ITmedia NEWS >
ニュース
» 2006年11月09日 18時07分 公開

東芝、録画機能を強化したワンセグgigabeat

東芝はワンセグチューナーを搭載したHDD搭載ポータブルプレーヤー「gigabeat V30E」「V60E」を発売する。ワンセグ関連機能が大幅に強化され、なかでも番組予約については大幅に進歩した。

[ITmedia]

東芝 デジタルメディアネットワーク社は11月9日、ポータブルオーディオプレーヤー「gigabeat」の新製品として、HDD搭載の「gigabeat V30E」「gigabeat V60E」を11月22日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、直販サイト「Shop1048」での販売価格はgigabeat V30Eが4万9800円、gigabeat V60Eが5万9800円。

photophoto gigabeat V30E(マットブラック)、音量ボタンの上に設けられた「ワンセグ」ボタン

 ワンセグチューナーを内蔵し、ワンセグ放送の受信と録画に対応した「gigabeat V」シリーズの新製品。音楽や動画の再生中であっても、ワンボタンでワンセグ受信モードへ切り替える「ワンセグボタン」を新搭載するなどして、ワンセグ放送の視聴機能を充実させた。視聴中に画面拡大や明るさの変更も行える。

 録画機能も改良された。1週間先までの最大16件の予約録画が可能となっているほか、EPGからの予約にも対応。前モデルで問題視された、「番組録画をセットすると、その他の機能が利用できなくなる」点も改良され、予約後も各種コンテンツの再生や、番組の視聴や可能となった。

photophoto gigabeat V30E(ピュアホワイト/クリムゾンレッド)

 HDD容量はgigabeat V30Eが30Gバイト、gigabeat V60Eが60Gバイト。gigabeat V60Eならばワンセグ放送が約290時間録画できる。液晶ディスプレイは3.5インチ(解像度 320×320ピクセル)で、標準バッテリーでワンセグ視聴時では約7時間、動画再生時は約9時間、音楽再生時には約25時間の連続利用が行える。

 再生/視聴可能なファイルフォーマットはWMA/WMA 9 Lossless/MP3/WAV/JPEG/WMV。Windows DRM10に対応しており、Napsterの提供する定額制サービスにも対応する。サイズは124(幅)×75(高さ)×19(奥行き)ミリ(V60Eは奥行き22.5ミリ)、本体重量約230グラム(V60Eは約245グラム)。

 gigabeat V30Eはマットブラック/ピュアホワイト/クリムゾンレッド、gigabeat V60Eはマットブラック/ピュアホワイトのカラーバリエーションが用意される。別売オプションとしては、家庭用のF型ケーブルを接続可能にする「外部アンテナ接続ケーブル(MEVAJC10)」、音声をFMラジオへ送信する「FMトランスミッター内蔵アダプター(MEVFTA10)」が11月下旬より順次販売される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.