ニュース
» 2006年11月01日 22時26分 UPDATE

DVDに焼けるダウンロードサービスもレンタルから“セル&レンタル”へ――「CinemaNow」の新戦略 (1/2)

シネマナウ ジャパンが「CinemaNow」のサービスを拡充する。携帯デバイス向けにグラビアアイドル作品のダウンロード販売を開始したほか、2007年春を目途に映像をDVDメディアに保存できる“Burn to DVD”サービスを開始する。

[芹澤隆徳,ITmedia]
photo シネマナウ ジャパンの間宮義文社長

 シネマナウ ジャパンは11月1日、映画配信サイト「CinemaNow」のサービス拡充を発表した。従来のレンタルモデルにくわえ、視聴制限の少ないセルモデルを追加。同日から携帯デバイス向けにグラビアアイドル作品のダウンロード販売を開始した。また2007年春を目途に、ダウンロードした映像をDVDメディアに保存できる“Burn to DVD”サービスを提供する予定だ。

 ダウンロード販売はポータブルデバイス向けのサービスから開始し、その後、PC向けに高ビットレートの映像配信に拡充する。当初は700Kbps程度のWMV(解像度は320×240ピクセル)を用い、30〜60分程度の作品を配信。ユーザーは、パソコンでダウンロードした作品をポータブルデバイスに同期して視聴する。もちろんPC上/ポータブルデバイスともに再生回数や再生期間に制限はないが、同期できる回数は3回まで。同社の間宮義文社長は、「他社のサービスでは同期が1回に限られるため、差別化のポイントになる」と話している。

 動作確認済みの携帯プレーヤーは、ウィルコム「W-ZERO3」(WS004SH/WS003SH、es)、東芝「gigabeat」(V30T/S30/S60V)、クリエイティブメディア「ZEN VISION」(ZEN VISION、ZEN VISION:M/W)。グラビアアイドル作品はフォーサイドドットコムなどが提供しており、第1弾として「安田美沙子」「ほしのあき」「安めぐみ」「眞鍋かをり」「熊田曜子」ほか、開始当初に約240タイトルを揃えた。「今月中には370タイトルに拡充する方針だ」(同氏)。価格は1タイトル525円(税込み)だが、2007年1月まではキャンペーン価格の420円で提供される。決済方法はクレジットカードのみ。

photophotophoto 安田美沙子「Which?」 眞鍋かをり「amuse」 小倉優子「陽〜ひなた〜」(C)For-side.com
photo ウィルコム「W-ZERO3」と東芝「gigabeat」による再生デモ。キャッチフレーズは「持ち歩くアイドル」

 あわせて同社サイトのリニューアルを行い、初めての人でも目的の作品を容易に検索できるようにユーザーナビゲーションを強化した。また、映画を視聴したユーザーが感想などを書き込めるコメント欄、および映画DVDカタログ情報などを追加している「カタログ情報は約11万件。CinemaNowでは配信できないものも含まれているが、たとえばDVD販売サイトへ誘導するなどユーザビリティ重視の作りになっている」。

 従来のダウンロードレンタル作品では、新たにソニー・ピクチャーズ作品を追加し、ワーナー・ブラザーズ作品と合わせて年間400タイトル以上を提供する予定だ。11月配信予定の新作タイトルには「チャーリーズ・エンジェル」「メン・イン・ブラック2」「エミリー・ローズ」などソニー・ピクチャーズのメジャータイトルが多く含まれている。このほか、無料で視聴できるショートフィルム作品も用意する。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.