ニュース
» 2006年09月07日 17時43分 UPDATE

エプソン、PC入力を備えた“dreamio”「EMP-TWD3」

「電源、DVD、ドーン」の簡単設置のDVD一体型プロジェクター“dreamio”がバージョンアップ。要望の多かったPC入力端子を備え、PC内の映像や画像も楽しめるようになった。

[ITmedia]
photo EMP-TWD3

 セイコーエプソンは9月7日、DVDプレーヤー一体型プロジェクター「dreamio」(ドリーミオ)の新製品「EMP-TWD3」を9月21日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は15万5000円前後。同製品に80インチスクリーンをセットにした「EMP-TWD3SP」も同時に販売開始される。こちらも価格はオープンで、実売想定価格は16万円前後。

 同社が2005年9月に発表した“dreamio”「EMP-TWD1」の後継機種。プロジェクターにDVDプレーヤーとスピーカーが一体化されており、電源ケーブルをつなぐだけで設置が完了する。

 新製品はこのEMP-TWD1をベースにPC接続端子(D-Sub15ピン/コンポーネント)を追加。PCに収納されているムービーやデジカメ画像、PC向け映像配信などをスクリーンに投射して楽しめる。スライドショーソフト「デジカメde!!ムービーシアター2 LE for dreamio」も添付される。

 それ以外の仕様はEMP-TWD1と同様。0.55型ワイドポリシリコンTFT液晶パネル(854×480)を3枚搭載する3LCD方式で、輝度は1200ルーメン、コントラスト比は1000:1。高輝度化と色再現性を両立させた同社独自のランプシステム「E-TORL」やカラーバランスを光学的に調整する「エプソンシネマフィルタ」を搭載する。

 各種の視聴環境にあわせて色調/輝度を最適化された4種類のプリセットカラーモード(ダイナミック/リビング/シアター/シアター・ブラック)を用意。DVDプレーヤー部には、インターレース信号を介さずに直接プログレッシブ信号に変換する「デジタルダイレクトプログレッシブ回路」を備え、滑らかな映像を再現する。

photophoto

 2メートルの巨智で80インチに投写可能な短焦点レンズを搭載。レンズは1.5倍のズームも備えており、上下方向の設置自由度を高めているほか、上下最大2画面/左右最大1.5画面分のレンズシフト機能も備えてる。

 インタフェースはSビデオ/コンポジット/D-Sub15ピン、アナログ音声。ビデオ信号は1080i(1125p)、PC信号はSXGAまで対応する。サイズは340(幅)×310(奥行き)×180(高さ)ミリ、約7キロ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.