レビュー
» 2006年08月18日 22時52分 UPDATE

CDやDVDをスマートに管理:銀色のタワーがやってきた――BLUEDOT“divita” (2/2)

[芹澤隆徳,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 前述の通り、文字入力は携帯電話に準じたもので、操作もとくに迷いそうな部分はない。たとえば、新しいDVDディスクを登録する場合は、「mode」ボタンを押して「Disc Info」に入り、「Disc Add」を選択するとタイトル入力画面に移る。英語版では、アルファベットの大文字、小文字、数字のほか、記号の入力にも対応しており、入力切り替えは「#」ボタンで行う。日本語版はJIS第一水準をサポートする予定だ。

photophoto 電源オフのときは時計を表示(左)タイトル登録画面(右)

 もちろん、方向キーと「Back」ボタンを使って“半角空き”や“戻る”といった操作も可能。少なくとも携帯電話の操作に慣れている人なら迷うことはないだろう。タイトル入力が終わったら、あとは画面の指示に従ってセーブするだけだ。気をつけたいのは、入力できるタイトルが最大15文字という点だろうか。

photo タイトル一覧画面(右)

 ディスクを取り出す際は、「Disc Search」のタイトルリストから選択する。タイトルリストは1画面につき4タイトルと一覧性があまり高くないため、100タイトルすべて登録した場合はリストが25ページにもなってしまう。しかもタイトルリストはあくまで“登録した順”で、アルファベット順などでソートできない点も物足りない。

 では、目的のタイトルが出てくるまでページをめくり続けなければならないかといえば、そうでもない。「Disc Seach」(検索)メニューで文字を入力すると該当するタイトルをリストアップしてくれるほか、よく見るタイトルなどは「Favorite Disc」(お気に入り)に登録しておくと、タイトル名の前に◇マークが付き、「Favorite Disc」メニューからすぐにアクセスできるようになる。お気に入りは10タイトルまで設定可能だ。

photophoto ディスク検索の文字入力画面(左)と検索結果(右)。文字検索では15文字まで入力できるものの、検索対象となるのは頭から3文字まで

 なお、Disc Infoに入っているときにDVDを挿入すると、自動的に「Add」か「Store」かを選択する画面に移る。ここで「Add」を選ぶと新規登録が行えるため、いくつものDVDタイトルを続けて登録したいときには便利だ。逆に「Store」を選ぶと、取り出したタイトルの一覧が現れるので、該当するタイトルを指定すれば正しい位置に戻すことができる。

photophoto ディスクを挿入すると「Add」「Store」の選択画面が出る(左)。取り出しているディスクの一覧(右)

 このほか、登録済みタイトルの変更や消去といった一通りのディスク操作にくわえ、パスワード設定や時計表示といった機能がある。パスワードを設定すると、起動時に正しいパスワード(4桁の数字)を入力しないと時計表示以外の機能がすべて動かなくなる仕組みだ。

 注意したいのは、パスワードを忘れてしまった場合にユーザー自身がリセットすることができない点。理由は、「企業などが導入することも考慮したため。簡単にリセットできてしまっては困る」(同社)ため。BLUEDOTのサポートに連絡し、センドバック修理になってしまう可能性が高い。

 なお、メニューの中に「Reset」という項目があるが、こちらはエレベータの動きがおかしいときなどにハードウェアをリセットするためのもの。誤解しやすいので気を付けたい。

 BLUEDOTの“divita”は、コンセプトが非常に明確なストレージシステムだ。サイズはともかくとして、デザインや機能はリビングルームやシアタールームが前提のため相性が良く、操作はパソコンを使わない人にも分かりやすい。欲をいえばメディアの管理機能をもう少し強化してほしいと思うが、機能がシンプルなところも使いやすさの一要素だ。これはこれで、まとまった製品だと思う。とにかく存在感はありすぎるほどあるため、ホームシアターやリビングルームにワンポイントを加える要素としても貴重な存在といえるかもしれない。

 やはり問題は、DVDを再生したり録画するのではなく、単に「収納する」ものに対して、どれだけの人が4万1700円(税込み)を投資できるか、という点だろう。しかし考えてみればAVラックなどにはさらに高価なものが多く存在するし、ケーブル1本に数万円をかける人も多いのがAVの世界。その点では、さほど高価な買い物とはいえないのかもしれない。

前のページへ 1|2       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう

アクセストップ10

2017年06月22日 更新
  1. 今もっともコスパの高い4K液晶テレビかもしれない――バズーカ搭載、地デジもきれいな“レグザ”「BZ710X」 (2017年06月22日)
  2. ピコ太郎さんナゾソングの正体はこれだった! 「レイトン教授」世界10カ国でリアルナゾ解き企画を開催 (2017年06月20日)
  3. ポケモンGOアプリがアップデート、レイドバトルの準備が進む 手持ちのポケモンがデカくなるバグも (2017年06月21日)
  4. 「toio」をきっかけにソニーも変わる? 体感型おもちゃが示す本当の価値 (2017年06月21日)
  5. 大人の女性にうれしいスマートウォッチ! 小さく軽くなったソニーの「ウェナリスト」――スワロフスキーをあしらったモデルも (2017年06月21日)
  6. ポケモンGOにレイドバトル実装、協力して強大なボスポケモンを倒せ! ジムにも新要素、「わざマシン」など新アイテムも続々 (2017年06月20日)
  7. ヘッドフォンみたいな扇風機「ヘッドホンなクーラー」、サンコーから (2017年06月20日)
  8. 人についてくる赤外線ヘリコプター「フォロミーヘリカル」 (2017年06月20日)
  9. AI技術がテレビの画質を上げる! 東芝レグザの「AI機械学習HDR復元」とは (2017年06月19日)
  10. 転んでも自分で起き上がるカメラ付きホームロボット「アボットライリー」 (2017年06月21日)