ニュース
» 2006年07月19日 15時22分 UPDATE

読者プレゼントつき:iPodライフを豊かにするアクセサリたち (1/3)

豊富なアクセサリが用意されているのもiPodを使う楽しみのひとつ。その種類は非常に多く、すべてはとても紹介しきれないが、いくつか代表的な製品を集めてみた。

[渡邊宏,ITmedia]

 ケースをはじめとした豊富なアクセサリが用意されているのもiPodを使う楽しみのひとつ。車内で活躍するFMトランスミッタや利用時間を延長できるバッテリーパックなど、さまざまなアクセサリから自分の利用スタイルにあわせた製品をチョイスできる。

 その種類は非常に多く、すべてを紹介するのはとてもムリだが、いくつか代表的な製品を集めてみた。あなたの「iPodライフ」をより豊かにする一助になれば幸いだ。

愛車でiPodのサウンドを楽しむならFMトランスミッタを

 愛車でiPodのサウンドを楽しみたいというユーザーは多いはず。そんなとき、役になってくれるのが最低限の配線だけで車内にiPodを持ち込めるFMトランスミッタ。多くの製品が12ボルトのシガーライターソケットからiPodへ電力を購求することが可能となっており、バッテリー残量を気にしないで利用できるのも大きなメリットだ。

 フォーカルポイントコンピュータの「iTrip 3」(ITmedia +D Shoppingで価格をチェック)は単三乾電池ほどのコンパクトサイズが魅力のFMトランスミッタ。第5世代iPodをはじめ、Dockコネクタを搭載したすべてのiPodに対応する。iPod本体から電源供給を受けるため、乾電池などの電源を別途用意する必要がないのもうれしい。

photophoto 「iTrip 3」の装着例(左)、底面にUSB (B) mini端子を備える(右)

 「iTrip nano」(ITmedia +D Shoppingで価格をチェック)はiPod nano専用で、iPod nanoの背面に本体を回り込ませるスタイルとすることで、iTrip 3より一層の小型化を実現している。両製品共にUSB (B) mini端子(メス)が用意されており、同社の「Power Jolt」のような12ボルト(シガーライター)――USB変換アダプタを用意すればバッテリー切れの心配なく利用できる。

photophoto iPod nano専用FMトランスミッタ「iTrip nano」(左)、12ボルト(シガーライター)――USB変換アダプタ「Power Jolt」(右)

 「iTrip Auto」(ITmedia +D Shoppingで価格をチェック)は車載専用のFMトランスミッタ。シガーライターソケットからのiPod充電機能も一体化されており、利用中の周波数は本体前面のバックライト付き大型液晶で確認できる。iPodとの接続インタフェースにはDockコネクタを利用する。

 「nano Tune」(ITmedia +D Shoppingで価格をチェック)はiPod nanoのケースに、FMトランスミッタのほかFMラジオの機能も搭載したマルチギア。Dockコネクタも搭載しており、装着したままでシンクすることもできる。iPodの充電機能は搭載しないが、アンプを内蔵しており、出力を25%アップさせることができる。

photophoto 車載専用のFMトランスミッタ「iTrip Auto」(左)、iPod nanoケースとトランスミッタが合体した「nano Tune」(右)

 「TransDock micro」(ITmedia +D Shoppingで価格をチェック)は上部のUSBコネクタにiPod shuffleを直接差し込めるユニークな機構を持ったタイプ、iPod shuffleをUSBで直接接続して充電も同時に行えるタイプの製品は少ないので、shuffle愛好家にはうれしいところだ。USB――Dock変換ケーブルも付属しているので、第5世代をはじめとした製品でも問題ない。

photophoto 「TransDock micro」。iPod shuffleを直接USBで差し込める

 グリーンハウスの「GH-FTC-IPODW/B」(ITmedia +D Shoppingで価格をチェック)は液晶ディスプレイを備えた本体とシガーライタープラグが一体化したシンプルな車載用FMトランスミッタ。過電流を防止するための過電流保護ヒューズを内蔵しており、万が一のトラブルからiPodを保護することができる。ホワイトとブラックの2色が用意されており、車内インテリアにあわせて選べるのもポイントだ。

photophoto ホワイトはGH-FTC-IPODW、ブラックはGH-FTC-IPODBの型番になる。本体とシガーライターの取り付け角度は自由に調節できるので、車内で見やすい角度にセッティングできる
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう

アクセストップ10

2017年06月22日 更新
  1. 今もっともコスパの高い4K液晶テレビかもしれない――バズーカ搭載、地デジもきれいな“レグザ”「BZ710X」 (2017年06月22日)
  2. ピコ太郎さんナゾソングの正体はこれだった! 「レイトン教授」世界10カ国でリアルナゾ解き企画を開催 (2017年06月20日)
  3. ポケモンGOアプリがアップデート、レイドバトルの準備が進む 手持ちのポケモンがデカくなるバグも (2017年06月21日)
  4. 「toio」をきっかけにソニーも変わる? 体感型おもちゃが示す本当の価値 (2017年06月21日)
  5. 大人の女性にうれしいスマートウォッチ! 小さく軽くなったソニーの「ウェナリスト」――スワロフスキーをあしらったモデルも (2017年06月21日)
  6. ポケモンGOにレイドバトル実装、協力して強大なボスポケモンを倒せ! ジムにも新要素、「わざマシン」など新アイテムも続々 (2017年06月20日)
  7. ヘッドフォンみたいな扇風機「ヘッドホンなクーラー」、サンコーから (2017年06月20日)
  8. 人についてくる赤外線ヘリコプター「フォロミーヘリカル」 (2017年06月20日)
  9. 転んでも自分で起き上がるカメラ付きホームロボット「アボットライリー」 (2017年06月21日)
  10. AI技術がテレビの画質を上げる! 東芝レグザの「AI機械学習HDR復元」とは (2017年06月19日)