04月17日 15時18分 UPDATE

音楽ソフトの年間生産実績、金額ベースで7年ぶりにプラス

日本レコード協会によると、2005年度の音楽ソフト生産実績は3億6735枚/巻(前年度比109%)、4313億円(同104%)となり、金額で7年ぶりに前年実績を上回った。

[ITmedia]

 日本レコード協会は4月17日、2006年3月度の音楽ソフト生産実績を発表した。これによると、数量は前年同月比132%の3713万枚/巻、金額も同123%の442億円と大幅伸長。2005年4月から2006年3月までの2005年度通期では、3億6735枚/巻(前年度比109%)、4313億円(同104%)と、金額で7年ぶりに前年実績を上回った。

 「音楽ソフト」は、音楽CDやカセットテープを含む「オーディオレコード」と「音楽ビデオ」の合計。このうちオーディオレコードは、2月に続いて好調を維持しており、数量では前年同月比125%の3142万枚/巻、金額で同120%の370億円となった。また音楽ビデオも数量で前年同月比182%の571万枚/巻、金額が同141%の73億円と、さらに好調だ。音楽ソフト全体の四半期(1〜3月)累計では、数量が9184万枚(前年同期比118%)、金額は1063億円(同109%)と昨年同期を上回っている。なお、PCや携帯電話向けの有料音楽配信は含まれていない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.