レビュー
» 2006年09月25日 16時52分 UPDATE

レビュー特集:晩夏のビデオカメラ製品、勢ぞろいIXY DVの映像品質をHDVに昇華――キヤノン“iVIS”「HV10」 (1/3)

キヤノン初のHDVカメラ「HV10」。ソニー製品以外の有力な選択肢として、キヤノン製が登場したことで、家庭用HDVカメラ市場はようやく本格的にスタートしたといえる。

[浅井研二,ITmedia]

 DVテープにHD映像の記録が可能なHDV規格は、キヤノン、シャープ、ソニー、日本ビクターの4社により策定されたものだ。これまで家庭用ビデオカメラとしては、日本ビクターがHDV 720p方式の「GR-HD1」を、ソニーはHDV 1080i方式の「HDR-HC1」「HDR-HC3」などをリリースしてきた。

 普及価格帯の製品の中では、当時最高ともいえる高画質性能を提供してくれた「DCR-HC1」の新規開発や、その後継機種「DCR-HC3」での小型軽量化。そうしたHDVカメラ市場に対するソニーの奮闘には、頭を下げるほかない。しかし一方で、ほかに選択肢がない点に不満を感じていたのも事実だ。

 そして、ようやくキヤノン初のHDVカメラ「HV10」が発表された。同社では今回の参入に際して、従来の“IXY DV”ではなく、新たに“iVIS(アイビス)”というブランドも立ち上げている。iVISとは“EYE+VISION”であり、「見たままに撮り、感じたままに記録」することを意味しているという。これは単なる名目にとどまらず、実際に「HV10」は多くの面で、満足度の高い製品に仕上がっている。

photo HDV 1080i方式に対応したキヤノンのビデオカメラ「HV10」。本体のサイズやスタイルは「IXY DV M5」と同じ系統を汲んでいるが、“IXY DV”(あるいは“IXY HDV”)ではなく、新たに“iVIS”というブランドが与えられた

 テレビを見ていてもCMが頻繁に流れており、キヤノンの意気込みが伝わってくる(「IXY DV」のときも、シャラポワの登場するCMを頻繁に見たような記憶はあるが)。このCMでひたすら強調しているのが、「1920(CMOS ハイビジョン)」というキーワードだ。つまり、この製品では撮像素子に新開発の「キヤノン HD CMOS」を採用しており、1920×1080画素での読み出しが可能だ。

 ただ、CMOSセンサー自体が“フルHDでの読み出しが可能”とはいえ、当然ながら、テープへのHDV 1080i記録時には1440×1080へと落とし込むことになる。しかし、実際に撮影したビデオを再生してみると、1440×1080を十分に生かしきったような解像度の高さと、色階調の豊かさが相まって、見事な映像を実現している。特に木々の緑の細かさや海面の濃淡などにおける“深み”は上々だ。

 キヤノンのDV/DVDカメラといえば、従来から、RGB原色フィルターによる鮮やかな色合いと、“写真と呼べるレベル”の静止画品質が特徴なのだが、「HV10」ではそれをそのままHDへと昇華させたともいえる映像を見せてくれる。

IXY DV M5と同サイズの小型ボディに光学式手ブレ補正

 この「HV10」のカメラ本体は、DVカメラのスタンダードモデル「IXY DV M5」とほぼ同じスタイルを継承している。横から見ると、高さ104×奥行き106ミリというほぼ正方形に近いシルエットで、幅は約56ミリと片手で掴むのに無理のないサイズに収まっている。また質量は、バッテリーやテープ込みの撮影時でも500グラム程度だ(本体のみで440グラム)。

photo モード切り替え兼用の電源スイッチを中心に、右にはMENUボタン、SETダイアル(押し込みで決定)、下に撮影モード切り替えスイッチ、FUNC.ボタン、(マニュアル)フォーカスボタン、露出/エンドサーチボタンが並ぶ
photo 右側面のレンズに近い位置には、ズームレバー、フォトボタン、そして、テープ/カード切り替えスイッチを配置している。テープ/カード切り替えスイッチは少し操作しづらい
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.