レビュー
» 2006年10月17日 16時01分 UPDATE

あ、うちももうBlu-rayですけど?:ブルーレイDIGA“へ”ムーブしてみた (1/2)

“ブルーレイDIGA”「DMR-BW200」は、発表済みの次世代DVDレコーダーの中で唯一、i.LinkのTS入力をサポートする。HDDレコーダーなどにハイビジョン番組を溜め込んでいる人にとっては気になる存在だ。ムーブとBD-REへの書き出しを中心に試用した。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 東芝のHD DVDレコーダー「RD-A1」に続き、松下とソニーがBDビデオ再生に対応する新世代のBlu-ray Discレコーダーを発表した。“次世代DVD”を待ち続けた人達にとって、この年末は悩ましくも楽しい時期になることだろう。

 ただ、HD DVDやBlu-rayが出たらアーカイブしようとレコーダーのHDDにハイビジョン番組を溜め込んできた人は、各社の新製品を見て「アテが外れた」かもしれない。i.LinkのTS入力に対応していない機種が多いからだ。たとえば、東芝「RD-A1」は、i.Link端子(TS)こそ備えているものの、出力のみ対応。ソニー「BDZ-V7/V9」はDV/HDVだけでTSには対応せず。またDIGAの下位モデル「DMR-BR100」はi.Link端子そのものを装備していない。発表済みの次世代DVDレコーダーの中では、今回取り上げる“ブルーレイDIGA”の上位モデル「DMR-BW200」が唯一のTS入力対応機ということになる。

photophoto 「DMR-BW200」

 今のところ、DMR-BW200がサポートするi.Link機器は「DMR-XW50」とD-VHSデッキ。そのほかは今一歩ハッキリとしないが、とくに“溜め込みユーザー”比率が高いと思われるアイ・オー・データ機器「Rec-POT」への対応は気になるところ。周知の通り、Rec-POTも中身は松下印のため、対応できなかったら暴れ出すユーザーが出てきても不思議ではない(当編集部にも約1名いる)。

 結論から言うと、パナソニックは製品版のリリースまでに対応する方針だ。アイ・オー・データ機器によると、「DMR-BW200の量産機ではRec-POTと接続(ディスクモード)し、相互のムーブが可能になる見込み」という。ただし、評価用貸出機のファームウェアに当該機能がまだ実装されていないため、現時点では評価できない状況のようだ。

編集部注:記事掲載後、アイ・オー・データ機器様より追記の依頼がありましたので、お知らせします。「現時点でRec-POT RシリーズとDMR-BW200の動作検証は行っておりません。動作検証が終わり次第、検証結果を弊社Webページにて公開させて頂きます」(アイ・オー・データ機器)

photophoto リモコンと背面端子群。背面はファンが引っ込んでスッキリした

 そこで今回は、Rec-POTの接続は見送り、一足先に動作が確認できたパナソニック製のHDD内蔵デジタルCATVセットトップボックス(STB)「TZ-DCH2000」と組み合わせ、DMR-BW200へのムーブ、およびBD-REへの書き出しを試してみよう。

背面にも欲しいi.Link端子

 TZ-DCH2000は、大手MSOのJ:COMをはじめ、各地のCATV局が採用しているダブルチューナー搭載のSTB。内蔵HDDは250Gバイトしかないため、既に一杯になっている人も多いと予想される。もちろん筆者もその一人だ。

 TZ-DCH2000は、背面にi.Link端子を備えているのだが、出荷開始当初はファームウェアの遅れで使用することができなかった。9月末に松下電器からアップデータが提供され、ようやく各CATV局が個別に対応を始めたという状況だ。筆者が利用しているイッツ・コミュニケーションズも10月12日から放送波によるアップデートを開始した。

 早速、接続してみたが、DMR-BW200はi.Link端子が前面にしかないため、前面パネルを開けたままの状態になってしまう。DV接続の需要が多いと判断したのだろうが、ハイエンドモデルならそれらしく、背面にもおごって欲しかったところだ。

photophoto i.Link端子は前面にある。右は「DMR-BW200」と「TZ-DCH2000」を接続したところ。BW200は、i.Link端子が前面にしかないため、常用する場合は前面パネルを開けた状態になる

 DMR-BW200の設定を開くと、i.Link接続機器として「DV」「TSモード1」「TSモード2」の3種類が用意されていた。TSモード1はD-VHSやDVDレコーダー、TSモード2がセットトップボックスを接続するモードだ。説明の通り、まずはTSモード2を選択して準備完了。このとき、同時に「設置」メニューの「クイックスタート」設定をオンにしておく必要がある。TZ-DCH2000側の設定を確認してみると、DMR-BW200を「D-VHS」として認識していた。

photophoto 左が「DMR-BW200」の設定。右はTZ-DCH2000側の接続設定
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.