ニュース
» 2006年04月26日 20時20分 UPDATE

三菱とスカパー!、スポーツ番組のハイライト再生が可能なDVDレコーダー

三菱電機とスカイパーフェクト・コミュニケーションズは、スカパー!用レンタルチューナーと連携できるDVDレコーダー「DVR-HE10WSD」を発表した。

[ITmedia]

 三菱電機とスカイパーフェクト・コミュニケーションズは4月26日、スカパー!用のレンタルチューナーと連携できるDVDレコーダー「DVR-HE10WSD」を発表した。チューナーに追加される「スカパー!対応ハイライト再生」機能により、スポーツ番組のハイライトシーンだけを再生できる。

 ショッピングサイトの「NTT-X Store」と「イートレンド」のみで販売される。5月10日より予約を受け付け、発売は5月21日。価格はオープンで、販売価格は5万円前後の見込み。

photo 「DVR-HE10WSD」外観や仕様はDVR-HE10Wと同様

 新製品は、160Gバイトの内蔵HDDを持つDVDレコーダーで、スカパーとの連携機能が搭載された以外は、2005年8月に発表された「DVR-HE10W」と同様の仕様。

 「スカパー!レンタルサービス用チューナー」に追加される「スカパー!対応ハイライト再生」機能と連携し、「スカイパーフェクTV!(124/128CSサービス)」で放送されるスポーツ番組のハイライト再生を可能にした。レンタルチューナーへの「スカパー!対応ハイライト再生」機能の追加は、5月下旬に衛星経由により自動で行われる。

photo ハイライト再生時の画面。10段階の設定が可能

 DVR-HE10Wは録画したスポーツ番組の歓声を、独自アルゴリズムにより分析。ハイライトシーンだけの再生を行うことができるが、電子番組表(EPG)から予約した番組に限られていたため、外部入力からの予約録画では使用することができなかった。

 今回発表されたDVR-HE10WSDと、ハイライト再生機能が追加されたレンタルチューナーの組み合わせでは、チューナーに接続されたIr ビデオコントローラーから、シーン分析に必要なジャンル情報を含んだ予約録画が可能となり、スカパー!で放送されるスポーツ番組のハイライト再生を可能にした。なお、対応する機器はスカパー!のレンタルサービス用チューナーとDVR-HE10WSDのみで、番組ジャンルもスポーツ番組に限定される。

 用意される入力端子はSビデオ端子×3、ビデオ端子×3。出力端子はD端子×1、Sビデオ端子×2、、ビデオ端子×2。光デジタル音声出力端子×1と、DV端子×1も備えた。サイズは425(幅)×330(奥行き)×59(高さ)ミリ。重さは約5.3キロとなっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.