ニュース
» 2006年09月15日 16時52分 UPDATE

ホームシアター、フルHD対応のDLPプロジェクター「OptomaHD81」発売

ホームシアターは、Optomaのフルハイビジョン対応DLPプロジェクター「OptomaHD81」を10月19日に発売する。価格は99万7500円。

[ITmedia]

 オーエスグループのホームシアターは9月15日、Optomaのフルハイビジョン対応DLPプロジェクター「OptomaHD81」を発売すると発表した。価格は99万7500円。10月19日に発売する予定だ。

photo 本体カラーはパールホワイト。曲面を多用した流麗なボディを持つ

1920×1080ピクセルのDMD DC3パネルを採用したDLPプロジェクター。投射部(プロジェクションヘッド)とデジタルビデオプロセッサーが分かれたセパレート型となっており、投射部は最大1万2000:1のコントラスト比を誇る。輝度は最高1300ルーメン(ブライトモード時)。光学レンズは1.2倍の手動ズームだ。

 また独自のイメージAIや16ステップの調整が行えるアイリス(絞り)機構を備え「深い奥行きのある画像が楽しめる」(同社)という。投射距離は、16:9の100インチで4.1〜4.9メートル。180インチの場合で7.4〜8.8メートル。動作時の騒音値は、ノーマルモード時で28dBとなっている。

photo ビデオプロセッサー部の背面端子。AVレシーバーと接続するためのHDMI入出力も装備

 一方のビデオプロセッサー部には、HDMI×3のほか、YPbPr×2、5BNC×2、Sビデオ×2、コンポジット×2などを備えた。JEPICOの画像処理チップを採用し、5段階のシーン設定などが可能。ユーザー階調設定でも9段階の設定が行える。

 外形寸法と重量は、プロジェクション部が411(幅)×116(高さ)×311(奥行き)ミリで3.1キロ、ビデオプロセッサー部が433(幅)×50(高さ)×285(奥行き)ミリ、4.2キロ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.