ITmedia NEWS >
ニュース
» 2006年05月31日 17時12分 公開

ビクター、ステレオマイク装備でPCM録音も可能なメモリプレーヤー“alneo”

日本ビクターは、ポータブルオーディオ“alneo”(アルネオ)の新製品を6月下旬より販売開始する。“スタジオ仕込み”のHDDタイプと同様の高音質化機能を搭載するが、フラッシュメモリの採用で小型化したほか、ステレオマイクやPCM録音など、録音機能が充実した。

[ITmedia]

 日本ビクターは5月31日、ポータブルオーディオプレーヤー“alneo”(アルネオ)の新製品、「XA-C109」「XA-C59」を6月下旬より販売開始すると発表した。価格はいずれもオープンで、実売想定価格は1Gバイトのメモリを搭載したXA-C109が2万7000円前後、512Mバイトのメモリを搭載したXA-C59が2万1000円前後。

photo メモリを1Gバイト搭載した「XA-X109」。カラーは写真のブラックとシルバー
photo こちらは512Mバイト版の「XA-C59」。カラーはレッドとブルー。メモリ容量と本体カラー以外にスペック上の差はない

 新製品は2005年9月に発表されたポータブルHDDプレーヤー「XA-HD500」と同様、CCコンバーターなどの独自技術を導入することで高音質化を図ったポータブルプレーヤー。デザインはXA-HD500と類似しているが、ストレージにフラッシュメモリを使用することで大幅な小型化を実現した。

photophoto 左側面(左)と上側面(右)。上側面にはライン入力端子も用意される

 搭載するCCコンバーターは圧縮音源が圧縮時に失ってしまった情報を再生時に補完することによって、より元のソースに近い音質を再現する機能。本製品に補完のほかにも、アタック音の強調などデジタルオーディオプレーヤーに適した細部の調整が行われている。

 本製品では左右独立マイクを内蔵したほか、ライン録音時のファイル形式にリニアPCM(WAV)が選択可能になるなど「高音質録音」も大きな特徴となっている(内蔵マイクでの録音時はWMAのみ)。録音レベルも16段階と細かく調整可能だ。

photophoto ディスプレイ上部に設けられている内蔵ステレオマイク(左)、ライン入力端子にジャックを差し込むと自動的に録音モードに切り替わる(右)

 録音時のビットレートは32kbps〜128kbps(マイク録音時)、64kbps〜128kbps(ライン録音時)に調整可能。本体側面のボタンをワンプッシュするだけで録音モードに切り替わるほか、ライン入力端子にジャックを差し込むだけでも録音モードが起動するなど、使い勝手にも気を配られている。

 再生可能なファイル形式はMP3/WMA/WAV。Windows DRM(WMA-DRM10)にも対応しており、定額制音楽配信サービスも利用できる。録音可能なFMラジオチューナーも搭載している。

photophoto メニュー画面(左)、再生中の画面(右)

 本体前面には1.27インチのカラー有機ELディスプレイを搭載しており、音楽ファイル再生時はブルー、FMラジオ利用時はオレンジ、録音時はレッドと利用しているモードにあわせてカラーが変化する。本体サイズは44(幅)×86(高さ)×11.7(厚さ)ミリ、約49グラム。

photo iPod nanoとの比較

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.