連載
» 2006年07月20日 05時00分 UPDATE

今日から始めるデジカメ撮影術:第53回 川遊びと水着の関係 (1/3)

海や川へ遊びにいくのが似合う季節、夏。今回は、泳ぎはしなくても水遊びなら十分出来るってことで川へ行ってきた。大自然を背景に水着というのも悪くなかろう。

[荻窪圭,ITmedia]

グラビア風のカッコつけた写真に挑戦

 海や川へ行ったら是非とも撮りたい水着写真。でも何も考えずに撮るとこんな風になりがち。

photo

 ポイントは2点。ひとつめは撮る人の目の高さで撮っちゃったこと。身長差にもよるけど、女子を男子が撮る。男子の方が背が高いとカメラの高さが彼女の頭くらいにきちゃう。そうなると見下ろした感じになっちゃうしスタイルもヘンな遠近感が出てきれいに出ない。

 もうひとつはポーズ。「気をつけ」で真正面から撮ると平面的に見えちゃう。それはよくない。

 そこでちょっと気をつけてみた。カメラの高さをお腹から胸あたりに下げる。液晶モニターを見ながら撮れるから撮る方は無理にかがまなくてもいい。続いて手を後ろで組んでもらった。これならポーズをつけなれてない人手も抵抗無くできる。

photo 手の位置が変わるだけで雰囲気は随分違う
photo さらにモデルさんっぽくポーズ。これで身体も立体的に見えてスタイルもよく写るのだ

 ポイントは、顔は正面でも身体はちょっと斜めを向いていること。身体をねじりすぎなくてもほんのちょっと斜めから撮るだけで随分違うのだ。

 もっとグラビア写真っぽく撮るにはレンズの画角を上手に使おう。望遠にして撮ると背景がボケてよりグラビアっぽくなる。

photo
photo

 でもまだ足りない。そこで登場するのが「レフ板」。光を反射させるための板。写真用品店に売ってる。昼間の光は(曇天下でも)上から下に降りそそぐものだから、レフ板で下から上に少し光を反射させてやる。すると陰影が弱くなり、光が全体にあたってかなりそれっぽく撮れる。

 まあいちいち海水浴にそんなのを持って行く人もいないが、上手に使えばこんな写真も撮れるよという例として使ってみた。そうそう、レフ板は日差しが強いときには日よけとして(光を反射してくれるので、レフ板の下はすごく涼しい)、にわか雨が降ってきたら傘代わりにも使えるので便利。

photo こうして下から光を反射させてやるとこんな写真が撮れるのだ。モデルさんの左に写っているのが円形のレフ板。折りたたむと1/4のサイズになる
photo そしてレフ板を使って撮ったのがこれ。写りが全然違うのが分かるかと思う
photo レフ板だと結構自然な光の当たり方をするので、広角側で撮っても面白い写真になる。ちなみに目の中に白くて丸いものが写り込んでると思うけど、それがレフ板

 もちろん今回撮影に使ったのは普通のコンパクトデジカメ。胸から上くらいならあまり大きなレフ板じゃなくてもいいので、人物をよく撮る人は1枚用意してみても面白いかと思う。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.