ニュース
» 2006年09月27日 11時14分 UPDATE

デジタルカメラ販売ランキング(9月11日〜17日)デジ一眼のススメ

「スリムカード型+ブレ補正」でスペックが均一化してきたコンパクトタイプに対し、冬商戦期はバラエティ豊かなデジ一眼に注目だ

[渡邊宏,ITmedia]
順位 前期順位 メーカ名 型番 発売年月日 標準価格
1 1 カシオ計算機 EX-Z600 2006/1/27 オープン
2 2 カシオ計算機 EX-Z1000 2006/5/1 オープン
3 3 キヤノン IXY DIGITAL 800 IS 2006/4/14 オープン
4 4 松下電器産業 DMC-FX07 2006/8/25 オープン
5 5 ソニー DSC-T10 2006/8/25 オープン
6 6 キヤノン IXY DIGITAL 70 2006/3/16 オープン
7 8 富士写真フイルム FINEPIX Z3 2006/6/1 オープン
8 7 松下電器産業 DMC-FX01 2006/3/10 オープン
9 11 オリンパス μ750 2006/8/31 オープン
10 9 ニコン COOLPIX S5 2006/2/24 オープン

この記事では、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国3500店舗の量販店(家電量販店、カメラ販売店、PC専門店)のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています

 1位〜6位は先週とまったく変わらず。オリンパスの「μ750」が9位にランクインした以外は先週から大きな変化は見られない。夏以降に発売されたモデルでは、前述のμ750のほかパナソニックのDMC-FX07がランクインしてるのみと、やや新製品群に勢いが感じられない。

 ところで、年末商戦はデジタル一眼レフ市場がかつてないほどの活況を示しそうだ。これまではキヤノンとニコンが2強だったが、今年下半期に入りソニーが「α100」、パナソニックが「DMC-L1」などをひっさげて参入。ユーザーからすれば一気に選択の幅が増えた。キヤノンとニコンも「EOS Kiss Digital X」「D80」を投入してライバルに対抗している。

photo 9月8日に販売開始されたキヤノンの「EOS Kiss Digital X」

 また、ドイツで行われているPhotokina 2006にあわせて富士フイルムが「FinePix S5 Pro」 、シグマが「SD14」など個性的なモデルを発表してきた。これらは年内発売は難しいと考えられるが、「スリムカード型+ブレ補正」でスペックが均一化してきたコンパクトタイプに比べて、これらのデジタル一眼レフカメラは各社それぞれ独自の製品が展開されていて非常に興味深い。

 製品の特性上、デジタル一眼レフカメラがランキングに登場することはまずないのだが、コンパクトデジカメで写真を撮る楽しさを感じた人は一度手にしてみてはどうだろうか。これまでとは違った楽しさに気が付くかも知れない。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう