ニュース
» 2006年08月22日 18時30分 UPDATE

JASRAC、「ネットCM」の著作権利用料を設定

日本音楽著作権協会(JASRAC)は8月22日、ネット上でのCMに楽曲が利用される際の音楽著作権使用料を設定した

[ITmedia]

 日本音楽著作権協会(JASRAC)は8月22日、同協会の管理楽曲について、インターネット上のポータルサイトなどを媒体としてCMに利用される際の音楽著作権使用料を設定したと発表した。これによって、ネットCMでも一般楽曲が利用しやすくなる。

 料率については、視聴回数ごとに課金が発生する「媒体費単価による方法」と、視聴回数に関係ないく月単位で課金が発生する「媒体費総額による方式」を用意した。前者では視聴1回あたり広告料金の5%、後者はCMの月間広告料の7%を徴収金額とするが、いずれもに5000円の月額最低利用料金が設定されている。

 料率については権利者団体であるネットワーク音楽著作権連絡協議会との合意もなされており、協会では「(この合意によって)インターネット上でのCM配信が促進されると期待する」とコメントしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.