ニュース
» 2006年09月25日 19時25分 UPDATE

動画も写真も手ブレ補正、“ザクティ”「DMX-CG6」登場

三洋電機は、動画デジカメ「Xacti」(ザクティ)シリーズの新製品「DMX-CG6」を11月下旬に発売する。新たに静止画撮影時の手ブレを補正する「手ぶれキャンセラー」を搭載。動画と静止画の両方で手ブレを抑えることが可能になった。

[ITmedia]

 三洋電機は9月25日、動画デジカメ「Xacti」(ザクティ)シリーズの新製品「DMX-CG6」を発表した。新たに静止画撮影時の手ブレを補正する「手ぶれキャンセラー」を搭載。動画と静止画の両方で手ブレを抑えるという。発売は11月下旬の予定で、価格はオープンプライス。店頭では5万円前後になる見込みだ。

photo 「DMX-CG6」は、シルバー、ピンク、ネイビーの3色。光学5倍のズームレンズと2.5型のアモルファスシリコン液晶ディスプレイ(約11万画素)を搭載。

 ISO標準のMPEG-4(.MP4)動画とJEPG静止画の両方を撮影できる“動画デジカメ”の新モデル。約637万画素の1/2.5型原色CCDを搭載し、スタンダード画質の動画(最大640×480ピクセル、30fps)と600万画素クラスの静止画を撮影できる。レンズは光学5倍ズーム(35ミリフィルム換算で38〜190mm)。2.5型のアモルファスシリコン液晶パネルを備えた。

 新開発の手ブレ補正技術「手ぶれキャンセラー」は、静止画撮影時に手ブレの方向やブレの量を内蔵ジャイロセンサーが検出し、その情報を画像データにプラス。出力時にデジタル処理をかけて「ブレ成分を打ち消す」(同社)というものだ。また、ISO1600相当の高感度撮影にも対応している。

 動画撮影時の手ブレ補正技術は従来機と同じ。握って撮影するスタイル特有の手ブレ周波数に適応するアルゴリズムを採用。“手ブレ”と“カメラワークによる揺れ”の違いを判断して補正をかけるという。

 またムービー撮影では従来の「9画素混合技術」を強化。最低被写体照度約2ルクス(従来は7ルクス)を実現した。シーンセレクトショット機能から「ランプモード」を選択すると、暗いシーンでもノイズを抑えつつ、自動的に高感度撮影が行える。ただし、その際のフレームレートは自動的に15fpsに設定される。

 記録メディアはSDカード。大容量規格のSDHC(SD High-Capacity)カードもサポートしており、4Gバイトのカードなら「TV-HQ」モード(ビットレート2Mbps)で最長4時間の連続撮影が可能だ。

 バッテリーは720mAhのリチウムイオンバッテリー。静止画撮影時なら約145枚、動画では約70分間の連続撮影が行える。パソコンのUSB端子に接続して充電する「USBバッテリー充電機能」も備える。

 外形寸法は、67.7(幅)×100.3(高さ)×34.5(奥行き)ミリ。撮影時の重量は約168グラム(電池、SDカード込み)。製品パッケージには、MPEG-4ムービーと写真からオリジナルDVDが作成できる「Ulead DVD MovieWriter 5.0 SE」や写真/動画管理ソフト「Ulead Photo Explorer 8.5 SE Basic」などをバンドルしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.