ニュース
» 2006年04月20日 13時00分 UPDATE

キヤノン、6メガになった手ブレ補正12倍ズーム「PowerShot S3 IS」

キヤノンはデジタルカメラ「PowerShot S3 IS」を発表した。同S2 ISの後継機種で、600万画素CCD/高感度&手ブレ補正付き光学12倍レンズなど機能をブラッシュアップ。

[ITmedia]

 キヤノンは4月20日、デジタルカメラ「PowerShot S3 IS」を発表した。4月27日から発売する。価格はオープンで、市場予想価格は5万5000円前後。

photo PowerShot S3 IS。色はブラックのみ

 昨年5月に発表したPowerShot S2 ISの後継機。従来機とほぼ同サイズとなる113.4(幅)×78.0(高さ)×75.5(奥行)ミリ・約410グラムのコンパクトな本体に、光学式手ブレ補正システムを搭載した36〜432ミリ相当(35ミリ判換算)の光学12倍ズームレンズという組み合わせはそのまま、CCDを1/2.5インチ有効画素数600万画素タイプに変更。さらに、ISO800までの高感度撮影に対応した。背面の液晶モニタも従来機の1.8インチから2インチにサイズアップ。

photo  
photo

 撮影するシチュエーションにあわせた設定がプリセットされた「モードダイヤル」には新たに「スポーツ」を追加し、計22種類のモードを選択可能。撮影後のレタッチを可能にする「マイカラー」、16:9のワイド撮影などが新機能として搭載。

 押すだけで動画撮影モードに切り替わる入る「ムービーボタン」やVGA 30フレーム/秒の滑らかな撮影、ステレオ録音など、優れた動画機能は継承。動画撮影時にもオートフォーカスやズームが利用きるほか、動画撮影中でもシャッターボタンを押すと静止画が撮影できる「フォト・イン・ムービー」も搭載。

 マクロは0センチまで接近できる「スーパーマクロ」を搭載。記録メディアにはSDメモリカード、電源には単三形アルカリ電池もしくはニッケル水素電池4本を使用する。アルカリ乾電池使用時で約110枚、ニッケル水素電池使用時で約550枚の撮影が可能。

 主な仕様は以下の通り。

製品名 Powershot S3 IS
撮像素子 1/2.5インチ 有効画素数600万画素CCD(総画素数620万画素)
記録画素数 静止画:2816×2112、2816×1584、2272×1704、1600×1200、640×480
動画 640×480(30/15fps)、320×240(30/15fps)
記録形式 静止画:JPEG(Exif 2.2)、動画:AVI(画像データ MotionJPEG、音声 ステレオWAVE)
シャッタースピード 15秒〜1/3200秒(15秒〜1.3秒のスローシャッター時にはノイズリダクション処理あり)
ISO オート、ISO80/100/200/400/800相当
ホワイトバランス オート、プリセット(太陽光/くもり/電球/蛍光灯/蛍光灯H)、マニュアル
レンズ 光学12倍 35mm判換算36−432mm、F2.7−F3.5
電子ズーム 約4倍
液晶ディスプレイ 2インチバリアングル液晶(11.5万画素)
記録メディア SDメモリカード
電源 単三形電池×4本
サイズ 113.4(幅)×78.0(高さ)×75.5(奥行)ミリ
重さ 約410グラム(本体のみ)
価格 オープン(実売5万5000円前後)
発売時期 4月27日

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.